« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月31日 (金)

「なんぽの道」改修工事 (市報の8月号に掲載)

 ふじみ野市の市報に掲載されていると思うのですが、「なんぽの道」改修工事(ゴムチップ舗装方式への改修)がいよいよ着工されるようです。8月から10月までの3ケ月間かかるようで、その間は一部を除いて「なんぽの道」は全面通行止めになるそうです。

 散歩に使っている方などには辛い状況かと思うのですが、あと暫くの辛抱だと思われます。それにしてもウッドデッキ方式というのは、寿命が短いですね。10年も持ちませんでした。低成長経済では、都市のインフラの「維持費」という事も考えないといけないと思われます。形ある物は、必ず壊れる訳ですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふじみ野市プロジェクト(仮称)? その他

 これは「名鉄不動産」などがやっている物件だと思うのですが(ビバ・モール付近)、最近進展が有るように見えないです。どうなっているのか、どなたかご存知でしょうか? 下記の記事に出ている物なのですが、分譲予定戸数の「1,000戸」というのは相当多く、ふじみ野市の人口増加に貢献する物件になっている思います。

http://sumai.nikkei.co.jp/mansion/mercury/index20090330d5000d5.html

 公式HPのURLが下記に存在している筈なのですが、現在のところ空白のページが表示されるだけで反応が無く、果たしてこのプロジェクトは生きているのか死んでいるのか、気になっている訳です。

http://www.fujimino1000.com/

 最近、建築確認申請がやけに長くかかったりとか(もうこれは、「官製不況」になってしまっていると思うのですが)、仕掛りの開発案件が中止になったりとか、多いと思います。既存商業施設の不振の話も、しばしば取り上げました。東松山市の方でも、新規開発が中止になりそうな物が有ると見聞しています。「まちづくり」全体に影響してしまうと思うのですが。物凄く優れた都市計画があっても、それの実現や完成後の活力維持に向けて推進されなければ、という話です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

裏TJライナー(?) (その2)

 現在の東武東上線の「60分ヘッド」という構成方法のダイヤなのですが、皆様はもう完全に慣れたのでしょうか? 私などは、まだメリットを完全にはつかみ切れていないです。

 池袋駅の夜ラッシュ時の毎時02分頃なのですが、列車の入線タイミングとも関係が有ると思うのですが、1番・2番ホーム上が相当な混雑になり、私はこういった状況は苦手です。急行が2本連続するタイミングでもあると思います。あの程度の混雑になりますと、ホームをもう少し拡幅しませんと危険な状況になると思うのですが、東武池袋駅には拡張の余地が全く無いようなので、東武さんがどのような対策をするのか私は首をかしげている所です。東武池袋駅にはエレベーターを設置しましたので、ホームの面積が少し狭くなったという事も有ると思います。

 抜本的なダイヤ改正は、おそらく東京メトロ副都心線が東急東横線と直通する時の話なのでしょうね。現行ダイヤは、おそらく既にそれを意識して作成されていると思うのですが。

 前から疑問に思っている点なのですが、少なくとも定期客につきましては池袋~和光市は東武、東京メトロのいずれでも自由に乗車できるルールにすれば、もう少し乗客が分散化するのに、と思います。これは「別の鉄道会社」による経営なので、うまく調整できない点ですね。現在の鉄道輸送約款は、鉄道利用者本位の施策ではないという事です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Z級レンタルDVD(?)

 トラックバックで「Z級レンタルDVD」の話が来ているのですが、こういった作品は大手のTSUTAYA(CCC)やゲオといったお店でも扱っているのでしょうか? 私には良くわからなかったので、教えていただければと思います。

 今後なのですが、有料放送、VOD、ネット配信などがもっと普及すれば、そのような配信ルート専用の作品も数多く出るのでしょうね。また、これは「問屋不要ビジネス」の一種で、映画の配給会社のような所は困るかも知れないです。

 FC2投票で「レンタルビデオ店」に沢山票が入っているのですが、こんな作品に対する需要も有るのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2009年7月30日 (木)

裏TJライナー(?)

 「裏TJライナー」、何の事なのか不明かも知れませんね?

 これは「私が勝手につけた名前」なのですが、東武池袋駅が現在でも「始発駅」である事を利用して、確実に座席をゲットする色々な方法の事を言っています。この中に、「本物の」TJライナーの利用は含まない訳です。急ぐ方、体力のある方、混雑が気にならない方にはあまりおすすめしない方法です。

(1)「準急」が比較的空いているので、数本見送って「準急」を待つ。
(2)「急行」が2本連続している所では、続行の「急行」を待つ。
(3)「各駅停車」を利用する。(志木行きでも、接続列車あり。)
(4)ドア位置によってだいぶ混雑度が違うので、空いているドアを探す。

 実際のところ、極端な所要時間(トータル)の延伸はありませんが、如何でしょうか。「本物の」TJライナーをキャッチする場合には、着席整理券をゲットするために早めに池袋駅に到着する必要がありますし(チケットレス・サービスは例外)、待ち時間等も含めたトータルでは、あまり所要時間は変わらないという訳です。

 急ぐ場合には、混雑がひどい急行でも、無理矢理乗れば良いのですし、これは選択肢という事だと思います。発車直前の急行を捕らえれば、待ち時間はゼロになりますし、実質的には「急行」がふじみ野駅に対しては最速列車だと思います。

 東急東横線の場合には、将来は「全列車直通方式」で東京メトロ副都心線と直結される訳なので、渋谷駅が始発では無くなる予定が有る訳です。これが東横線の価値低下だと考える方もおられるかも知れませんね。上記のような方法は、東武池袋ならではの方法になるでしょうね。西武池袋でも同様でしょうが。

 あと上りの場合には、「志木」や「和光市」で始発列車を待つ方法などが有効ですね。これも「早起きをすれば」という話です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月29日 (水)

レンタルビデオ店が待望される理由?

 レンタルビデオ店の希望がかなり出ている訳ですが、「テレビ」と言えば地上波テレビ局の番組を原則無料(NHK受信料や民放系有料放送も有りますが、話が複雑になるので省略します。)で視聴できる筈なのですが、それでもレンタルビデオが必要とされている点に着目しました。

 下記のような記事を発見したのですが、詳細は「NHK放送文化研究所」の元データ等を当たった方が良いと思うのですが、テレビ視聴時間について興味深い傾向が書かれていると思います。

http://www.gamenews.ne.jp/archives/2008/12/post_4268.html

 個人的な実感でも、インターネットとか携帯電話に24時間の生活時間のうち、かなりの部分を奪われてしまって、テレビ視聴時間は相対的に短くなったように思います。また特に民放系の番組で顕著なのですが、昨今では番組制作費用が十分ではないせいなのか、「お気楽モード」の番組がだんだん増えてしまい、「じっくりと視聴する」タイプの番組が減ってしまったような気がします。例の「地デジ化」による放送局の設備投資という問題もあって、尚更、番組制作費用が削減されているのかな?とも思うのですが。

 これでは2011年7月を過ぎてテレビ視聴者数そのものが減少し、放送局にとっては益々状況が悪化するかも?という気もします。レンタルビデオが流行るという事は、その分だけ既存放送局の役割が期待されていないという事と裏返しなのかな?と思いました。

続きを読む "レンタルビデオ店が待望される理由?"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

梅雨の戻り?

 関東地方なのですが、気象庁発表ですと去る7月14日に梅雨明けした筈なのですが、最近は「梅雨の戻り」のような天候が続いていると思います。実際、関東地方の付近でも梅雨前線がウロウロしており、梅雨の天候とそっくりだと思うのですが。この様子ですと、関東地方でも梅雨末期の大雨のような現象を警戒しないといけないと思います。

 下記のような記事も見つけたのですが、8月末の頃に梅雨明けの日を見直すケースも有るのですね。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2009072302000260.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月27日 (月)

竜巻注意情報

 本日の午後なのですが、埼玉・栃木・群馬の各県に「竜巻注意情報」というのが発令されていたという話を眼にしました。「竜巻」に関する情報はあまり馴染みが無いのですが、これは頻繁に出る物なのでしょうか。

 竜巻の「本場」であるアメリカ等では、竜巻からの避難用の地下室を備えている家も多いと見聞するのですが、日本ではそんな備えが有るとはあまり聞かないです。また屋外からは色々な物がミサイルのように飛来して外壁を突き破って飛び込んでくるのですから大変で、屋内にいても危険な場合があると思います。鉄筋コンクリートなどなるべく堅固な建物の中心部に避難するとか、堅固な家具の裏に隠れるとか、それなりの行動が必要だろうと思います。

 地下室の有る所は当地では殆ど知らないのですが、誰でも入れそうな場所は駅前の地下自転車置き場、リズムの地下駐車場あたりでしょうか。

 鉄道にとっても竜巻は脅威で(列車が転覆した実例あり)、ドップラーレーダーなどを装備して竜巻の発生を予測しないといけないと思うのですが、JR東日本は設備投資を開始したと聞くのですが、東上線の場合にはどうなのか良くわからないです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「おあしすフードパーク」の割引 (リズム)

 何時から始まった事なのかわからないのですが、「おあしすフードパーク」では、フットサルやわらわらの会員に対して飲食物の10%割引キャンペーンを行っているのですね。

 こういう事を行うのであれば、リズム地域で商店会を結成するなどして、近隣の商店などとの連携をもっと強化すれば良いのに、と思いました。

Sa350401

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月26日 (日)

西日本の味 (釜揚げうどん 等)

 神戸出身の私の性(さが)かも知れないのですが、最近こんなお店が気になりますので、参考程度なのですが紹介します。

 http://www.toridoll.com/shop/index.html
 http://www.toridoll.com/

 この会社が運営するチェーンの中で「丸亀製麺」というのが「釜揚げうどん」のお店の筈で、讃岐うどん方式で色々な具を乗せて食べる物だと思います。この他にも神戸の味である「長田本庄軒」(ぼっかけ焼きそばのお店)が気になったりします。

 「丸亀製麺」なのですが、最近になって さいまた市内の埼玉大学正門の近くに新店舗をオープンしたようで、私はこれが気になっています。客の入りが結構良いようですし、「リズム再生プラン」(私案)の中に組み込んでも良いのでは?と私は思いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

生鮮館チャレンジ (元:バイゴーの所)

 元:バイゴーの所の空き店舗なのですが、どうやら「生鮮館チャレンジ」の支店になるらしい事が判明しました。2009年7月26日の新聞に折り込まれていた求人広告で確認しました。

 生鮮館チャレンジなのですが、近くでは富士見市内の元の「ツルマショッピングセンター」(中華料理の「天府」の所)を改装してオープンした事例が有るのですが、今回ふじみ野市内にも開店する事になる訳です。「リズム」の地下スーパーが閉店したままで不便な状態が続いていますので、この生鮮館チャレンジの開業というのは朗報ではないかと思います。地価や賃料水準から考えましても、東原小学校近くのこの付近を身近なショッピング街にして行くというのは、私は妥当な選択かと思います。

 開業は、求人チラシによりますと9月上旬を予定しているようです。プレミアム感は無いのですが、「安くて良いお店」だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東上線乗降客数と運賃収入 (埼玉県統計年鑑発表数字)

 ふじみ野駅付近の基礎データだと思いますので、埼玉県統計年鑑の数字を元にして集計した表を掲載します。(携帯電話やエクセルのインストールされていないPCからは読めません。申し訳ありません。)

「東上線乗降客数(志木~川越)001.xls」をダウンロード

 一般的な傾向は、やはり主要駅である川越や志木が大きく、ふじみ野がそれに次ぎ、その他の駅は低下傾向、という事かと思います。

 元データは、下記ページの中から探す事になります。鉄道以外の分野も、数多く収録されています。

http://www.pref.saitama.lg.jp/A01/BP00/a310/menu1.html

続きを読む "東上線乗降客数と運賃収入 (埼玉県統計年鑑発表数字)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビデオレンタル店実態調査

 「FC2投票」の中で「レンタルビデオ店」の希望はずっとトップをキープしている訳なので、こんな調査結果を取り上げてみました。

http://www.jva-net.or.jp/report/rental_realities_22.pdf
http://www.jva-net.or.jp/report/
http://www.jva-net.or.jp/

 これを見た限りでは、やはりTSUTAYAのようなメジャーなお店でないと存在価値が無く、いまだにVHS方式の在庫で苦しんでいるような小規模店は淘汰されて行くであろうと私は思いました。ブルーレイ・レンタル、VOD、宅配方式にも取り組む先進的な所が有利なのは見え見えだと思いますので、やはりTSUTAYAのような大手であろうか?と私は予測をしました。

 ただ、開業後に「実際の利用」が無いとお店はつぶれてしまいますから、ふじみ野駅付近の人口動向、経済環境、住民の可処分所得なども気になるところです。最近では、東上線では新河岸~柳瀬川の区間に有る各駅とも、駅勢圏の衰退傾向が有るように見えるのが気がかりです。メジャーな街、たとえば東京23区、和光、志木、川越などに経済力が集約されつつあるように見えるのです。(間の中途半端な所は、飛ばされる傾向。)

| | コメント (0) | トラックバック (3)

地元スポーツジム同士の戦い

 駅前の「東武スポーツクラブ・プレオンふじみ野」が開業してからしばらく経過しましたが、既存の「わらわら」との会員獲得競争はどうなったのであろうか?と思っています。身の回りで聞く限りでは、「わらわら」から「東武」に乗り換えたという話を結構聞くのですが。設備面での格差などが気になるように思います。

 もし「わらわら」が所属会員を奪われているようであれば、これも「リズム衰退現象」の一つなのだろうと思います。やはり「駅前」「新しい」「規模が大きい」というのは、脅威になるだろうと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年7月24日 (金)

「アウトレットモール・リズム」の小型イベント (その2)

 7月25日開催予定の「夏休みカブトムシ相撲大会」の会場なのですが、Kent Family の隣の小間を全部使って設営されているのを目撃しました。予測していたよりも、大規模な会場設定のようでした。屋内での開催ですから、雨が降ってきても問題ありませんね。

 幸か不幸か空床が沢山有る状態ですから、「リズム」に このようなイベントを多数誘致して活性化する事が可能になっていると思います。ちょっとマニアックなイベントを誘致するのも、一考に値すると私は思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アクセス解析より

 アクセス解析から観測できる事の一例なのですが、最近では2009年7月9日に最大のアクセス数を頂戴しています。この日は何であったのかを考えたのですが、「あみプレミアム・アウトレット」の開業日でした。

 「アウトレットモール」は、当ブログでは関心度の高いテーマのようですね。現在でも、検索フレーズの上位にありますし。そこから考えますと、当地の「リズム」の不調ぶりが際立って見える現象という事になる訳です。同じアウトレットモールであっても、何処が選択されているのかは、はっきりとしているという訳です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

総合病院 (地域医療)

 当地ふじみ野付近の総合病院の傾向なのですが、公立の総合病院は一つも無くて、民間の医療機関に任せた格好になっていると思います。また三次救急まで扱う事が可能な病院は比較的遠く、埼玉医大総合医療センターや防衛医大といった場所だと思います。

 こういう条件ですと、「万一」の時の搬送距離・時間が長くなりますし、それでなくても昨今では「救急車のたらい回し」騒ぎが全国各地で多発しているようですから、これは当地の地域医療の課題だろうと思います。

 地元医師会の休日・夜間当番が気になる方もおられるかと思いますので、参考になるページの一例を上げます。これら以外のページにも掲載されているかも知れません。

http://www.ne.jp/asahi/higashi-iruma/med/2nd/kyusin.htm
http://www.ne.jp/asahi/higashi-iruma/med/2nd/syouni-kyu.htm
http://www.ne.jp/asahi/higashi-iruma/med/index.htm

 妊婦さんの緊急事態なども考えますと、過去事例を考えますと多くの診療科目が併設された総合病院がすぐ近くにあった方が心強いかも知れないと思う訳です。(リスク管理の一つです。)

 それから病院を郊外に移転して大規模化する傾向も有るようなのですが、高齢者などが外来で通院するのに不便になりますし、いわゆる「病院前商店街」といった物が衰退する可能性が有ると思っております。通院やお見舞いのついでにお買い物という需要が、やはり有ると思うのです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月23日 (木)

Ikkaは、8月16日限り (リズム)

 タイトルだけでも用事は済みそうなのですが、こういう事らしいです。Ikkaは2Fから移転する気配は無かったですし、現在の状況ですと やむなしと思われます。

 http://www.ikka-online.com/

 それにしても「リズム」からの退店が止まらないようなのですが、この商業施設の本当の未来を、どなたか予測できるでしょうか。

Sa350398 Sa350399

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Windows XP へのアップデート (自宅のデスクトップPC) (その9)

 KDDIさんに質問していた携帯電話機の「ハードウェアの安全な取り外し」が動作しないという問題なのですが、結局のところは同社のサポート外構成(OSをメーカー出荷時の状態からアップデートしたPC)という事もあって解決がつかず、本格対応ではありませんが下記の方法で暫定対応する事にしました。(OSですが、PCメーカーの都合ではなくてマイクロソフトの都合でアップデートした筈なのですが、それがいきなり他の事業者のサポート外構成になってしまうのは どうも釈然としない点があります。)

 デバイスマネージャを起動
 Sanyo Mass Storage USB Device の所を選択
 「ポリシー」のタブを選択
 「クイック削除のために最適化する」の方を選択して保存

 この設定により、携帯電話機のSDカードに対して いわゆる「遅延書き込み」動作をしなくなる筈ですから、USBケーブルをいきなり抜いてもデータ破壊などのリスクは減少すると思います。

 いつも思うのですが、メーカーや事業各社が「サポートしたくない構成」という物がどうしても存在し、このあたりが「独立系の有料PCサポート業者」の存在価値、存立基盤なのだろうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月22日 (水)

「日食」の日は、曇時々雨

 本日は、首都圏でも「部分日食」を観測できるとされている日だと思うのですが、お天気は「曇時々雨」で観測は難しいように思えます。去る7月14日に首都圏では梅雨明けになった筈なのですが、ここ数日は梅雨のような天候に逆戻りですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「アウトレットモール・リズム」の小型イベント

 「リズム」なのですが、最近でも何とかあまり費用のかからないイベントを開催して、客寄せに努めているように思います。これが功を奏して、もう少し新しいテナントが入ってくれると良いのですが。

 ちなみに7月22日現在では、7月25日に開催予定の「夏休みカブトムシ相撲大会」の案内が出ていると思います。

 http://www.rism-city.com/news.html

 これはCATVの「J:COM東上」のキャンペーンを兼ねたイベントだと思います。CATVの営業マンには、とにかくネタは何でも良いので「地元住民と話をするきっかけ」が必要なので、カブトムシで子供を呼び寄せて、営業マンは同伴の大人とCATVのテレビ、インターネット、電話等に関する話をするという算段だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月20日 (月)

「つめ放題」セール

 食品スーパーにいつも行く方であればご存知かと思うのですが、「つめ放題」というのは人気セールの一つですね。つめ方のテクニックが色々と有り、袋を破れない程度に引き伸ばしたりとか、商品を入れる方向、輪ゴムのかけ方など、工夫の余地が有ると思います。「名人さん」のお話も、色々と聞きたい部分になります。

 大井サティの事例ですが、こんなのをやっていました。これは安いのか、高いのか、良くわからなかったのですが。

 (1)枝豆(ゆでてある物)、1パック198円
 (2)ウインナー、1袋500円

 そのコーナーだけ人だかりがしていますので、興味深いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワーナー・マイカル・シネマズ大井の割引料金

 いつも映画鑑賞をしている方であれば既にご存知かとは思いますが、映画の割引料金の話です。

 例えば地元のワーナー・マイカル・シネマズ大井の場合ですが、月曜には特別割引があって、「ふたりデイ」料金が適用になります。本日は「海の日」で祝日なのですが、この月曜の割引料金は適用になりますので、カップルや家族で鑑賞するには大変お得な日になっていると思います。

 http://www.warnermycal.com/cinema/ohi/
 http://www.warnermycal.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Windows XP へのアップデート (自宅のデスクトップPC) (その8)

 携帯電話機のサンヨーW33SA(KDDI用)を「マスストレージモード」でUSB接続した時に、「ハードウェアの安全な取り外し」が動作しないという現象が出ています。無理にこの操作をするとPCのCPU使用率が100%になり、PCが正常に動作しない状況になります。

 問合せ先がはっきりとせず、まずKDDIさんに質問をしたのですが、回答の中の対応案の一つとして「USBドライバーを再インストールする。」というのがあり試したのですが、この方法では直りませんでした。Windows 2000 の時には経験しなかった、不思議な現象なのです。

 何とも不可解な現象なので、KDDIさんと引き続き確認を進めています。

 ちなみにこの携帯電話機は当ブログの写真撮影用にも使っているのですが、やはり画質が良くないので何とかしないと、と考えています。デジカメ(専用機)を常時持ち歩くのは好きではないので、携帯電話機をカメラ性能の良い機種に交換するのが良いかも?と考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「天王様」の祭り (その2)

 入間地域の神社や祭礼、山車、屋台、神輿等を調査しているページが下記にありました。不明箇所や間違いも有るようなのですが、今後の調査をさらに進めたい場合には参考になる情報だと思います。

 http://iwanee.web.fc2.com/saitama-iruma.htm
 http://www5a.biglobe.ne.jp/~iwanee/saitama.htm
 http://www5a.biglobe.ne.jp/~iwanee/index.htm

 現時点での私の関心事は、大井氷川神社に合祀された6神社の元々の所在地が何処だったのだろうか?という点です。これは、地域の長老の方に教えていただくか、古文書を当たらないとわからないのですが、まだ調べがついていないです。以前に、「アウトレットモール・リズム」の存在する場所が、その中の1つなのでは?という噂も見聞したのですが、確認が取れていません。

 日本で一般に言う「天王様」とは「牛頭天王」の事で、(科学技術が発達していなかった時代に)夏場の疫病や害虫発生などをもたらす怖い神様であるとされていたように思います。そのために、手厚くおまつりをすれば、ご利益も大きいという事なのでしょうか。

 今年は、我が家に「神輿のかつぎ手」の勧誘もあったのですが、残念ながらお断りをしてしまいました。大人神輿の かつぎ手は、やはり不足しているのでしょうね。あまりにも人がいないと、次第に「トラックで神輿を町内巡回」といった、トホホ状態になると思われます。

 正直、神輿の かつぎ手というのは良くわからないのですが、慣れた人がやらないと危険といった事は無いのでしょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「ららぽーと新三郷」の開業(2009年9月17日を予定)

 ふじみ野エリアではどうしても開業できなかった「ららぽーと」の話ですが、新三郷のお店の開業時期が近づきましたので、少し取り上げる事にします。

 少し前なのですが、下記のニュースリリースが既に出ております。

http://www.mitsuifudosan.co.jp/corporate/news/2009/0618/index.html

 出店予定のテテント一覧も、かなり詳細な物が出ていると思います。今からお買い物の計画を立てる事も可能そうですね。

http://www.mitsuifudosan.co.jp/corporate/news/2009/0618/download/ichiran.pdf

 なおIKEAとコストコは既に開業済となっており、これらの施設の中にはJRの駅から遠い物も有るので、3施設と駅を結ぶ無料シャトルバスが運行されると見聞しております。

 ふじみ野エリアでも店舗配置はかなり分散しているのですから、無料シャトルバスを運行して街を活性化すれば良いと思うのですが、これがなかなか実現しないのです。やはり行政や商工会がふじみ野駅付近でバラバラ運営なのが影響しているのでしょうかね。実に残念です。「リズム」も対応策を考えませんと、どんどん大変な事になると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月19日 (日)

「ふじみ野エリア」とは、何処まで?

 以前から不思議に思っている事の一つなのですが、「ふじみ野」の名前には相当な価値が有るらしく、地理的にかなり広い範囲で企業の広告・宣伝に使われる傾向が有ると思います。下記は「UR都市機構」の広告の例なのですが、上福岡駅や鶴瀬駅の方でも使っているように見受けられます。いわゆる2市1町の範囲は「ふじみ野」である、といった感覚なのでしょうか。

 http://www.ur-net.go.jp/tsuruse1/fair/

 ここまで宣伝するのであれば、UR都市機構は本当の「ふじみ野駅付近」にも直接進出すれば良いのに、とも思いますが。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

「天王様」の祭り

 いよいよ夏本番となり、ふじみ野地域でも古くからの「お祭り」が開催されるようになったと思います。例えば「天王様」の祭りが有ると思うのですが、

 私の下手な説明よりも、下記のリンク先が参考になるかも知れません。

http://www.sainokuni-kanko.jp/sightsee/search_sight.php?mode=data_detail&id=781
http://www.ftv.cx/index.php?e=284

 下記は近くの会所(八雲神社の祭壇あり)から山車が出発する所の写真です。川越まつり の豪華絢爛さには遠く及ばないのですが、地元でしっかりとこういった伝統は継承されている訳です。ただ、「お囃子」などが子供に伝承されているのか、個人的にはいささか気がかりです。文書や録音で保存し、学校などで教えませんと、ニュータウン地域である当地では途絶える危険性が有ると思っています。

Sa350393 Sa350394 Sa350396

| | コメント (0) | トラックバック (0)

有料自習室やレンタルオフィス

 東京23区内ではかなり実例が有ると思うのですが、「リズム再生プラン」(私案)の一として「有料自習室やレンタルオフィス」としての利用はどうなのであろうか?と思っています。例えば2Fの部分をそのようなスペースとして貸し、独立開業の準備が出来たならば1Fに降りて開業といったシナリオも描ける訳で、当地のインキュベーション機能としては有望なのではないか?と思うのです。インキュベーション組織も誘致できればベターかと思います。事業拡大して東京23区内に進出するような場合でも、「リズム」にお店を残してくれれば家賃などを特別に優遇するとか、そんなアイデアもあろうかと思います。

 当地の場合ですが、農業やサラリーマンの経験は有るが、他の業種での独立開業はどうもわからないという実情が有るようにも見えますし、こんなアイデアが良いのではないかと思ったのです。地元の青年会議所あたりが企画しても良い事かな?とも思ったのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大企業の農業参入

 日経新聞のサイトで、こんなのを見ました。

http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20090719AT2F1704F17072009.html

 流通関係の企業では、農産品のプライベートブランド化、高信頼化、ローコストといった事は重要でしょうから、農業を自社で手がける事については必然性が有ると思います。

 例えば富士見市役所の所の大規模農地が耕作放棄状態になってしまっていると思うのですが、ここを商業地や工業地にするのか、それとも農地として復活させるのか土地利用方針を明確にし、今回の農地関係の法令改正をバネにして前進するのが得策かな?と私は思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レンタルビデオ (宅配型、その他) (その3)

 地元でもやっていると思うのですが、「映画館」が旧作を安い特別料金で上映している場合が有ると思います。映画館の場合は、とにかくファンに足を運んでもらわないと話にならない訳ですから、これからも色々な試みが有るだろうと思います。たとえば、3D作品の上映、IMAX化、映画以外の上映(コンサートやスポーツ、セミナー、集会等の生中継)などを考えうると思うのです。

 映画館が、レンタルビデオ店(リアル店舗)、宅配型レンタルビデオ、VODなどとの競争に参入して来る可能性が有ると、私は思っています。

 「FC2投票」の中では ずっと「レンタルビデオ店」が1位をキープしていますが、形はどうであれビデオ関係は需要が有りそうなので、実現して欲しいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ecoレン太

 JR系のサービスなのですが、下記のようなカーシェアリング事業が有るのを発見しました。しばらく前から実施されていたようなのですが、気がついていませんでした。

 http://www.jrerl.co.jp/carshring/carsha_index.html

 会員制のカーシェアリングは、ふじみ野以外の地域では少しずつ開始されていると思うのですが、ふじみ野では まだ駄目なのでしょうか。交通用ICカードを使うのであれば、PASMOとニッポンレンタカーの組み合わせで可能だと思いますから、あとは東武鉄道の決断次第と言えそうなのですが。

 他には、ガソリンスタンドが副業として中古車による安価なレンタカーを実施している例が有るように思います。「レンタカー=新車」、という常識を変える訳ですね。安価なレンタカーと高速1,000円の組み合わせというのは、今年の夏の決め手になるような気もします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月18日 (土)

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」の上映館

 アニメ映画のこの新作なのですが、上映館リストを見たのですが、地元の「ワーナー・マイカル・シネマズ大井」が含まれていないと思います。

 http://www.evangelion.co.jp/cinemalist.html
 http://www.evangelion.co.jp/

 どうして大井が選外になったのかは、良くわかりませんでした。比較的近くでは、ウニクス南古谷や新座で上映されているようですね。各シネコンの総スクリーン数とも関係が有るのでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

レンタルビデオ (宅配型、その他) (その2)

 宅配型レンタルビデオの一種だと思うのですが、こんなのが出来たようですね。「ぽすれん」のサービスが基本になっていると思うのですが、携帯電話のサービスと組み合わせた点が目新しいと思います。

http://www.kddi.com/corporate/news_release/2009/0715/index.html
http://www.kddi.com/corporate/news_release/2009/0715/besshi.html

 実際のところ、このような宅配型とリアル店舗とでは、いずれが便利で人気を集めるでしょうか。リアル店舗ですと、夜遅くまで営業していないと利用しづらい方もおられるでしょうね(残業が多い方など)。これとは別に、「VOD」のようなネットワーク配信型の物も存在する訳です。

 私が設定した「FC2投票」ではレンタルビデオ店が人気トップになっていますが、リアル店舗以外にも気になる動きが色々と有ると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「つばさ」のロケ地巡り (NHK朝ドラ) (その2)

 NHK朝ドラの「つばさ」の2009年7月17日放送分なのですが、ドラマ全体の中でも「名場面」かも知れないです。これは台風で増水した河川のシーンなのですが、川越市内にある「伊佐沼」で撮影されたそうで、スタッフのブログにその様子が掲載されていました。

 http://www.nhk.or.jp/drama-blog/910/18191.html

 相当大掛かりな撮影だったようで、驚くばかりなのですが。なお、そのシーンの再放送は、18日午前のNHK-BS2(1週間まとめて再放送の枠)やNHKオンデマンドで視聴できるのではないかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上福岡七夕と彩夏祭の開催日、その他の夏祭り

 昨年までですが、この2つのお祭りは開催日が重なっており、両方見学するのが困難だったのですが、今年は開催日が分離されたようです。

http://www.city.fujimino.saitama.jp/info/detail_417.html
http://saikasai.com/

 おおい祭りとも異なる開催日となり、うまくお祭りの日が並びました。

http://www.city.fujimino.saitama.jp/info/detail_623.html

 前にも書いたのですが、依然として「ふじみ野まつり」といった感じの総合的な市民まつりが実現する気配が無いです。

 それから、「小江戸川越花火大会」が、本日開催予定になっています。今年は、安比奈親水公園の方ですね。(伊佐沼の方ではありません。)

http://www.rurubu.com/season/summer/hanabi/detail.asp?SozaiNo=110006

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月17日 (金)

猛暑日 (その2)

 最近になって知ったのですが、特に高齢者など体力が低下している方の場合、屋内にいても熱中症になる場合が有るようですね。水分を十分に摂取しなかったり、電気代節約などの目的でエアコンをつけなかったりしますと、なる場合が有るようです。救急車で病院に運ばれる事例も有るようなので、本当に暑い日は油断大敵だと思います。

 温度計で客観的に室温を観察して判断する事も重要だと聞きました。少しずつ室温が上昇すると気がつかない場合が有るようで、これも「ゆで蛙」現象の一種なのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

New shop coming soon

 「リズム」のフロアガイドに書かれていた "New shop coming soon" なのですが、現地を確認したところ表示が廃止されており、空床の所は空白表示になっておりました。これなのですが、いよいよ改修工事に着手するのか、それとも他の事を意味するのかは、私にはわからなかったです。

 細かい変化なのですが、こんな所に気がつきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月16日 (木)

猛暑日

 既に昨日の話なのですが、特に埼玉県内ではどんどん気温が上昇し、35℃を超えた所が珍しくなかったように思います。内陸部に有る埼玉県は、夏には気温が上昇しやすい傾向にあるようですね。

 本日も気温がかなり上昇しそうなのですが、熱中症にはご注意下さい。もう梅雨が明けたのではないか?と思える程の勢いですが。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

TJライナー等とふじみ野の商業振興との関係?

 TJライナーが運転されるようになってから久しいと思います。それなりに固定客がついており、定着したと思うのですが。

 ところでTJライナーと当地「ふじみ野」の商業振興との関係が気になっています。例えば、帰宅に使うTJライナーをあらかじめ決めておいて着席整理券を購入し、池袋の夜間営業のお店でゆっくりと買い物や食事を楽しんでからTJライナーにゆったりと座って帰るというスタイルが有ると思います。池袋の方が商業集積が進んでいるのは明白なのですから、やはり「交通が進化すれば東京からのストロー効果が強くなる」、というのが私の認識になっています。

 副都心線の開業につきましても、同様な効果が有るというのが私の認識です。新宿三丁目、明治神宮前(原宿)、渋谷などと直結されているというのは、やはり大きいと思うのです。さらにその先の代官山、自由が丘などとの戦いも考慮しないといけないと私は思います。東上線方向に多くの人に来てもらうのは、かなり大変そうなのですが。

 こういう事がありますから、特に「リズム」を現在のまま放置するのは良くないと、私は考えているのです。鉄道が東急東横線と直結されるのは、まだしばらく先の話ですから、ふじみ野の街が対抗策を考えるための時間的余裕はまだ有る筈だと考えているのです。無策のままですと、街全体が「ゆで蛙」になってしまうだけだと思われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Windows XP へのアップデート (自宅のデスクトップPC) (その7)

 以前にソニーの「パソリ RC-S310/ED3」(Suica等のFelicaカードに使うICカードリーダライタ)で、一部のカードを読めないという不都合について書きました。

 これについてメーカーさんと確認を進めたところ、パソリのハード不良である事が判明し、ハード交換して解消しております。OSのバージョンアップとは無関係である事がわかりました。いわゆる「ソニータイマー問題」に、またしてもやられたのかな?と思っているのですが...。

 ソニータイマー問題があってもファンが離れないソニーさんというのは、不思議なメーカーだと思います。同社のテクニカルサポートは詳細かつ迅速で、そういった点は良好なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月15日 (水)

日本フランチャイズチェーン協会

 「白いたいやき」の話に関連して、この業界団体のページも見てきました。

 http://jfa.jfa-fc.or.jp/

 かなり色々な情報を公開しているなと思ったのですが、個人的に興味を持ったのが下記のガイドラインです。

 「まちづくり」への連携・協力のガイドライン
 http://jfa.jfa-fc.or.jp/pdf/machizukuri.pdf

 ふじみ野に出店している各チェーンが、このガイドライン通りに行動してくれれば、街はもっと まとまりのある物になるだろうと思います。フランチャイズではありませんが、どこかの外国人経営者は、もうこういった事に関しては「放置プレイ」状態になっていると思うのですが...。企業と地域社会との関係という点で、複雑な思いがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白いたいやき

 まだ当地ふじみ野では見かけないと思うのですが、他地域では「白いたいやき」のお店を見かけるようになったと思います。モチモチした、独特な食感がすると思うのですが。

 少し調べたところ、フランチャイズ・チェーンがいくつか有るようですね。どうしてこれが流行するのか不思議なのですが、物珍しさと不況下でも比較的簡単に開業できそうだ、という点なのでしょうか。

 尾長屋
http://www.onagaya-fc.com/
 移動販売 大阪
http://www.kimberley-kitchen.com/kimberley-taiyaki.html
 白いタイヤキ えびす堂
http://www.whitetaiyaki.com/
 たいやき本舗 藤家
http://shiroitaiyaki.com/
 白いタイヤキ グループ
http://www.siroitaiyaki.com/
 白いたいやき 白鯛堂
http://www.shirotaido.com/
 白いたいやき 武屋
http://www.takeya-taiyaki.com/

 まだまだ有るようなのですが、このあたりで...。

 この世間では何が流行するかわからず、一時の勢いというのは凄い物があると感じました。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月14日 (火)

あみプレミアム・アウトレット (茨城県・阿見) その他 (その4)

 色々なメディアの記事を見たのですが、あみプレミアム・アウトレットは、やはりかなりの勢いでスタートしたようですね。当地の「リズム渋滞」を彷彿とさせるような動きであったと思います。なぜ「アウトレットモール」というビジネスモデルが流行するのか、あらためて考えてみました。

 元々なのですが、アメリカで開発されたビジネスモデルだと思うのですが、アメリカの小売店において「返品自由」(マネーバック・ギャランティ)といった商習慣もあったりして、返品された中古品や不良在庫処理に悩まされていたメーカーや流通業者、正規店があったというのがまず一点だと思います。

 それから、特に不況の時代において多少の「型落ち品」であっても、とにかく安価な物を欲しがる消費者の存在が有ると思います。

 また、特に広大な用地を持っており、超大型店を誘致して街を活性化したい地方都市の思惑という事があると思います。高速道路網の延伸も、追い風になるでしょう。

 日本人なのですが、「アウトレット」といった横文字・西洋文化に弱いという事も追い風になった事でしょう。

 これらの利害関係者が、全てWIN-WINの関係になれるというのが、近代的なアウトレットモールのビジネスモデルなのだと思います。泣いているのは、「リズム」のように老朽化して有力な対抗策を持たない中小アウトレットモール、といった事なのでしょうか。

 1993年に当地に「リズム」を導入した関係者は間違い無く先進的で、このビジネスモデルが日本で成立する事を証明した事実は大きいと思います。しかしその後のフォローが駄目だった訳で、「リズム」が永続的に存在できるような処置をしなかった、という事だろうと思います。要するに「作りっぱなし」「放置プレイ」は駄目だ、という訳です。「リズム」は ふじみ野においては象徴的な存在の一つだと思いますから、この問題を放置する事はふじみ野の街全体が駄目になるかも知れないという事を私は危惧する訳です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月13日 (月)

大音響を扱うお店の防災対策

 本日のTVニュース番組でやっていたのですが、例の大阪のパチンコ店放火事件では、店内騒音があって火災報知器の警報音や店員の避難誘導の声が良く聞こえなかったのも、被害拡大の原因になったのではないか?という説が出されていました。

 私的な「リズム再生プラン」の中で「大音響を扱うお店」の話を書いたのですが、防災面は盲点だったので少し考え直さないと、と思いました。たとえば、こんなお店を候補として考えていたのです。

 ・ライブハウス
 ・録音、編集スタジオ
 ・音楽の練習スタジオ
 ・ダンスホール(練習用を含む)
 ・演劇の練習場(場合によっては、本番も?)
 ・スポーツバー、スポーツカフェ
 ・カラオケ
 ・マルチホール(多目的イベントホール)
 ・その他、サブカルチャー系のお店

 防音効果がどうなるのか、やや疑問が発生するのですが、北側の建物(地上階)であれば、北側にはあまり住宅が無いので有利かも知れないです(フットサル場の側)。大音響で営業している際の安全対策なのですが、たとえば「映像」でも火災発生を知らせるとかしませんと、危ないですね。たとえばカラオケであれば、カラオケの機械に一斉に「火災発生」の表示を出すといった仕掛けです。スポーツバーのテレビ画面も同様ですね。

 最近ではパチンコの台にもテレビ画面がついていますから、画面で知らせるのは原理的に同様だと思います。

 リズムの建物は、元々屋外に面した開放的な構造なので(地下は除く)、避難経路の確保という点では、ドアを塞いだりしなければ比較的有利なように見えます。これで、ユニバーサルデザイン(バリアフリー化)改修もすれば、ハード面では色々なビジネスに使えるようになると思うのです。

続きを読む "大音響を扱うお店の防災対策"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ローカルルールについてのお願い

 いつもご利用いただき、ありがとうございます。右側サイドバーに表示してある「ローカルルール」なのですが、状況に応じて適宜改訂する場合がありますので、時々閲覧していただけますようにお願い致します。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

地名の決定や変更

 地名の決定や変更というのは「街ネタ」では話題になりやすい事だと思っております。当地の場合には「ふじみ野」の名前の扱いが、最大の話題でしょうね。

 他にも歴史的な地名を捨ててしまった例が各地に有ると思うのですが、私が気になった事例を少し取り上げました。

 【旧】染井
 【新】駒込

 これは東京にある地名の例なのですが、染井と言えば桜の「染井吉野」の発祥の地であり、この由緒ある地名を本当に捨てる必要があったのかな?と思うのです。おそらく、国鉄(JR)山手線の駒込駅が開業する時に、こうなったのだと思います。

 次は駅名の事例です。

 【旧】川越駅
 【新】本川越駅

 現在の本川越駅の方が川越の旧市街地には近く、そちらが「本家」であろうと思います。しかし国策で国鉄(JR)川越線が出来た時に、国鉄の市内中心駅は駅所在地の地方公共団体の名前にするというルールがあったので、駅名を奪われたのだと思います。「本川越」という名前にしたのは、もう地元の意地のような物を感じる訳です。

 こうやって観察しますと、興味深い事例が全国各所に有るのです。富士見市内の「みどり野」とか「みずほ台」とかも、元は全く異なる地名であっただろうと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

外国人入植地 (古代の話)

 「関八州」の話がコメントの中で出ていますので、あらためて地図を調べました。「郡」単位まで出ている地図を発見しました。この「郡」というのは、現代まで継承されている由緒ある地名になりますね。当地付近は「入間郡」に属しており、現在でも「入間郡三芳町」が存在していると思います。

http://www.mars.dti.ne.jp/opaku/hakken/02/nmapx_gun.html
http://www2.harimaya.com/sengoku/map/bk_kan8.html

 外国人入植地と思われる「郡」の名前も有ると思います。「高麗郡」とか「新座郡」(別名が新羅郡)だと思うのですが、朝鮮半島との関係を思わせる名前になっていると思います。最近ですが「韓流ブーム」というのがあり、高麗神社とかには観光客が増加しているという話を聞きます。(何が地元に変化をもたらすか、簡単には予測できないですね。)

http://www.komajinja.or.jp/

 現代の該当地なのですが、日本人(大和民族)との混血が進んだせいか、外国人入植地の痕跡が殆ど無いように思います。史跡などを注意深く観察しないと、わからないですね。物凄く長い年数が経過した、という事なのだと思います。 どうしてこの地、しかも2ケ所に分散して入植させたのかは良くわからないのですが、外国人管理であるとか、開墾事業の都合などでしょうか。

続きを読む "外国人入植地 (古代の話)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

全国商店街振興組合連合会(略称:全振連)

 ふじみ野駅周辺の商業集積の状況なのですが、一般的に良く知られている傾向だと思うのですが、進出して来るのは大手チェーンの支店ばかりで「地元密着」や「個性」が薄い(いつ事業撤退されてしまうか不明)、地元密着型の所で進出可能なのは不動産、美容院といった特定業種ばかりといった不思議な状況だと思います。大手チェーンであれば、ふじみ野駅周辺での営業成績が悪くても、企業全体として吸収可能でしょうし、不動産とかであれば当地ではまだ需要が有る事がはっきりとしているので立地しているという状況だと思われます。ただし、不動産の場合には当地において「開発適地」が枯渇した場合には、彼らは次第に撤退して行くであろうというのが私の読みです。

 中心市街地活性化の観点から書かれた資料は多いのですが、当地のように「元から商店街が形成されない、不足業種が多い、組織化もされない、出店してもすぐにつぶれる」といった状況の場合の資料は、なかなか良い資料が無いです。まして破綻した外国REIT配下の「リズム」のようなケースは、前例を発見する事すら困難だと思います。前例主義の所では対応は不可能で、まちづくり の全く新たな時代を刻みつつあるという印象です。

 こんな状況で当地で参考になるか不明なのですが、「全国商店街振興組合連合会」のページを紹介しておきます。ここをきっかけとして、色々な情報に当たれるものと考えています。

 http://www.syoutengai.or.jp/

続きを読む "全国商店街振興組合連合会(略称:全振連)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Windows XP へのアップデート (自宅のデスクトップPC) (その6)

 ドライバやDLLファイルの入れ替えも含めて、ある程度の手間がかかりましたが、現時点では一応安定したように思います。本来であれば、OSの種類の入れ替えは「準備作業」が大変で、ハードウェア、アプリケーション、ドライバー、システムファイルの互換性など、もっと慎重に確認しないといけないと思うのですが、今回はやや省略したきらいがあり、「後処理」が多くなってしまいました。

 他の作業にも応用可能だと思うのですが、何かの参考にしていただけますと幸いです。

 【追伸】

 今回のOSバージョンアップと関係が有るのか不明ですが、ソニーの「パソリ RC-S310/ED3」(Suica等のFelicaカードに使うICカードリーダライタ)で、一部のカードを読めないという不都合が出たので、メーカーさんと原因確認中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「サブカルチャー」のお店

 リンクを張らせていただきましたMAC様のブログを拝読しましたが、鉄ネタ、ミリタリーネタなど、かなりディープな世界を探求しておられるようで感心しました。もっとも鉄ネタはかなりメジャー化し、女性の「鉄子さん」もかなり参入しているという状況で、もうサブカルチャーとは言えないかも知れないです。

 「リズム」再生プランの一部として「サブカルチャー」のお店というのは駄目なのかな?と考えています。私の場合「中野ブロードウェイ」の事例を知っておりますが、ここまでは行かなくても、参考とすべき方向性であるように思います。

 中野ブロードウェイ
 http://www.nbw.jp/

 かなり個人的嗜好が入っていますが、「リズム」再生用の業種の中で今まで考えた案を少しまとめておきます。「アウトレットモール」とは、もう全く異なりますが、この程度の大手術をして再生を目指すというプランです。

 ライブハウス
 音楽スタジオ(練習用を含む)
 ダンススタジオ(練習用を含む)
 スポーツバー、スポーツカフェ(浦和レッズとの関連性などは重要かも)
 カラオケ(飲食機能もあればベター)
 複合カフェ(インターネットカフェ、まんが喫茶の類)
 イベントスペース
 サブカルチャーのお店(鉄ネタ、アニメ、ミリタリ、特殊雑貨、その他)
 在日外国人向け生活支援施設
 ビジネス・インキュベーション施設(レンタルオフィス等)
 
 ただし、どれもあまり売上高が上がりそうな業種ではないようにも見えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月12日 (日)

ラジオぽてと(NHK朝ドラ) (その2)

 先週のNHK朝ドラ「つばさ」のストリーの中で、いわゆる小さな「街ネタ」を集めるという事が取り上げられていました。この事はコミュニティFMのみならず、CATV(ケーブルテレビ)や、私が開設しているような「地域系ブログ」等でも重要な事だろうと思っています。共通の話題から、地域内での人と人のつながりが発生するからです。

 ふじみ野での「街ネタ」というのは最近では難しく、例えば「お店紹介」の記事などをもっと書きたいのですが、なかなか新規開店が無い上に閉店ばかりという訳で、元気が出ないです。ふじみ野も世界的な経済不況の影響を受けてしまっていると思うのですが、経済・政治ネタばかりでは疲れてしまいますから、もう少しライトな「街ネタ」を探したいと思っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぶるぅ☆べりぃ

 ふじみ野付近で活動しているインディーズのデュオで「ぶるぅ☆べりぃ」というグループが有るのですが、ご存知でしょうか。下記に、ファン・活動記録のページが存在しているようです。

http://48.xmbs.jp/blueberry/
http://tag.rakuten.co.jp/tag/blog/%A4%D6%A4%EB%A4%A5%A1%F9%A4%D9%A4%EA%A4%A3

 CATVの「J:COM東上」、コミュニティFMの「すまいるFM」の番組などにも、時々出演していると思うのですが。本日(2009年7月12日)は、あの「リズム」においてライブ演奏をやるようにも見聞しています。

http://48.xmbs.jp/blueberry-254-s_res.php?d=20090712&page=s&guid=on

 そのうちにメジャー化する可能性がゼロではありませんので、一応ですが注目をしています。こういった事を考慮しますと、あの「リズム」の一部を恒久的な「ライブハウス」に改装する事を考えうると思うのです。屋内会場にしますと、荒天時でも大丈夫ですしね。2Fなど、もうガラガラな訳ですから、可能性は有ると思っております。

 各種のストリートパフォーマンスの練習場として「リズム」を開放する事も有望なのではないでしょうか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

新河岸川流域川づくり連絡会

 これは以前から気になっている団体・活動なので、紹介致します。

 http://www.ara.go.jp/arage/shingashi/index.html

 天然の「河川」というのは、都道府県や市町村の境界線を一切無視して、自然の法則で自由に流れる物なのですから、行政区分を超えた流域全体での取り組みというのは極めて重要だと私は思います。例えば、上流での都市化が進展すれば下流の河川において流量が増加し治水対策の内容を変更しないといけない、流域下水道や大規模遊水池の整備、地球温暖化に伴い大雨が「凶暴化」する傾向が有るので対策基準の変更であるとか、実に色々な課題が有るだろうと思います。ふじみ野駅付近は、流域全体の中ではかなり「下流」の方に該当する訳ですから、治水対策は油断をしてはいけないと私は思っています。

 川の合流点にある、排水機場や堰の役割、処理能力も気になっています。大きな河川の側からの逆流も防止しないといけませんし。

 震災も水害も私にとりましては関心のあるテーマで(防災対策)、あえて取り上げました。普段はあまり意識しないと思うのですが、手抜きすると大変な事になると思います。私の出身地の神戸市で、何度も実証済みだと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

少子高齢化

 ふじみ野は現時点では「ニュータウン」だと考えられており、少子高齢化と言いましてもピンと来ないかも知れません。しかし数10年後には必ず問題になる事だと思いますので、凄く気の早い話かも知れないのですが、取り上げてみます。

 まず「少子化」の基本的な事ですが、参議院の公式サイトからこんな文書を拾ってきました。

http://www.sangiin.go.jp/japanese/annai/chousa/rippou_chousa/backnumber/pdf/20061227057.pdf

 既に知られている事が多いと思うのですが、何が結婚や子育ての支障になっているか、ある程度見えていると思います。日本では「嫡出でない子」が少ないという事が少子化にも関係しているのだと、初めて知りました。日本では「嫡出でない子」に対して社会的な不利益が色々とあって、少子化に拍車がかかる方向に作用するのでしょうね。

 最近ですと、若者の「収入の額」といった事も、かなり影響するだろうと思います。

 昔のように家族総出の農作業になるので、子供も含めて少しでも多くの「人手」が必要であったり、子供の衣食住や教育に費用がかからないので、数多くの子供を持つ事が可能であった時代とは全く異なるようですね。現代社会は核家族であって自分の親に孫の面倒を見てもらうのに支障があったりとか、近所同士で他人の子供の面倒を見るといった習慣もあまり無いようなので(おまけに保育所の「待機」が減らないまま)、子育て環境が全般的に悪化してしまっていると思います。社会全体の事なので、これはそう簡単には直らない問題でしょうね。

続きを読む "少子高齢化"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月11日 (土)

アウトレットモールの勢い

 最近、阿見のプレミアム・アウトレットで検索をかけて当ブログに到達する方が多いようです。ここの話なのですが、かなり注目を集めているのですね。

 朝日新聞で下記のように記事化されていたのですが、やはり三井アウトレットパークとプレミアム・アウトレットの「2強」の話が書かれていました。

http://www.asahi.com/business/update/0710/TKY200907090448.html

 アウトレットモール・リズムは、どうしても浮上できなくて難儀しているように見えるのですが。本来はアウトレットモールに対しては追い風になっている経済状況なので、リズムの現状は やはり残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

首都圏外郭放水路

 埼玉県内の東西格差の問題とも関連すると思うのですが、埼玉県東部ではこんな施設も整備済みな訳です。東京23区を守るためにも必要な施設ですね。「地下神殿」などとも呼ばれており、マスコミの取材もしばしば受けているようです。この地下構造物は地下鉄のトンネルよりも大きく、世界的に見ましても大きな物だと思います。

http://www.ktr.mlit.go.jp/edogawa/project/g-cans/frame_index.html

 地上にも、「越谷レイクタウン」のような大型の調整池があって、埼玉県東部では洪水対策が進展していると思います。

 ふじみ野付近でも、荒川水系からの脅威が存在しているのですから(洪水ハザードマップを観察すれば明白なのですが)、これに匹敵する施設が当地にもあってしかるべきと思うのです。しかし、何故か整備されていないですね。当地の都市化が進展して洪水が発生するようになってからでは遅いのですが、こういった現状には私は首をかしげております。

 地下に有る施設なので、普段は意識しない物だと思うのですが、都市化する時にはこういった物も必要だろうと思います。洪水が発生すれば、地下鉄、地下街、地下室、地下道路などが多い「東京23区」にも影響するのですが。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年7月10日 (金)

安いお買い物

 FC2投票の途中経過なのですが、「100円ショップ」がじわじわと上昇して来て、現在2位の位置にあります。一方、「成城石井」のようなプレミアムスーパーは、振るわないように思います。(まだまだサンプル数が少ないですが。)

 景気が悪い時代でもありますし、現時点では「高級品」よりも、少しでも安いお買い物に対する関心が深いのだろうか?と思いました。カルチュアスクールのような文化的な物の希望は、殆ど無いようですね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年7月 9日 (木)

Windows XP へのアップデート (自宅のデスクトップPC) (その5)

 後処理の続きです。

 ELSA Synergy 2000 のドライバですが、ドライバ・コンポーネント・ミスマッチの真っ黒画面が出る症状が発生したため、ドライバの再インストールを行いました。今回は、システムファイルを入れ替えるか?の質問の所で、全て「はい」を選択しました。DLLファイルの互換性問題だと思われるのですが、時たま遭遇する厄介な問題の一つだと思います。

 また、これで様子を見る事にします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あみプレミアム・アウトレット (茨城県・阿見) その他 (その3)

 同社の公式ホームページをあらためて確認したのですが、英語、中国語、ハングル等を含んだ「多言語対応」のページになっているのですね。以前に見た「中野ブロードウェイ」のケースもそうだったのですが、日本国内のみならず「海外からも集客する」という戦略を積極的に立てていると思われます。あと外資が入っている訳なので、当然の対応でしょうか。(REITのような物ではなくて、実質的な経営に参加しているというスタイル。)

http://www.premiumoutlets.co.jp/
http://www.premiumoutlets.co.jp/world-wide/index.php

 モール周辺の名所、観光地もあわせて公式ページで紹介するという点も、手抜かりが無いと思います。

 外国人専用の割引クーポンも準備していますから、かなり徹底していますね。

http://www.premiumoutlets.co.jp/voucher/pdf/en_voucher.pdf

 ふじみ野の場合ですが、このような国際対応についての配慮は殆ど無く、狭い商圏だけを対象にしているように見えますので発展性が無いのでしょうか。ビジット・ジャパン・キャンペーンの話を、ふじみ野では見た経験が無いです。国際空港や国際港湾から遠いというのも、国際対応という点では不利になってしまうでしょうか。もっとも「インターネット」を利用するビジネスであれば、地理的な位置はあまり関係が無いのですが。

http://www.jnto.go.jp/vjc/
http://www.jnto.go.jp/

 例の「ミシュランガイド」に「ふじみ野」の名前が何時の日にか出てくる事を願っていますが、願っているだけでは進展は無いので、何か具体策を考えないと駄目なのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スターバックス

 FC2投票に顔を出している「スターバックス」の近況について、少し調べてみました。まず、IRサイトでこんな情報を発見しました。

http://www.starbucks.co.jp/file/library200905_06031015.pdf
http://www.starbucks.co.jp/

 これを見る限りでは既存店では前年割れの厳しい状況になっていますが、新規出店が現在も続いていて、その分を加算しますと辛うじて前年比増の売上を記録していると思います。これから類推するに、新規出店を中止した訳ではありませんので、当地「ふじみ野」にスタバが出店する可能性も高まってきていると私は感じました。

 ただ、あまりにも多数のお店ができますと「石を投げればスタバに当たる」ような状態になり、スタバの「プレミアム感」が薄れると思います。成城石井などと、同じような課題でしょうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月 8日 (水)

地デジ説明会 (その4)

 東京の中野区で見た光景ですが、こんなポスターが掲示されていました。とにかく説明会には来て下さい、という呼びかけだと思います。

 こんな点から見ますと、当地(ふじみ野)の地デジ対策は、まだあまり進んでいないのだろうと思います。実際のところ、皆様は既に地デジでテレビをご覧になっているのでしょうか?

Sa350376

| | コメント (0) | トラックバック (0)

農地法等の一部を改正する法律案 (その3)

 この件ですが、あまり注意を払っていなかったのですが、既に法律が成立して公布されているのですね。

http://www.shugiin.go.jp/itdb_gian.nsf/html/gian/keika/1DA5546.htm

 当地にはまだまだ農地が多いので、まちづくりに微妙に影響すると推察しています。「借地」という形で農地を利用する道が広く開かれるようなのですが、50年間といった長期契約も可能そうですね。例の富士見市のシティゾーン開発には影響するでしょうか。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年7月 7日 (火)

成城石井

 「FC2投票」に少しだけ顔を出している「成城石井」の話を、書きたいと思います。まず、公式ページが下記にありますね。

 http://www.seijoishii.co.jp/

 ここは東京の成城で創業し、現在は横浜に本社の有る欧米食品も多数扱う高品質スーパーであって、神戸出身である私の感性とも合致するので、私にとりましても出店して欲しいお店の一つです。リズムの地下スーパーに「成城石井セレクション」という形で短期間売り場を出した時期がありましたが、今から考えますとこれが同社のテストマーケティングであったのであろうと思います。結局ですが、同社は本格的な店舗は「ふじみ野」ではなくて「川越」に出したというのが実態であろうと思います。お金持ちが多いと思われる大都市中心の出店をしているため、同社の採算は比較的良かった訳ですね。

 私の知っている範囲では、同社の現在の親会社は経営が悪化した「レックスHD」だと思います。先日、「魚角」の店舗を廃止・解体してしまった例の持ち株会社なのですが。ここなのですが、「成城石井」をどこか他社に売却する事を考えているらしく、私はその動向に注目をしています。

http://www.47news.jp/CN/200903/CN2009030901000824.html

 当地との関連では、既存の「東武ストア・丸紅」との関連性が気になったりするのですが、現実はどのように進むでしょうか。

 「ふじみ野」の街としての感性がどうであるのか良くわからないのですが、当地は元々は農業地帯であったという事もあり「欧米的な事」「先進的な事」には弱いのでしょうか? このあたりの実態は、まだ私には100%は理解できていません。神戸や横浜とはかなり異なる、という事だけは理解できますが。

 それから高品質スーパーの一般的傾向として、「出店する場所、店舗数を絞る事により、高級なイメージや希少性を維持する。」といった事があるため、現状の「ふじみ野」に出店してもらえるかどうかは、私には良くわかりませんでした。明治屋とかも、同じような傾向のお店でしょうね。売上高の追求(多店舗化)とは両立しない課題なので、私には尚更わからない訳です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 6日 (月)

地デジ説明会 (その3)

 ふじみ野市の公式サイトも確認しましたが、この程度の説明しか掲載されていないです。

http://www.city.fujimino.saitama.jp/life/environmen/tijoudigital.html

 中野区(東京)の説明と比較をしますと非常に簡単な説明で、これでは自分の家の事情に当てはめてみて、具体的に何をすれば良いのか理解できない人が多いだろうと思います。現実の世界では、集合住宅や共同受信施設(都市型ケーブルテレビ以外)では、対応にかなり手間取ると思うのですが。

 官公庁関係の説明では、何故か「NTTの光回線に加入する。」という方法は、あまり紹介されていないと思います。仕組みが複雑であったり、料金総額が高くなる為でしょうか。NTTの物には「RF方式」と「IPTV方式」のサービスが存在するのですが、この2種類の違いが正確に理解されているかも良くわからないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Windows XP へのアップデート (自宅のデスクトップPC) (その4)

 引き続き、後処理の話です。

 ディスプレイアダプタ (ELSA Synergy 2000, AGP Card) のドライバ導入に失敗したままで、NVDIAの汎用ドライバを使っていたのですが、正規のドライバに入れ替えるべくエルザジャパンのサポートに問い合わせをしました。その結果なのですが、同社のサポートページから Windows2000/XPの中の一番古いドライバ「40.72」を導入するように回答が来たので、入れ替えてみました。セットアップ中にシステムファイルを古い物に入れ替えるのか?という警告が出たのですが、ここは「いいえ」を選択してシステムファイルは新しい物を使い続ける事にしました。

 今のところ問題無く動作しているようなので、これで様子を見ます。

 なおOEMメーカーの正規デバイスドライバを使いませんと、デバイスマネージャで表示されるハードの名称も正規の物にはならないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「道路台帳」の整備について

 ふじみ野市・大井総合支所の都市政策部・道路課から「道路台帳整備に伴う測量」という趣旨のビラが投函されていたのですが、測量であれば土地区画整理事業の時に既に何度も行っている筈なので、あらためて市役所に測量の趣旨について質問しました。

 その結果ですが、土地区画整理地域の中では既に換地処分が終わっていて公図も存在しているが、道路台帳整備のためにあらためて測量をさせて欲しいという話でした。ビラにはあまり明確には書かれていなかったのですが、道路(公道)と民地との間の境界線を確定するために、確認書のような物にも署名・捺印をしないといけないらしいです。いささか面倒そうな物ですが、協力をしないと仕方が無いでしょうね。

 なお測量の実務は、地元の「株式会社埼玉中央」が行うようです。土地区画整理事業の時から、ずっと担当してきている会社だと思います。あと歩行者専用道路など、公道なのに今回測量しない箇所がいくつか有るようなのですが、除かれている理由は良くわかりませんでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「リズム」について行政からの回答

 「リズム」に関連して、以前から行政(ふじみ野市役所)に対して対応を質問してあるのですが、以前よりも前向きな回答が来るようになりました。ようやく、前進する方向で動き出したという印象です。

 当地の商業振興というのは、まさに火急の課題だと私は考えているのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地デジ説明会 (その2)

 中野区(東京)の区報に地デジ関係の説明が出ていますので、参考事例として紹介します。下記のうち、2~5ページまでの全4ページを使って、かなり詳細に説明されていると思います。

 http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/003/d00500150.html
 http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/

 ふじみ野付近の地方公共団体でも、せめてこの程度の説明はしませんと、色々な不都合が発生するだろうと思います。デジサポの説明資料(基本的には全国共通内容の資料)よりは、地元の地方公共団体の方が より地元の実情にあった(かつ中立的な)説明資料を作成・配布可能だろうと思います。家電店で配布されている資料なども、中立的な立場で書かれているかどうか、良くわからないです。

 「地デジ詐欺事件」といった事が発生している事例も有るようなのですが、当地では「リフォーム詐欺事件」といった騒ぎが以前にありましたし、また「ならず者」が類似の事をやらないかは、要注意になっていると思います。当地では地デジのUHF電波が比較的強いですし、CATVも全面的に普及している地域なのですから、正しい知識で対応すれば簡単な筈ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Business Spectator の記事

 オーストラリアの記事なのですが、生き残りをかけた戦いは、まだ続いているのですね。遠く離れた海の向こうの話で、地元住民は指をくわえて見守るしか無いと思うのですが、それにしても困った状況だと思います。

http://www.businessspectator.com.au/bs.nsf/Article/Allco-domino-threatens-trusts-pd20090702-TJPHD?OpenDocument

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あみプレミアム・アウトレット (茨城県・阿見) その他 (その2)

 ここですが、2009年7月8日に招待客向けのプレセールが予定されているのですが、旅行会社とタイアップしたツアーまで企画されているのですね。

 http://www.premiumoutlets.co.jp/ami/access/presale.php

 こうやって高速道路を使って広域から集客する実例を見ますと、「リズム」のような所がどのようにして対抗しないといけないかは明白だと思います。私の考えでは、やはりアウトレットモールというビジネス形態を放棄して地元に特化したショピングモールとして再生する、思い切って交通の便が良く規模拡大が可能な場所に施設全体を移転する、さもなくば廃業して完全に土地の用途変更になってしまうと思うのです。第三者的に厳しく考えますとこうなり、現状のままでは展望が見えないと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Windows XP へのアップデート (自宅のデスクトップPC) (その3)

 OSアップデートの後処理の話です。

 Microsoft Update で確認したところ、重要なアップデートとして Microsoft .Net Framework 3.5 SP1 と、IE8 の2つがダウンロード可能になっていました。IE8はまだ必要性を感じないのでパスする事にして(現在のバージョンはIE6) .Net Framework だけバージョンアップする事にしました。これを導入しますとDLLが概ね最新版になり、アプリケーション互換性やOSの動作速度などが改善される例が過去経験では多かったです。

 .Net Frameworkのバージョンアップは非常に時間がかかり、私のPCの場合には1時間以上かかりましたので、この作業も時間の余裕のある時に行うのがおすすめです。

 あと悪乗りしてデバイスドライバのバージョンアップ(ディスプレイアダプタ、AC97オーディオ、ネットワークアダプタ)も試したのですが、これらはうまく行かずドライバのロールバックを実施しました。ドライバのロールバックはデバイスマネージャーから簡単に実施できますので、万一の場合でも安心です。Microsoft Update から入手したドライバでは、ディスプレイアダプタは最低解像度・最低色数しか使えない症状となり、AC97オーディオはデバイスマネージャでビックリマークが出てきて、音が全く出ない症状になってしまいました。

 ネットワークアダプタのドライバは、メーカー(インテル社)のサイトの方に最新版があったので、それを適用しました。私の場合には、Intel Pro 用の Generic Driver V14を導入しました。さらにネットワーク性能改善用のレジストリの調整も行い(SG TCP Optimizerを利用)、これで様子を見る事にします。(現在、J:COM東上のCATV回線は混雑しているようで、調整してもあまり速度が出ないようです。なおレジストリの調整は、「自己責任」で行う範疇の作業です。)

 SpeedGuide.net
 http://www.speedguide.net/
 SG TCP Optimizer
 http://www.speedguide.net/downloads.php

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 5日 (日)

富士見川越有料道路 (その6)

 富士見川越有料道路ですが、主要交差点で交通量調査が実施されているのを見かけました。おそらく、無料化による影響を探るために、事前・事後の交通量調査を実施するのだと思います。

 ただし、休日ですと例の「高速道路1,000円」の影響が出ているようで、この施策実施前よりも休日の交通量は減少しているように思います(長距離ドライブに出かける人が増えたため。)。そのために、正確な交通量評価が可能なのか、私は少し懸念をしています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

Pasar三芳 (パサールみよし)

 ふじみ野駅東口の商業ビルの事がやたらと注目を集め、こちらの事は殆ど話題にならないようなのですが、一応紹介を致します。(自動車限定の話なので、話題的に駄目なのでしょうか。)

http://www.e-nexco.co.jp/pressroom/press_release/head_office/h21/0326b/

 関越自動車道の三芳PAと言えば終点の練馬に最も近いPAであり、かなりの利用が有りますね。ここに設置する商業施設というのは、戦略的に重要な事だろうと思います。ふじみ野在住者でも、スマートICという物がありますから利用可能だと思っております。

 現在の規模の4倍程度になるようなので、相当な勢いだと思います。売り上げアップで、三芳町の税収にも寄与する事でしょうね。一般道路側からも利用できる構造になれば、さらに良いと思います。

 「リズム」のライバルであるという見方も可能だと思います。「リズム」の場合には、関越自動車道や富士見川越有料道路からの交通アクセス対策をもう少し何とかしませんと、難しいであろうと私は思っています。広域幹線道路から離れた場所ですから、それらの整備には多額の費用がかかると思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

大都市交通センサス

 首都圏在住者が、毎日どこを目指して移動しているかを概観するには、やはり「大都市交通センサス」の報告書が役立つと思います。もちろん「道路交通」という物もありますが、過密な首都圏では「鉄道輸送」がかなりの比重を占めますので、まず「大都市交通センサス」を見るという訳です。下記に最新(第10回)の報告書が掲載されています。

http://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/kotu_census10/daitosikoutuusennsasu.html

 結果は詳細に見なくてもおおまかな予測がつくと思うのですが、多くの人は依然として「東京23区」に向かっていると思います。ふじみ野は単なる通過点、もしくはベッドタウンであって、多くの人にとりましては最終目的地ではないという訳です。

 国の方針で建設された「さいたま新都心」ですらまだ十分なパワーを発揮できておらず、多くの人は現在でも東京23区を目指していると思います。最近では世界的な不況を背景として民間企業の事業所が東京23区などに集約される傾向があり、「さいたま新都心」の立場というのはなかなか微妙な点が有ると私は思っています。まして、ふじみ野の立場というのは眼にも止まらないというのが実態なのであろうと思います。客観的に考えますと「ふじみ野と さいたま新都心の直結ルート」というのは交通需要が存在しないと思うのですが、あえて建設するのであれば「交通需要創設型」という戦略的・政策的な位置づけになるのだろうと思います。そういった事は、過去データをいくら見ても読み取る事ができず、まさに未来の企画、予測問題、街の設計という事になっていると思います。

 個人的には、将来も東京23区に向かう放射状の流れだけで良いのか?環状方向の移動をどう考えるのか?といった点が気になりますが。埼玉県の県庁所在地である「さいたま市」の立場も微妙だと思っております。

 JR武蔵野線の場合には、従来は「新三郷駅」付近の乗客数が最も少なくて空いていたのですが、つくばエクスプレスの開業、新三郷駅付近の都市開発などにより、今後数年間ですっかり様子が変化してしまうであろうと私は予測しています。中間駅の開設も、数多く予定されているようですし。

 将来の交通流動調査なのですが、昨今ではSuicaやPASMOの機能を使えそうなので、リアルタイム調査すら可能になるかも知れませんね。曜日別、時間帯別など、細かい分析も可能になりそうです。自動車の場合には「ETC車載器」などを利用できそうです。まさにIT社会です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

首都圏の将来人口動向?

 首都圏の将来人口がどうなるかは、当地における各種の社会経済活動にも大きく影響する筈なので、少し考えています。大別して、2つの考え方が有ると思うのですが。

(1)首都圏も少子高齢化の大波に見舞われて、次第に人口が減少して行く。
(2)地方経済の疲弊や首都圏のさらなる魅力向上を背景として、今後も人口が増加して行く。

 特に(2)なのですが、日本国政府の政策運営も大きく関わっていると思います。世界的な不況ににもかかわらず地方経済の振興に関して無策であると、日本では「東京一極集中」の傾向が顕著ですから、首都圏のパワーが相対的にどんどん増加するという理屈です。それから、少子高齢化や若年労働人口の減少を背景として、日本における「外国人就労」であるとか「移民」に関する政策がどうなるかも鍵を握っていると思います。このあたりの規制が緩和されますと、特にアジアの近隣諸国からの人口流入が増加し、それのかなりの部分が首都圏を目指すであろうと私は予測しました。実態としましては、外国人労働者の数は、既にかなり増えていると私は思います。

 人口が増加すれば、交通網や住宅、学校、福祉、上下水道、ゴミ処理、外国人対応など各種の社会インフラも必要となるため、行政の各種の基本計画にも多大な影響をもたらすであろうと思います。そのような時に迅速なインフラ拡充、政策の充実を達成した地方公共団体が、首都圏の中における「勝者」になるだろうと思います。東武東上線の複々線区間の延伸とかも、再検討されるようになるのかも知れないです。日本のエコ技術は、そのような人口増加があってもCO2排出を増やさないという方向で貢献するでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふじみ野付近から荒川を渡る。

 ふじみ野付近からさいたま市方向に渡る直結ルート、すなわち「橋の建設」なのですが、どうして難しいのか自然条件の観点から考えてみました。

 地図を眺めて気がついた事は、この付近では西から順に「新河岸川」「びん沼川」「荒川」と3つの流路があり、河川区域が延々と広がっていると思います。このような自然条件ですと橋梁の建設工事は大規模になり、技術面や費用面で簡単ではないであろうと思いました。すなわち、新河岸川、びん沼川、荒川の3つを一気に渡る、巨大な高架橋や橋梁が必要になるだろう、という訳です。地盤が悪そうで、基礎工事が大変だろうと思います。

 巨額になると思われる事業費を、どのようにして捻出すれば良いでしょうか。今のところ、私にはまだ名案が無いです。またこの付近の都市開発行為は、河川法や農地法などによる制限事項に注意が必要であろうと思います。

 あと参考ですが、びん沼川の事が簡単にわかるサイトを以下に紹介します。現在は、「釣りの名所」になっているようですね。

http://www.geocities.co.jp/Outdoors-River/2519/bottle/bin.htm

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年7月 4日 (土)

スマートロッカー

 以前に記事の中で少しだけ触れた「スマートロッカー」の事ですが、ふじみ野駅にも設置されたようです。ウェブスペース社に業務委託をして実現しているようですね。

 http://www.smartlifeclub.com/
 http://www.web-space.co.jp/

 これは色々な使い道を考えうると思うのですが、運営会社からもっと色々な提案が出てこないかな?と考えています。たとえば「通常型ロッカーとの共用化」などが可能だと思うのですが、通常の鉄カギを使うコインロッカーは駅構内の別の場所に併設されたままでした。狭い駅構内では設置場所が勿体無いですし、個人的には共用化を進めた方が良いだろうと思っています。

 以下は、見たままの写真です。

Sa350369 Sa350372 Sa350374

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Echika池袋の第2期工事、その他

 ふじみ野在住・東上線利用者であれば、多くの方が利用するであろう池袋の話です。

 東京メトロの「Echika池袋」が色々なメディアにより報道されて、かなり話題になっていると思います。ここなのですが、かつての「新線池袋駅」の構内に該当する場所で、新線池袋駅と言えば「都会の中のローカル線」といった風情で人影もまばらでしたから、副都心線開業後の変貌ぶりには驚くばかりです。(駅名は「池袋」に変更。)

 Echika池袋の開発にはまだ続編があり、有楽町線池袋駅の構内も商店街として再開発される訳です。再開発とは言え、実質的には「地下街の新設」に近い開発行為になる訳ですね。地下街の開発というのは、近年あまり無かったと思います。

 このEchika池袋に接続する構造で「池袋12番街区ビル(仮称)」というのも新築中のようで、これはメトロポリタンプラザの真ん前なので、かなり目立つ商業ビルになると思います。これも東京メトロ関連ビルで、民営化した同社の関連事業は着々と進行中かと思います。

続きを読む "Echika池袋の第2期工事、その他"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 3日 (金)

「ふじみ野成長記」さんの状況について

 最近でも、検索キーワード「ふじみ野成長記」などで当ブログに到達する方が結構おられるようなので、状況をあらためて説明致します。

 「ふじみ野成長記」さんは、去る2009年4月12日に掲示板上で「閉鎖」の発表をされ、2009年のゴールデンウイークの頃にサイト閉鎖済みとなっております。私の下手な説明よりも「FCF」のサイトに的確に説明されていますので、下記にリンクを掲載します。

 http://fujimic.at.infoseek.co.jp/fcf/f094.htm#f09414

 私の方は、以前は「ふじみ野成長記」さんの掲示板の常連だったのですが、上記のような「閉鎖」の案内を受けて、このブログ等を新たに開設したという関係にあります。今まで私の長文投稿が多かったといった事もあり、「自分のブログを開設した方が良い。」と複数の方からすすめられていたのですが、上記をきっかけとして開設する事に致しました。

 「ふじみ野成長記」さんの過去の掲示板の内容等をどうしても検索したい場合には、インターネット上の「ウェブ魚拓」「インターネットアーカイブ」「グーグルのキャッシュ」などでお調べいただく事になるかと思います。

 「ふじみ野成長記」さんのサイトアクセス数(カウンター)の値は最終的には84万を超えており、ふじみ野関連ではかなりメジャーなサイトであったと私は思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イエローハットふじみ野店

 川越街道に存在する「元:オートテック」のお店ですが、7月10日に「イエーローハット」として再開する事が決定済みのようです。東洋経済オンラインのサイトに、プレスリリースが掲載されておりました。

http://www.toyokeizai.net/dwnl/th/20090703/140120090703045514.pdf/
http://www.toyokeizai.net/

 お店の経営形態なのですが、株式会社イエローハットによる直営ではなくて、フランチャイズ方式のようですね。知りませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パレートの法則

 「ロングテール」の話を出しましたので、「パレートの法則」についても少し触れたいと思います。私の下手な説明よりも、下記からの引用が良いようですね。他にも、ネットで検索しますと沢山出てくると思います。

 http://www.mitsue.co.jp/case/glossary/m_016.html

 個人的な感覚ですと、ネット通販やVODのような物が普及した現代社会・未来社会では、少し傾向が異なるだろうと思っています(ロングテールの有効性)。しかし、開設するには多額の費用がかかる「リアル店舗」の場合には、「パレートの法則」は依然として有効だろうと思っています。そう考えますと、ふじみ野駅周辺で「不動産」「美容院」「学習塾」などの店舗が眼につくのは、理由を良く理解できると思います。それらしか無いのはいささか寂しいのですが、マーケティングの理論通りに物事が動いているという事のようですね。

 「ロングテール」に該当する業種の場合には、リアル店舗の来店者数、売上高を期待できない訳ですから運営コストを下げる必要があり(縮小均衡)、駅から離れた地価の安い場所、居抜き物件などで内装のコストがかからない物件などを狙って開業する事になるのだろうと思います。ふじみ野駅周辺では商業用物件がまだまだ少ないので、中古物件も無いという訳で、ふじみ野駅周辺地域での商店経営は難しいのでしょうね。東口駅ビルへの移転を希望するテナントが有るでしょうから、移転したテナントが抜けた後の中古物件の活用もポイントだろうと、私は予測をしています。それでも駄目であれば、あとはネット通販しか無いと思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

選挙

 いよいよ「衆議院の解散総選挙」が有ると言われるようになってから久しく、昨年からずっと、実質的には選挙戦のような感じになっていると思います。駅頭で演説をしている方の数が、だんだん増えているように思えますが。

 東京都内では「東京都議会議員選挙」も有るという訳で、かなりそれらしい雰囲気になったと思います。

 いつも気になるのですが、ふじみ野駅周辺の土地区画整理地域内では、どうしても選挙の投票率が上がらないように思います。富士見市の南畑地域などと比較をしますと、はっきりとした差が有ると思います。選挙に行くのは最低限の「まちづくり」への参加だと思うのですが、このあたりはもう少し何とかならない物だろうか?と思っております。町会活動などでも、何となくですが新しい住民は浮いた存在になってしまっているようなのですが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ロングテールの需要

 FC2投票の結果を引き続き見ているのですが、傾向は変化が無いように思います。いわゆる「ロングテール」の需要に該当する部分ですが、当地ではリアル店舗での立地が困難でネット通販などの手段になるか、東京23区内などの大消費地に行かないと無理なのだろうと私は思っています。

 以前ですと「証券会社の支店」なども私は希望をしていたのですが、これはもう「ネット証券」の口座で間に合うようになって久しいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 2日 (木)

お店の繁栄と駐車場整備との関係?

 単なる見た目の印象ではあるのですが、当地における商売の盛衰は「お店における駐車場整備」の状況と密接に関係していないでしょうか?

 一例を上げますと、マンションに併設された店舗物件である「アクエスふじみ野パークサイドヴィスタ」の場合なのですが、ここはマンションの住民用駐車場が多く設置されており、来店者用の駐車スペースがあまり無いと思います。本来は「商業地として計画された土地」なのに、どうしてこのような整備状況になったのか不思議なのですが。現在は不動産会社が自社利用しているのと、保険会社が入居しているだけで、これらは多数の駐車スペースを必要としない業種だと思っております。

 ロードサイド型店舗で、広大な駐車場がお店のまん前に有るのに慣れている「マイカー族」を多数誘致するには、このような駐車場整備状況であってはいけないと私は思っています。地価が高いと、駐車場を設置しにくいという問題にもならないでしょうか。上記箇所の場合には、公園来園者向けの駐車場が近くに無いというのもマイナスポイントだと思われます。すぐ近くに東入間警察署がありますから、さすがにここで路上駐車をするのは度胸が要ると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Windows XP へのアップデート (自宅のデスクトップPC) (その2)

 急にシステムの動作が遅くなったのでタスクマネージャで調べたところ、dumprep.exe が起動しているのを発見しました。これはOSが不具合を発見した時に、メモリダンプ取得やMSへの報告などを自動的に実行するプログラムのようですね。

 MSの公式サイトでは、ダンプやレポート動作を停止する方法が掲載されているようなのですが、本来は dumprep.exe が起動するエラーの原因を除去しないといけないと思います。(下記は機械翻訳された日本語なので、読みづらいです。)

 http://support.microsoft.com/kb/899870/ja

 レジストリの一部破損をまず疑う事とし、常用しているレジストリツールである RegistryBooster 2 をかけてエラー修正を試みる事としました。これで様子を見ます。ハード障害など、他の厄介な問題が無ければ良いが、と考えています。なお RegistryBooster 2 は、今の所は私のPCに対して別の問題を発生させた事は無いです。(比較的信用のおけるツールだと私は考えています。有料ソフトです。現在の最新版は、2009版になっているようです。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2万アクセスを達成

 当ブログの右上にアクセスカウンターを設置してあるのですが、2009年7月2日現在で2万アクセスを超えております。いつもご利用いただき、ありがとうございます。

 1日平均で、およそ270回のアクセスを頂戴した事になるかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年7月 1日 (水)

ブログのサーバー障害について

 ニフティ社の案内にも出ていると思いますが、2009年6月30日の午後にサーバーの調子がおかしくなり、ブログの表示内容がおかしくなったり、全く接続できない現象が発生していました。携帯サイトでも、障害が発生しておりました。

 http://info.cocolog-nifty.com/info/2009/06/post-3e3b.html

 私の方では、これといった手を打つ事が出来ない状況だったのですが、ご了承をお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »