« ふじみ野駅東口の駅ビル計画 (東武グループ) (その3) | トップページ | 絆(きずな)写真館 (その3) »

2009年6月13日 (土)

サービサー

 Rubicon Japan Trust のような状態になった時のサービサーの役割というのが今ひとつわからず、資料を探していたのですが、こんなのが出てきました。かなりわかりやすく書いてあるとは思うのですが、金融の素人にはやっぱり難しいです。

 http://www.orix.co.jp/servicer/servise2/index.htm
 http://www.orix.co.jp/servicer/

 図解を見た限りでは、投資対象となっている商業施設にどんどん空床が増えて賃料収入が少なくなりますと債権回収がちっとも進まず、困るだろうなぁと思います。以前に見たプレスリリースでは、Rubicon Japan Trust のケースは、もうスペシャル・サービシング業務に入ると書いてあったと思います。どのような形でまとまるにせよ、地域がさらに発展する事を私は強く願っています。

 単なる見た目の印象ではあるのですが、当地では大和リースとかオリックス系の所など、関西系の業者が次第に存在感を増しているような気もします(本当に気のせいかも知れないのですが。)。神戸出身の私にとりましては、特段の違和感は無いのですが。

|

« ふじみ野駅東口の駅ビル計画 (東武グループ) (その3) | トップページ | 絆(きずな)写真館 (その3) »

ふじみ野」カテゴリの記事

リスク管理・防災」カテゴリの記事

不動産」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538313/45322693

この記事へのトラックバック一覧です: サービサー:

« ふじみ野駅東口の駅ビル計画 (東武グループ) (その3) | トップページ | 絆(きずな)写真館 (その3) »