« 地デジ説明会 (その3) | トップページ | 農地法等の一部を改正する法律案 (その3) »

2009年7月 7日 (火)

成城石井

 「FC2投票」に少しだけ顔を出している「成城石井」の話を、書きたいと思います。まず、公式ページが下記にありますね。

 http://www.seijoishii.co.jp/

 ここは東京の成城で創業し、現在は横浜に本社の有る欧米食品も多数扱う高品質スーパーであって、神戸出身である私の感性とも合致するので、私にとりましても出店して欲しいお店の一つです。リズムの地下スーパーに「成城石井セレクション」という形で短期間売り場を出した時期がありましたが、今から考えますとこれが同社のテストマーケティングであったのであろうと思います。結局ですが、同社は本格的な店舗は「ふじみ野」ではなくて「川越」に出したというのが実態であろうと思います。お金持ちが多いと思われる大都市中心の出店をしているため、同社の採算は比較的良かった訳ですね。

 私の知っている範囲では、同社の現在の親会社は経営が悪化した「レックスHD」だと思います。先日、「魚角」の店舗を廃止・解体してしまった例の持ち株会社なのですが。ここなのですが、「成城石井」をどこか他社に売却する事を考えているらしく、私はその動向に注目をしています。

http://www.47news.jp/CN/200903/CN2009030901000824.html

 当地との関連では、既存の「東武ストア・丸紅」との関連性が気になったりするのですが、現実はどのように進むでしょうか。

 「ふじみ野」の街としての感性がどうであるのか良くわからないのですが、当地は元々は農業地帯であったという事もあり「欧米的な事」「先進的な事」には弱いのでしょうか? このあたりの実態は、まだ私には100%は理解できていません。神戸や横浜とはかなり異なる、という事だけは理解できますが。

 それから高品質スーパーの一般的傾向として、「出店する場所、店舗数を絞る事により、高級なイメージや希少性を維持する。」といった事があるため、現状の「ふじみ野」に出店してもらえるかどうかは、私には良くわかりませんでした。明治屋とかも、同じような傾向のお店でしょうね。売上高の追求(多店舗化)とは両立しない課題なので、私には尚更わからない訳です。

|

« 地デジ説明会 (その3) | トップページ | 農地法等の一部を改正する法律案 (その3) »

ふじみ野」カテゴリの記事

川越」カテゴリの記事

お店紹介」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538313/45561741

この記事へのトラックバック一覧です: 成城石井:

« 地デジ説明会 (その3) | トップページ | 農地法等の一部を改正する法律案 (その3) »