« 国土交通省告示第三百七号 (圏央道関係) | トップページ | オーストラリアのLPTに関連した論文 »

2009年5月23日 (土)

新型インフルエンザ対策 (その5)

 首都圏でも感染者が確認されるようになり、国の対応方針もコロコロ変化するという訳で、当惑している方が多いのではないかと思います。

 国では「第2段階」(国内発生早期)を宣言している訳ですが、企業のBCP(ビジネス継続計画)では、第2段階ではかなり厳しい計画を設定している場合もあったりして、素直に第2段階を宣言する事をためらっている企業も有るのではないでしょうか。この件に関しましては、国、地方、民間企業、一般個人などの対応方針がバラバラのようで、「お上の方針」が時には有効に機能しない事例にもなっていると思います。

 神戸の場合ですが、繁華街から人影が消えて、シャレにならない状態だと見聞していますし、厳しすぎる対応ですと、天災の筈が次第に人災に変わってしまうような気がします。

|

« 国土交通省告示第三百七号 (圏央道関係) | トップページ | オーストラリアのLPTに関連した論文 »

ふじみ野」カテゴリの記事

神戸」カテゴリの記事

リスク管理・防災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538313/45097565

この記事へのトラックバック一覧です: 新型インフルエンザ対策 (その5):

« 国土交通省告示第三百七号 (圏央道関係) | トップページ | オーストラリアのLPTに関連した論文 »