« IMAXデジタルシアター | トップページ | Rubicon Asset Management Limited (リズム関連) (その2) »

2009年6月20日 (土)

レンタルビデオ店 (その2)

 レンタルビデオなのですが、「できるだけ安価・手軽に」という消費傾向との関連性はどうなのでしょうか? 違法な物も含めてネット配信の映像が世間にはかなり出回っていますし、そういった物に負けないような経営努力が必要になっていると思われます。

 一方、別に紹介しました「IMAXデジタルシアター」という物があり、日本ですと「スーパーハイビジョン」技術を応用したデジタルシネマに発展して行く可能性も有ると思っています。映画やテレビ(動画)の世界なのですが、ローエンドとハイエンドで二極分化する傾向が有るように思え、「IMAXデジタルシアター」は割増料金で2,000円、さらに3D映像になると2,200円という高料金が設定されているように思います。

 客単価の向上を狙うタイプのビジネスは、当地「ふじみ野」では成立するのかな?と思っております。安物ばかりでは、本当に味気ない人生になりそうでもありますが。

|

« IMAXデジタルシアター | トップページ | Rubicon Asset Management Limited (リズム関連) (その2) »

ふじみ野」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538313/45393119

この記事へのトラックバック一覧です: レンタルビデオ店 (その2):

« IMAXデジタルシアター | トップページ | Rubicon Asset Management Limited (リズム関連) (その2) »