« 富士見川越有料道路 (その4) | トップページ | Rubicon Asset Management Limited (リズム関連) »

2009年6月15日 (月)

ふじみ野の交通安全対策について

 ふじみ野駅周辺の、主に土地区画整理地域内の交通安全対策について書きたいと思います。

 土地区画整理地域の中は、道路は良く整備されているのですが、反面スピードを上げて走るクルマが多く、下記のような交通事故が多いように思います。

 ・交差点での、出会い頭の衝突
 ・歩行者や自転車が、スピードを上げて走行しているクルマにはねられる

 交差点なのですが、交通量が比較的多いのに「信号機の無い交差点」がまだまだ多いと思います。信号機の設置というのは、埼玉県公安委員会の予算という事になっており、地元がいくら要請をしても埼玉県内全体での設置優先順位というものがあり、ままならないと思います。交通事故で死者が出てから設置しても、私は遅いと思うのですが。

 それから、当地では立体交差点が殆ど無く、歩行者や自転車はアップダウンが少なくて通行は比較的楽だと思います。しかし、広い道路を横断する時にクルマにはねられる危険性が高い訳で、これから高齢化社会になって事故が増えるのではないか?という事を懸念しています。歳を取りますと、どうしても視力・聴力、判断力や運動能力などが劣るようになり、交通事故にあう危険性が高くなると思うのです。「リズム」のような身近な商店街が無くなったとして、遠くまで高齢者が歩いて買い物に行かないといけない可能性が高く、交通安全が切実な問題になっていると思われます。「老いの問題」は、誰にでも公平にやって来る普遍的な問題だと思います。

|

« 富士見川越有料道路 (その4) | トップページ | Rubicon Asset Management Limited (リズム関連) »

ふじみ野」カテゴリの記事

リスク管理・防災」カテゴリの記事

道路・クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538313/45345178

この記事へのトラックバック一覧です: ふじみ野の交通安全対策について:

« 富士見川越有料道路 (その4) | トップページ | Rubicon Asset Management Limited (リズム関連) »