« 越谷レイクタウンの大型温浴施設 (その2) | トップページ | 「アウトレット・プラス」のサイト紹介 »

2009年6月26日 (金)

ムクドリ (その2)

 ふじみ野駅前のムクドリの件なのですが、既に昨年の富士見市の「市長への手紙」のコーナーに投書が出ていたのに気がつきました。

http://www.city.fujimi.saitama.jp/mayorop/mayor20.html#e-103

 関係する道路が現在でも地元の土地区画整理組合の管理下に有るのにあらためて気がついたのですが、なかなか調整が厄介なようですね。

 個人的な経験ですと、ケヤキを剪定するのは「歩行者が通る場所」を作るのが主な目的となっており(現在のままですと、フン害にやられる心配がありますので)、ムクドリがいなくなる物ではないと思います。爆竹とかを鳴らしますと一時的にいなくなるのですが、すぐに戻って来てしまいますし、第一に爆竹の音で人間の方がまいってしまうので、なかなか難しいと思います。その他のムクドリが嫌がるような音を流す場合でも、同様だと思われます。

 あと「路面清掃」という課題も有ると思うのですが、これも誰が実施するのか決めないといけないと思います。高圧の水をかけてブラシでしっかりとこすらないと落ちませんので、なかなか厄介だと思います。ムクドリがいなくならない限りは定期的な路面清掃が必要になりますので、継続的な予算措置も必要な訳です。ボランティアの清掃活動で済む範囲を、いささか超えてしまっていると思います。

 地元では「商店会」が未結成のようなので(駅前では市外企業の商店オーナーが多いのが原因だと思われるのですが)、そうなりますと商店が対策に腰を上げるのは難しいと思われ、住民が行政や土地区画整理組合、市議会議員など対してにお願いするしか無いのでしょうか。誰が当地の「まちづくり」を盛り上げるのか?という課題とも絡んでいて、難しいと思っております。

|

« 越谷レイクタウンの大型温浴施設 (その2) | トップページ | 「アウトレット・プラス」のサイト紹介 »

ふじみ野」カテゴリの記事

リスク管理・防災」カテゴリの記事

環境」カテゴリの記事

コメント

以前は志木駅北口ロータリー付近の楠でしょうか?
深夜12時過ぎでしたが、椋鳥の鳴き声の凄さには酔いが覚めました。集団で移動するのでしょうか、習性は解りませんが、困ったものです。

投稿: むさしの | 2009年7月 2日 (木) 20時57分

 むさしの様、こんにちは。

 私の過去経験では、ムクドリのねぐらになるのは、概ね下記のような条件のようです。

(1)ケヤキの街路樹などが有る。
(2)人がある程度集まる場所である。
(3)カラスなどの天敵が少ない。
(4)ムクドリの飛行範囲内に、田畑などの餌場が有る。
(5)他にムクドリのねぐらになる雑木林等が無い。

 東京23区内ですと、(3)と(4)の条件を満足しないようで、例えば表参道のケヤキ並木にはムクドリは来ないようです。

投稿: 竹内@ふじみ野.東上 | 2009年7月 3日 (金) 00時13分

6月17日から7月10日までふじみ野駅ロータリーで街路樹の剪定工事をやっていますが、職人さんやガードマンを使ってやっていますがあの工事に幾ら掛かっているのでしょうね一市民としては予算が心配ですよ。

投稿: ひろりん | 2010年6月23日 (水) 00時50分

 こんにちは。

 現地なのですが、現在も土地区画整理組合の管理下に有ると思うのですが、細かい点はわからないです。土地区画整理組合の管理下であれば、関係する方(地権者など)であれば、組合に質問をすると予算の執行状況を教えてくれると思われます。減歩などの形で、元々は地権者が出した物ですから、質問する権利が有ると思うのです。

 富士見市に道路管理が移管された後は、おそらく入札関係のページで情報公開されると思います。そのページは、下記に存在しています。(URLは、変化する可能性があります。)

http://www.city.fujimi.saitama.jp/40shisei/17nyuusatsu/2010-0514-1939-137.html

 けやきの樹なのですが、成長するのが結構速いので、維持管理の手間がかかると思います。成長すると根もかなり張ってきますので、地下埋設物に悪影響を与えたり、地面が盛り上がったり、フェンスが壊れたりして、修繕をしないといけないケースも有ると思います。地下埋設物は、あらかじめけやきの根の成長を予測して、位置を良く考えて設置する必要が有りますね。

 都市機能を維持するには、とにかくお金がかかると思います。税収は、きちんと確保しないといけないです。景気が悪い時代の場合には、贅沢な都市インフラを建設する事も、控えないといけないと思われます。後で、維持費の負担で泣く事になりますので。

 道路管理の良否は、舗装工事が定期的に実施されているか(凹凸、穴、ひび割れなどが無いか)、白線(道路標示)はちゃんと読める状態で維持されているか?といった点を観察すれば、大体わかると思います。お金をかけないと、交通安全すら保てないです。

投稿: 竹内@ふじみ野.東上 | 2010年6月23日 (水) 06時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538313/45462341

この記事へのトラックバック一覧です: ムクドリ (その2):

« 越谷レイクタウンの大型温浴施設 (その2) | トップページ | 「アウトレット・プラス」のサイト紹介 »