« Windows XP へのアップデート (自宅のデスクトップPC) (その5) | トップページ | 首都圏外郭放水路 »

2009年7月10日 (金)

安いお買い物

 FC2投票の途中経過なのですが、「100円ショップ」がじわじわと上昇して来て、現在2位の位置にあります。一方、「成城石井」のようなプレミアムスーパーは、振るわないように思います。(まだまだサンプル数が少ないですが。)

 景気が悪い時代でもありますし、現時点では「高級品」よりも、少しでも安いお買い物に対する関心が深いのだろうか?と思いました。カルチュアスクールのような文化的な物の希望は、殆ど無いようですね。

|

« Windows XP へのアップデート (自宅のデスクトップPC) (その5) | トップページ | 首都圏外郭放水路 »

ふじみ野」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

竹内様
おはようございます。
毎回鋭い指摘と冷静な判断力には! 短いコラムからでも伺えます。
100円ショップは私感と偏見ですが、経営が厳しいとか行き詰まった感じのスーパーなどの片隅に結構侵出してまして、集客力の一助になってるかなと思います。富士見市鶴瀬駅西口のダイエーですが三芳町に属します。以前別のーパーが撤退した後に進出したと思います、最近改装しました。今まで閑散として一階部分だけの営業かと思う程でした。付近三芳町内にセキュリティ完備の新築高級マンションが完成したので地域に根ざした経営戦略かと思います。富士見市駅付近の荒れてスラム化した住宅の学生、単身者には100均ショップは受け入れられるでしょうが、そのような人達を対象にした安い飲み屋が沢山出来ています。未完成な駅西口区画整理内にです。公費をつぎ込んで優良住宅街が出来ると思ってましたが、安いにも程度があります。安い品物には安い質の悪い見掛けだけの人達しか集まらない感じがあります。 まとまりませんけど!

投稿: むさしの | 2009年7月11日 (土) 07時17分

 むさしの様、こんにちは。

 ふじみ野の「リズム」で、「専門品」の販売に挑戦した時期があったと思います。たとえば高級ブランド品、高級家具、高級食器、宝石、貴金属、独創的な雑貨などのお店が数多く存在していた時期が有ると思います。

 神戸の「田崎真珠」の移動販売車が、しばしば「リズム」にやって来ていた時期もあったと思います。

 しかし、それらのお店は全滅状態となり、ふじみ野における「専門品」の販売というのは駄目だという事になってしまったと思います。そのため、リズムのようなショッピングモールでは「最寄品」の販売にシフトしないと駄目だと私は考えた訳です。メジャーではなくても、人々の日常生活をしっかりと支えるための拠点という訳です。

 ふじみ野の街が、どうしてそのような「プレミアム感」や「個性」「わくわく感」の薄い街に変化して来たのかは、私には良くわからないです。「アイムふじみ野」の建設当初は、相当高級な街を目指していたと思うのですが...。スラム化とまでは行かなくても、それに近いような事、ニュータウン病になっては困る訳です。

投稿: 竹内@ふじみ野.東上 | 2009年7月11日 (土) 22時37分

高級ブランド品は興味はあっても、自分には(高値)の花で! この地に産まれ育って日が暮れる頃の年齢となり、無役の平職員ですから! しかし、ふじみ野が開発されてハイソな住民が増えて、高級ブランドや食材の購買力がアップし、新規出店が増えて活気が出ると思いましたが?
東上線の上福岡から柳瀬川辺りが衰退し、家賃が低く低所得者が流入して義務的経費での行政負担が増加傾向の状況では、今後の発展は望みは薄いと思っています。
ふじみ野も高額所得者が確かに多いかもしれないけど、夫婦共稼ぎでやっと購入した住民も多く建物住民が全員で負担する維持費の供託金ですか?ね??支払えない住民もいるそうです。
今後、生鮮食品とか日用品は地域に根ざしても、高級ブランド店舗の展開や経営維持は難しいでしょう?
みずほ台西口のサンライトマンションは今のふじみ野と同様の状況でしたが、見る影もない状況です。今は住民の高齢化や富裕層の転出で生鮮食品とか日用品は購買力があるでしょうが、都内迄近いですから、ブランド品は全く駄目です。交通網の整備が進むと周辺地域が衰退し、山間部は過疎化が一層進むそうです。逆転の発想が地価の安い田舎に大型店舗やアウトレット進出ではないでしょうか!


投稿: むさしの | 2009年7月12日 (日) 10時44分

 むさしの様、こんにちは。

 ふじみ野地域の住民の可処分所得というのは、微妙な点が有るでしょうね。「本当の富裕層」であれば、例えば田園調布のようなもっと高級な住宅地に住むでしょうし、良くわからないです。

 私の生活実感や周囲で見聞した範囲では、やはり住宅ローンであるとか、個人商店主であれば開業資金の借金などの返済負担が重いと思います。それに加えて子育てには費用がかかる(たとえば学習塾の塾代、私立学校の学費など)のが現状であり、親のスネは痩せ細り、可処分所得が十分ではないという現実が有ると思います。

 これでは専門品、贅沢品、趣味の品物に手出しできず、買いたい人は東京23区まで出かけると用事が済むので、それで良いという事になってしまうでしょう。東京近郊都市の立場というのは、このように微妙な点が有ると思っています。

 そのうちに親は年金暮らしになり、これでは親が生活をエンジョイする余裕が無い訳で、後に続く若者は、親の実態を見てやっぱり自分の子供など作りたくないと考えるに至ると思います。(少子高齢化の促進現象)

投稿: 竹内@ふじみ野.東上 | 2009年7月12日 (日) 18時42分

 最近でもFC2投票の「100円ショップ」に、じわじわと票が入っていると思います。重複投票のチェックをしていませんので、結果はあくまでも参考程度なのですが。

 一般的な傾向としましては、現在は不況の時代なので「安い物」が好まれる状況だと思います。しかし当地ふじみ野の場合では「アイムふじみ野」の建設で象徴されていますように、ある程度は「高級な街」「バブリーな街」を目指したと思うのです。住む人も、それなりに「選ばれた人」という感覚なのですね。

 ただ、それが最近では不動産価格が次第に下落したりして、街の傾向が変化したというのが私の認識です。

 あと大型店の変化から類推される傾向も有るのですが、たとえば川越街道と県道56号の亀久保交差点近くの「イトーヨーカドー上福岡西店」が移転し、より安価な物を扱う「ギガマート」に変化した時の街の様子です。何となくなのですが、このあたりのお店の来店者数が減少し、街が寂れたような印象を受けているのは、私だけなのでしょうか? チープ化するだけの路線が果たして正しい事なのかは、検証が必要だろうと思っています。田園調布などのように、セレブ路線を絶対に譲らない街も有る訳ですから。

投稿: 竹内@ふじみ野.東上 | 2009年7月14日 (火) 00時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538313/45594606

この記事へのトラックバック一覧です: 安いお買い物:

« Windows XP へのアップデート (自宅のデスクトップPC) (その5) | トップページ | 首都圏外郭放水路 »