« 富士見川越有料道路 | トップページ | 東京外環自動車道の建設 (大泉~世田谷) »

2009年5月 8日 (金)

「高速道路1,000円」で素通りされてしまう地域は?

 大型連休もそろそろ終わりが近づきまして、例の「高速道路1,000円」の効果がだんだん明らかになってきていると思います。

 高速道路の交通量が2倍程度になった路線があるようで、渋滞も多発傾向、鉄道の利用は減少傾向という結果が出ていると思います。高速道路の沿線では、どのインターでも利用が増えたか?というとそうでも無いようで、たとえば福島県ではインターの利用が振るわず、「素通り」されてしまったのではないか?という話が出ているようです。

 ふじみ野地域を「商業地域」の一種であるととらえた場合、この傾向はどう解釈すれば良いでしょうか。ガソリン代がかかるものの、遠距離になってもあまり交通費用が変わらないという傾向は、東京都心から近距離に有る地域にとりましては「素通り」されてしまう危険性が有る訳で、新たなリスク発生になっていないでしょうか?

 クルマの利用が促進される施策というのは、「エコ」という点ではあまり良くないと思うのですが、多少は世間の動きを追わないと地域が成り立たないのでは?という気もします。鉄道は、どんな対抗策を出すのかな?とも思うのですが。依然としまして多人数で同時に乗車してもクルマのように頭割りでは費用が安くならないという問題がありますし、この鉄道の運賃・料金体系というのは構造的問題になりつつあると私は思うのです。

|

« 富士見川越有料道路 | トップページ | 東京外環自動車道の建設 (大泉~世田谷) »

ふじみ野」カテゴリの記事

道路・クルマ」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538313/44938176

この記事へのトラックバック一覧です: 「高速道路1,000円」で素通りされてしまう地域は?:

« 富士見川越有料道路 | トップページ | 東京外環自動車道の建設 (大泉~世田谷) »