« ふじみ野の地価・賃料形成の謎 (その3) | トップページ | 苗間神明神社のけやき(ご神木) »

2009年5月 2日 (土)

ふじみ野の地価・賃料形成の謎 (その4)

 最近では不動産情報はインターネット上でかなり出回っており、HOME'Sのポータルサイトで東武東上線の居住用物件の賃料を比較してみました。下記のような検索結果になります。(週3回更新の情報だそうです。)

 http://yachin.homes.co.jp/station/ad11=11/rosen=848/
 http://www.homes.co.jp/

 前後の駅と比較をしますと、やはりふじみ野だけ高額になっているのが目立つと思います。物件数そのものも、他の駅と比較をしますと少ないようですね。同じような賃料を払うのであれば「川越」に住めるという事になり、川越はNHKの朝ドラで注目を集めるでしょうから、強敵になって行くという事を意識しないといけないのではないでしょうか? 川越市駅ですと、始発電車が多数あって座って通勤できるという利点も有りますし。

 おそらくですが、商業用物件でも似たような傾向になると思われます。

 個人的には、お店があまり無くて全般的に生活が不便なのに、こんな賃料水準で良いのだろうか?とも思います。余程、下げられない事情が有るのでしょうね。

|

« ふじみ野の地価・賃料形成の謎 (その3) | トップページ | 苗間神明神社のけやき(ご神木) »

ふじみ野」カテゴリの記事

不動産」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538313/44866663

この記事へのトラックバック一覧です: ふじみ野の地価・賃料形成の謎 (その4):

« ふじみ野の地価・賃料形成の謎 (その3) | トップページ | 苗間神明神社のけやき(ご神木) »