« ふじみ野市 産業文化センター (続編) | トップページ | ふじみ野の地価・賃料形成の謎 »

2009年4月30日 (木)

ふじみ野駅東口の駅ビル計画 (東武グループ)

 ふじみ野駅の駅ビルですが、従来は西口の「アイムプラザ」しか存在せず、しかも床面積が足りないので、既存駅ビルの拡張、もしくは東口駅ビルの新設が期待されている側面があると思います。今更ではあるのですが、東口駅ビルに関する情報を、少しまとめておきたいと思います。

 東武鉄道公式発表
http://www.tobu.co.jp/file/1831/090122.pdf
 大規模小売店舗立地法関連情報
http://www.pref.saitama.lg.jp/A07/BE00/daiten/kenpo/hujiminohigasiguchiekibiru/210106.htm

 東武鉄道公式発表を一部引用しますと、こんな感じの計画です。

 1階 カフェ、駐車場、駐輪場等
 2階 エンタテイメントコンテンツ・ショップ、書店等
 3階 高品質・高品位スーパーマーケット
     ※この階で、ふじみ野駅コンコースと直結
 4階 飲食、ヘアサロン、リラクゼーション等

 個人的には、「エンタテイメントコンテンツ・ショップ」が気になったりします。ふじみ野地域では、レンタルビデオ店の「TSUTAYA」待望論が巷に出るようになって久しく、これを待ち望んでいる方が多いと思います。現在までまだ実現していない上に、東口の「ビデオあかでみー」が閉店したという情報が有るのですが、今度こそ実現するでしょうか。昨今ではCATV事業者や電気通信事業者が提供している「VOD」「宅配ビデオ」等との競合もありますから気がかりです。VODについては、「J:COM東上」が7月1日からサービスインするという情報があります(J:COMオンデマンド)。

 また、下記のブログ記事において、既存の「みずほ銀行」や「東武ブックス」が移転して来るらしいという話も見聞をしました。特にみずほ銀行は、ATMの混雑で困っている方も多いと思いますので、これは朗報なのではないでしょうか。

 他のブログの参考記事
http://omegatribe1964.blog69.fc2.com/blog-entry-682.html

 スーパーは、既存の「フエンテ」とは異なるコンセプトの新店が入居するのではないかと私は予想をしております。スーパでの買い物というのは基本は毎日の話ですので、どんなお店になるかは気になると思います。駐車場なのですが、理由は良くわからないのですが、主要な駐車場は「西口」の側に設置するような計画になっているようです。これは、以前に住民向け説明会に参加された方より見聞しております。駅ビル本体とは反対側の場所です。東口は、どうやら既存の第三者のコインパーキングと提携して対応するようで、駅ビル本体での駐車台数は少ないようです。どうやら、電車利用者を主なターゲットとした駅ビルなのだと思います。(路上駐車がズラリといった結果にならないように願っております。)

 既存のアイムプラザからみずほ銀行や東武ブックスの抜けた跡に、新テナントが入居する事も期待できると思います。ただ、銀行支店用のテナントスペースというのは「金庫」などがあったりして他の用途では使い辛いようなので、どうなるか気がかりですが。それをそのまま使うようなテナントであれば有利だと思います。

 昨今の経済情勢や煩雑な建築確認申請などの関係で、建設工事がやや停滞する可能性が有ると思うのですが、2009年度下期と言われている開業に向けて順調に進むように願っています。とりわけ東口にお住まいの方にとりましては、これの駅ビルが「希望の星」であるのは、まず間違い無いであろうと思います。

|

« ふじみ野市 産業文化センター (続編) | トップページ | ふじみ野の地価・賃料形成の謎 »

ふじみ野」カテゴリの記事

お店紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538313/44840758

この記事へのトラックバック一覧です: ふじみ野駅東口の駅ビル計画 (東武グループ):

« ふじみ野市 産業文化センター (続編) | トップページ | ふじみ野の地価・賃料形成の謎 »