« Rubicon America Trust (その2) | トップページ | 新型インフルエンザ対策 »

2009年5月16日 (土)

空室率 (オフィス物件)

 こんな資料を発見しております。

 http://www.e-sumaisagashi.com/new_page_165.htm

 全般的に空室率がアップしており、やはり景気が悪いのかな?と思うのです。色々な企業が支店を引き払って事業所を統合したり、オフィスを借りる面積を減らしたりしているようなので、やむを得ない傾向なのなか?と思いました。

 特に新築物件の苦戦が目立ち、償却が進んでいる古い物件ですと家賃を値引きして競争力を強化する事も可能でしょうが、新築ではそうは行かない事情が有るのだと思います。

 店舗などが入居する商業用物件ではどうなのかまだはっきりとしないのですが、おそらくですが似たような傾向が有ると思います。各地で「シャッター化」が進んできていると思うのですが。事業所が統合などで廃止されて行くと、そこをアテにしていた商店も困るだろうと思います。

|

« Rubicon America Trust (その2) | トップページ | 新型インフルエンザ対策 »

不動産」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538313/45025643

この記事へのトラックバック一覧です: 空室率 (オフィス物件):

« Rubicon America Trust (その2) | トップページ | 新型インフルエンザ対策 »