« 2万アクセスを達成 | トップページ | お店の繁栄と駐車場整備との関係? »

2009年7月 2日 (木)

Windows XP へのアップデート (自宅のデスクトップPC) (その2)

 急にシステムの動作が遅くなったのでタスクマネージャで調べたところ、dumprep.exe が起動しているのを発見しました。これはOSが不具合を発見した時に、メモリダンプ取得やMSへの報告などを自動的に実行するプログラムのようですね。

 MSの公式サイトでは、ダンプやレポート動作を停止する方法が掲載されているようなのですが、本来は dumprep.exe が起動するエラーの原因を除去しないといけないと思います。(下記は機械翻訳された日本語なので、読みづらいです。)

 http://support.microsoft.com/kb/899870/ja

 レジストリの一部破損をまず疑う事とし、常用しているレジストリツールである RegistryBooster 2 をかけてエラー修正を試みる事としました。これで様子を見ます。ハード障害など、他の厄介な問題が無ければ良いが、と考えています。なお RegistryBooster 2 は、今の所は私のPCに対して別の問題を発生させた事は無いです。(比較的信用のおけるツールだと私は考えています。有料ソフトです。現在の最新版は、2009版になっているようです。)

|

« 2万アクセスを達成 | トップページ | お店の繁栄と駐車場整備との関係? »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538313/45513748

この記事へのトラックバック一覧です: Windows XP へのアップデート (自宅のデスクトップPC) (その2):

« 2万アクセスを達成 | トップページ | お店の繁栄と駐車場整備との関係? »