« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月31日 (月)

JR武蔵野線の強風対策工事

 台風という事で思い出したのですが、JR武蔵野線において強風対策工事が徐々に進行中だと思います。現在は、荒川の鉄橋で防風フェンスの設置工事が行われていると思います。

 JR東日本では、以前に特急「いなほ号」の強風による横転事故が発生したという事もあり、強風時の運転規制のルールが強化されていると思います。JR武蔵野線は、その構造から考えまして強風が吹き抜ける場所が多く、強風で止まる事がしばしばだと思うのです。

 ふじみ野エリアからでも、JR武蔵野線利用者は次第に増えているのではないか?と思いますし、沿線には越谷レイクタウンや新三郷ららシティのような大規模開発が相次ぎ、路線としての重要性がどんどん増していると思うのです。この状態において鉄道の安全・安定輸送という条件は欠かせないので、どんどん工事をしているのであろうと私は思っています。

 以前に台風襲来時にJR武蔵野線を利用した経験が有るのですが、完全にストップしなかったものの、「時速15キロ以下」という最徐行運転になり、参った事が有ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふじみ野市の既設公民館分館の老朽化

 ふじみ野市内ですが、東久保土地区画整理地内に「ふじみ野分館」という新しい公民館分館が開設されており、過日の選挙投票所にも初めて利用されたと思います。しかし大井分館のような既設の公民館分館なのですが、だんだん老朽化してきて、何時になったら手を加えてくれるのか、もしくは建て替えをしてくれるのか?と考えている所です。

 ふじみ野市の場合、いわゆる「ハコモノ」の新設は割と熱心なようなのですが、既に存在している「ハコモノ」の維持管理(ハード面、ソフト面の両方)には難点が有る模様で、そういった事がひどくなりますと、例の「市民プール事故」のような大事に至るので、このあたりは何とかして欲しいなと私は感じています。古い建物は、耐震性などの問題も有るだろうと思います。

 なお本館も含めた ふじみ野市の公民館一覧が、下記に掲載されています。かなり古い物が多いと思うのですが。

http://www.city.fujimino.saitama.jp/facility/bunkasports/kominkan.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高速道路無料化と鉄道

 政権交代が現実の話となりそうで、個人的には「高速道路無料化と鉄道」の関係が気になっています。大都市部ではあまり影響は無いと思うのですが、地方の鉄道、特にマイカーでの移動が便利な中距離区間については、鉄道に対して壊滅的な影響が出る可能性も有ると思っています。現在でも、例えば四国から京阪神へのマイカーでの移動が増えていると見聞しています。

 高速道路の利用推進は、鉄道のような公共交通機関の整備・利活用とセットで考えないといけないと私は思っています。エコとの関係も有りますし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風11号

 台風11号の動きが気になる方が多いかと思うのですが、あまりひどい事にならないように願っています。ブログの右側サイドバーに、私が昔から利用している「レスキューナウ」のパーツを貼ってみましたので、ご利用いただければと思います。

 なお道路交通情報は上記には出て来ないのですが、下記のリンク先が参考になると思います。

 http://www.jartic.or.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月30日 (日)

Business Spectator の記事 (その2)

 再びオーストラリアの記事なのですが、本当にREITではお金が無いので困っているような様子です。保険会社が見放すようなのですが、これは何を意味するのでしょうか。

http://www.businessspectator.com.au/bs.nsf/Article/Rubicon-likely-to-be-liquidated-pd20090827-VBBPZ?OpenDocument
http://www.businessspectator.com.au/bs.nsf/Article/A-shredded-Rubicon-well-and-truly-crossed-VBUB9?OpenDocument
http://www.businessspectator.com.au/bs.nsf/Article/End-of-line-for-what-is-left-of-Rubicon-empire-VBV47?OpenDocument

 *上記記事を読むには、簡易登録が必要なようです。

 REITの公式サイトは全く更新されていないようで、現在提供されている情報が正確なのかは、かなり怪しくなっていると思います。

 個人的な見解では、リズムの施設オーナーが今のままでは何も進展しないので、さっさと市場の中で流動化してオーナーチェンジしてくれた方が良いと思っています。ただし、新しいオーナーが土地や建物の用途をどのように考えるのか不明なのが不気味なのですが。

 もし実行されれば、ふじみ野エリアの今年の10大ニュースの一つになる事は、まず間違い無いだろうと思います。それにしても、以前からのサブプライムローン問題、リーマンショック等で、ここまでボロボロになるとは思いもよりませんでした。REITに投資した人はもちろん、投資対象となった不動産の関係者、周辺住民など、みんなひどい目にあったと思うのです。物件の「ブツ」としての問題以上に、世界的な経済問題に翻弄されたと思うのです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年8月28日 (金)

集合住宅等における地上デジタル放送の受信環境整備のための助成金の申請受付開始 (その2)

 この件ですが、9月のふじみ野市の市報に掲載されたようです。NHK受信料の全額免除世帯に対する地デジ簡易チューナー支給の話も掲載されていました(これはNHKとの受信契約が締結されていないと制度対象になりませんので、注意。)。市報がPDFでアップされた時には、再度紹介したいと思います。

 デジサポの地域説明会の日程も再確認したのですが、依然として川越方面での開催のようで、ふじみ野エリアでの開催はまだだと思います。どうして助成制度などの話だけ市報に掲載して地域説明会の開催がまだなのか意味不明なのですが、これでは助成制度の利用は ふじみ野エリアではサッパリ進まないであろうと私は思いました。

http://www.digisuppo.jp/index.php/branch/saitama/14/seminars/

 ふじみ野エリアでは地デジの電波状態が比較的良いですし、CATVへの接続率も高い、建物も比較的新しいといった理由で、埼玉県内では後回しにされたのでしょうかね。

 10月になりますと「ふじみ野市長選挙」が有り、公民館などの説明会場を確保したり、人を集めたり(スタッフ、来場者とも)するのに苦労するようになるかも知れないのですが、対応が後手後手にまわっているような気がします。「デジサポ埼玉」の本部はJR北浦和駅前にあり、当地からは遠くて、話をしに行くのも難しいと思いますが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

マイカル本牧の事例

 大型商業施設なのですが、半永久的に繁栄するのか?と言いますとそれは間違いで、「マイカル本牧」のような事例も有ると思います。あのイオン系列でもこうなる訳ですから、大変な事だと思います。大型商業施設同士、街同士で、激しい戦いを演じていると思うのですが。

 この事例の情報はあちこちに掲載されていると思うのですが、ウィキペディアに割と網羅的に紹介されていますので、まずそこのリンクを貼ります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%AB%E3%83%AB%E6%9C%AC%E7%89%A7

 ふじみ野エリアでも、既に斜陽化が顕著なリズムの事例はもとより、大井サティ付近の商業地域でも、「無料化された国道254号バイパス」という物が有るのですから、油断をすると斜陽化の道を歩むと私は思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

検索ワード/フレーズ解析より

 最近の検索ワード/フレーズ解析結果を見ますと、何と言いましても「ふじみ野駅東口駅ビル」関係の物が上位を占めていると思います。4階建ての比較的小規模な商業ビルだと思うのですが、それでも大変注目度が高くて驚いています。

 ふじみ野エリアにおいて、いかに身近な店舗の集積が不足していたかの表われでもあるのでしょう。

 駅から少し離れますと空店舗や空事務所が増えてしまうのですが、そういった所のオーナーに対しましては、新しい駅ビルというのは強敵になってしまうのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふじみ野エリアの貸店舗・貸事務所

 不動産店からの情報なのですが、こんなページがありました。写真入りで出ていますから、地元在住の方であれば どの建物なのか一目でわかりますね。ビルを1棟まるごと貸しますという所もあって、驚いたのですが。これら以外にも、新築を含めて沢山有ると思います。

 http://www.moricorp.co.jp/fujimino_tenpo.html

 全国どこでも空店舗、空事務所の問題は有ると思うのですが、ふじみ野エリアで何か開業を考えている方には参考となる情報でしょうか。「飲食店不可」の物件が結構有るようなのですが、火災対策、排煙、匂い、騒音、害虫などの対策がきちんと出来ていないといけない為でしょうか。駅前のような「飲食店専用ビル」というのも、それなりに意味が有るのだろうと思います。

 個人的には「アウトレットモール・リズム」が空店舗だらけなので、これを真っ先に何とかして欲しいと思っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月27日 (木)

シーモ (電子マネー対応のコカコーラ自動販売機)

 凄く古い話なのですが、「ふじみ野成長記」の落書き帳が現役であった頃に、「コカ・コーラの自販機『シーモ』がEdyに対応しているようですが、ふじみ野周辺で未だに見たことがありません。」という投稿が出た記憶があります。

 現物を探していたのですが、ふじみ野駅東口の埼玉りそな銀行ATMの隣に設置されているのを発見しました。元投稿の方が何の目的でシーモを探しておられたのかは良くわからないのですが、Edy対応と思われる機械を そこで発見しました。

 シーモの説明は下記のウィキペディアに出ているのですが、この中の「シーモ2」のタイプが設置されていました。比較的古いタイプのようですね。

 http://ja.wikipedia.org/wiki/Cmode

 アウトレットモール・リズムの中には、現在でも「初代シーモ」が設置されており、これは次第に貴重な存在になりつつあるようです。

 こんなブログ記事も見たのですが、これと何か関係が有るでしょうか。コカコーラの電子マネー戦略はどうも迷走ぎみで、私には良くわからないです。JRのSuicaや私鉄のPASMO等が、電子マネーの中では最も普及する可能性が有ると私は思っているのです。Edyは電子マネーの先駆者だと思うのですが、最近は他と比較して遅れぎみかな?とも思います。

 http://ameblo.jp/arcnetwork/entry-10187831683.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月26日 (水)

ふじみの国際交流センター (FICEC)

 以前から気になっているNPOなのですが、これを紹介します。

 ふじみの国際交流センター (FICEC)
 http://www.ficec.jp/

 現時点で6ケ国語対応になっていると思うのですが、このような物が有るという事は ふじみ野エリアでも次第に外国人居住者が増えてきて定着しているのだと思います。東京23区と比べるとまだまだ少ないと思うのですが、外国人が増えてくるのは時代の趨勢でしょうね。

 6ケ国語対応の「生活ガイド」も掲載されているのですが、複数の地方自治体からの情報が横断的に網羅されていますので、地方自治体の公式ページよりも こちらの方がかえって検索しやすかったりすると思います。より詳細な情報を知りたい場合には、公式ページに行けば良い訳です。

 http://www.ficec.jp/living/

 スペイン語対応も必要そうに思えるのですが、人口としては少ないのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月24日 (月)

生鮮館チャレンジ (元:バイゴーの所) (その3)

 再度 現地を見たのですが、お店の看板が取り付けられ、9月1日の午前9時開店予定と出ていました。開店セールを狙う方は注目でしょうか。小型食品スーパーですが、コンビニよりは立派ですし、便利になるでしょうね。

Sa350432 Sa350434

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月22日 (土)

ふじみ野駅東口の駅ビル計画 (東武グループ) (その7)

 東口駅ビル入居テナント関係の記事なのですが、更新をかけやすいようにWEBページ化致しました。下記のリンク先を参照して下さい。

 http://blog.fujimino.tv/blog/east_exit_bldg.html

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年8月21日 (金)

ふじみ野駅東口の駅ビル計画 (東武グループ) (その6)

 駅ビル構想の内容を更新します。参考にした情報は、東武グループ公式発表、大規模小売店舗立地法による公告資料、各社ホームページ、その他です。

続きを読む "ふじみ野駅東口の駅ビル計画 (東武グループ) (その6)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月20日 (木)

新型インフルエンザ

 最近ですが、新型インフルエンザの件は選挙など他のニュースの影に隠れてしまって、あまり目立たないと思います。しかし流行が終息した訳ではなく、これから秋~冬にかけて流行の第2波が心配される状況ですから、参考になりそうな公式サイトを紹介します。

 http://idsc.nih.go.jp/disease/swine_influenza/index.html
 http://idsc.nih.go.jp/

 南米の情報とかも入手したのですが、現在「冬」である現地ではかなり流行しているようなので、日本でも油断は禁物だろうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月18日 (火)

ワーナーマイカルシネマズ と ユナイテッドシネマ

 ふじみ野エリアのシネコンとして以前から「ワーナーマイカルシネマズ大井」が営業していますが、川越市内のウニクス南古谷の所に「ユナイテッドシネマ南古谷」も開業しており、こちらも気になる存在なので訪問してみました。

 http://www.unitedcinemas.jp/minamifuruya/index.html
 http://www.unitedcinemas.jp/

 このシネコンなのですが、スクリーン数が「9」有り、ワーナーマイカルシネマズ大井の「7」よりも多いです。スクリーン数が多いという事は同時上映可能な作品数が多くなるという事で、「ややマイナーな作品」でも上映される可能性が増えると思います。

 ロビーの作りなのですが、ワーナーマイカルシネマズ大井よりも明るくてゆったりとしており、待合用の椅子もかなり有るという状況です。また個人的には、隣を走っている「JR川越線」が良く見えるというのもプラス評価しました。お子様とかも、喜ぶかも知れませんね。関連するショッピングや食事も、「ウニクス南古谷」の所なので問題無いと思います。

 設備面なのですが、やはり新しいだけあってゆったりとしており、スクリーンによってはグループシートも有りますから、これは鑑賞スタイルによっては嬉しい設備だと思います。画質・音質は、ワーナーマイカルとあまり変わりは無いような印象ですが、本編上映前のCM・予告編の類は、ワーナーマイカルよりもやや短くてアッサリしているように思います。ワーナーには有りがちな、ルーニーテューンズ関係の物を延々とやられる事も無いです。

 ユナイテッドシネマ南古谷へのアクセスは、クルマであれば無料化された国道254バイパスを経由して、ふじみ野エリアからは短時間で到達できますので、これはワーナーマイカルシネマズ大井にとりましては強敵出現という事になると私は思います。国道254号バイパスの川越方面への進入は、勝瀬中学校の所の高架橋の側道から入れると思います。(旧:料金所のすぐ手前の地点になります。少し狭い箇所なので、走行・本線合流には注意が必要です。) ふじみ野駅東口からは、道順さえ理解すれば便利な交通条件かと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

動画記事投稿のテスト

 試験用映像ですが、お邪魔します。(本格運用は、まだ先です。)

 さんざん苦労した、例の「2001年モノ」の古いPCが写っております。

 携帯電話機の動画機能で撮影した物ですが、この程度の画質になります。ハイビジョンカメラで撮影すれば、さらに良くなると思います。一応ですが、ご参考まで。

http://www.youtube.com/watch?v=NwpkB5u7dh8&feature=player_embedded

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年8月17日 (月)

生鮮館チャレンジ (元:バイゴーの所) (その2)

 現場が気になるので見て来たのですが、本日は業務用冷蔵庫の設置工事と思われる作業を行っていました。着々と開店準備が進んでいるように見えます。現場に置かれている工事材料なのですが、生鮮館チャレンジの他の支店から取り外したと思われる看板の類もありました。元々ここはバイゴーの跡という居抜き物件ですし、このような材料も修正したり修理しながら使うという事でケチケチ作戦を展開し、初めてロープライスで商品を消費者に提供できるようになるのだと感じました。

Sa350423 Sa350421

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふじみ野エリアのブロードバンドやCATV事情

 総務省発表では、もう今年度中に「ブロードバンドゼロ地域」が日本国内からは消滅する見通しという事で、一応は都会である ふじみ野エリアにおいては、問題視されるような状況ではないと思います。

 だだし、細かく見ますと気になる変化もチラホラとありますので、電柱上の「電線探訪」の側面から見てみました。

Sa350413

 まず上記の写真の中に、最近良く見られる変化があると思うのですが、電柱から出ている長い腕金のうち下の方が「J:COM東上」のCATVの線です。その上に、もう1本長い腕金があって、スパイラルハンガーがついていると思うのですが、それが「KDDI」の光ケーブルになっています。すなわち、最近になってKDDIの「ひかりone」の普及が進むようになったのだと思います。(NTT以外にも、光回線の選択肢が増えてきたという事です。)

 別の典型的な事例を下記に紹介します。ここですと、上から順番にKDDIの光、CATV(J:COM東上)、NTTの光、NTTのメタル(電話とかADSL)が綺麗に並んでいるのがわかります。

Sa350415

 下記の電柱などはかなり綺麗な状態で、上から順番にKDDIの光、CATV(J:COM東上)、音楽有線放送(USEN)、NTTメタル(電話とかADSL)、NTT光の順番になっていました。(5種類も並んでいます。)

Sa350420

 NTTの光は、以前からかなりの回線数が普及していると思うのですが、回線数が増えすぎてこんな感じになっている箇所もありました。ふじみ野の街の美観を損ねているので、もう少し綺麗な工事をして欲しいなと、私は思いました。

Sa350417

 こうやって見ますと、各社が激しい加入者争奪戦を展開しているのが理解できると思います。

 オマケで発見したのですが、音楽有線放送(USEN)の線が外れて、こんな感じになっている箇所もありました。USENの線の保守状態は良くないようなので、いささか心配なのですが。

Sa350418

| | コメント (1) | トラックバック (0)

JR川口駅の「湘南新宿ライン停車運動」

 もう昨日の話なのですが、JR川口駅の駅頭において「湘南新宿ライン停車運動」というのが展開されているのを目撃しました。

 急行系の列車の停車を求める動きは全国各地で見られると思うのですが、このJR川口駅の事例というのは如何でしょうか。ふじみ野と比較をしますと川口は東京都内と隣接しており、巨大な乗り換え駅である「赤羽」にはわずか1駅だけの距離です。個人的には、ここに急行系列車を停車させる事につきましては、あまり意義を感じませんでした。

 列車を停車させるには「プラットフォーム」の追加が必要になり、そのための用地・駅舎建設費用などは地元負担の筈なので、川口市のような大きな市でも良く考えないといけない事だろうと私は思っています。駅前広場や、駅付近の建物などの移転、大改造なども必要になってしまう可能性が有ると思います。下手をしますと、鉄道線路の側を重層構造にしてプラットフォームの建設といった、大工事になると思います。湘南新宿ラインは貨物列車も走行する路線なので(元々は東北貨物線)、上に上げるのは東北旅客線の方でしょうか。

続きを読む "JR川口駅の「湘南新宿ライン停車運動」"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年8月16日 (日)

選挙 (その2)

 現在は国政選挙の話題が花盛りなのですが、その先には「ふじみ野市長選挙」というのも控えていると思います。合併から もう4年も経過したのか、とも思うのですが。

 立候補予定者の氏名がチラホラと聞こえて来るのですが、どうも旧:大井町、旧:上福岡市といった感じの「地縁」のある方だと思います。ふじみ野市は「合併自治体」なのですから、そろそろ元の境界線を排除して ふじみ野市全体を代表するような人材(地域的な派閥に全く関係が無い)を輩出して欲しいと思うのですが、なかなかそうならないので、首をかしげているところです。合併の意義そのものまで、問われかねない状況だと思うのですが。

 民間企業の合併でも完全な融和は難しいのですから、地方自治体の合併でも同様なのでしょうか。そもそも境界線というのは人為的な物なのですが、心理的な影響が大きいと思っております。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

地デジ説明会 (その5)

 デジサポ(埼玉県)の公式ページを再度チェックしたのですが、やはり当地の ふじみ野市、富士見市、三芳町のあたりでは、地域説明会の日程が入っていないと思います。どうして後回しにされているのか、かなり不思議なのですが。(和光市~ふじみ野市の東上線沿線全てについて同様であるように見えます。川越市まで行きますと、説明会の予定が有るようです。)

http://www.digisuppo.jp/index.php/branch/saitama/14/seminars/

 いわゆる「リフォーム詐欺事件」が発生したような土地柄ですし、また「地デジ詐欺」に引っかかるような高齢者が出ては困りますので、きちんと対応すべき事であろうと私は思っています。当地ではCATVへの接続率が比較的高いようですし、アンテナでの受信状態も良好なので、「心配するに及ばず」という状況なのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

盛土崩壊事故について

 東名高速道路で発生した盛土崩壊事故なのですが、上り線の仮復旧工事が長引き、結局開通したのは8月16日の午前0時との事でした。お盆の旅行で、さんざんな事になった方もおられるかと推察を致します。

 盛土崩壊事故と言えば、JR武蔵野線の江戸川近くで発生した事故も記憶に残っています。この時は電車が直前まで迫っており、危機一髪だったと思うのです。現在の越谷レイクタウン駅付近も、かつては不安定そうな盛土の上に線路があったのですが(盛土崩壊を防止するために抑止杭を施工する工事を行った事もあると思います。)、越谷レイクタウン駅が出来るときに「高架構造」に全面改修されましたので、一安心という印象です。

 大雨や地震の振動で崩壊する恐れのある盛土区間の欠点を、あらためて認識しました。東海道新幹線なども同様なので、なかなか厄介そうです。盛土は安価で迅速に建設出来るのは良いのですが、日本の高度成長期の「負の資産」という事でしょうね。

 東名高速道路がこんな状態になると大変困りますので、並行する「第二東名高速道路」の建設を急いで欲しいと私は思いました。

続きを読む "盛土崩壊事故について"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月15日 (土)

丹青モールマネジメント社 実績

 リズム関連情報なのですが、こんなのを見ました。

 http://www.tansei-mm.co.jp/results.htm

 丹青モールマネジメント社なのですが、リズムの施設オーナーがまだスター・プロパティーズであった頃から、ずっとお世話になっている会社なのですね。色々な事をやっていたようで、東武東上線看板制作業務、ラッピングバス制作業務、街路灯制作設置業務、ロードサイドサイン制作設置業務、植栽管理業務などを発見できました。東上線の線路沿いにあるリズムの看板入り街路灯というのは、ここの実績であるのを初めて知りました。

 それらは、いずれもリズムのオーナーがスター・プロパティーズであった頃の実績で、オーナーが現在のルビコンになってから、急速に施設管理状態が悪化したような気がしています。全てが「資金の有無次第」「施設オーナーの方針次第」というのは、かなり情けない印象を受けますが、それが自由経済社会という物なのでしょうね。そのルビコンも破綻し、現在は銀行管理下という状況では、地元民は不安が一杯になってしまうと思うのですが...。

 丹青モールマネジメント社(PM会社)は、オーナー(実質的には銀行?)から指示が出ない限りは身動きが取れず、やり辛い状態だろうと推察します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

am/pm とローソン、その他

 以前に am/pm (本部は、例の牛角などを展開しているのと同様なレックスHD系)をローソンが買収するという話があったと思うのですが、この件は am/pm の商標権(店名)などを巡って破談となり、その後はファミリーマート(伊藤忠)の話がチラホラと出るなど迷走ぎみだと思います。

http://news.biglobe.ne.jp/economy/073/san_090729_0736229154.html

 ふじみ野駅構内の am/pm の店舗オーナーは東武商事だと思われるのですが、こうなりますとコンビニ店舗のオーナーになっている企業や個人も動きが気になるでしょうね。ふじみ野エリアでは、コンビニと言えば「セブンイレブン」ばかりで、以前はミニストップ、ローソン等もあったと思うのですが、セブンイレブンの寡占状態になってから久しいと思います。住民の選択肢という点では、今ひとつという状況になっていると思います。

 レックスHDに関しては「アドバンテッジパートナーズ」の名前が出てくると思うのですが、リズムの件でもそうだったのですが、投資ファンドの影に振り回されるとは、ヤレヤレという印象も有ると思います。経営悪化で都合が悪くなったらすぐに「売却」では、地元に根を張った力強い経営は、おぼつかないと思うのです。

 それにしてもローソンの店舗網は首都圏では見劣りがすると思うのですが、同社が今後どうするのかは、良くわからないです。地方出身者の間で「首都圏ではローソンが少ない」という話が時たま出るのですが...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月14日 (金)

外国アウトレットモールへの旅行

 最近では為替レートの状況などを反映して、外国にお買い物ツアーに出かける事例も多いように思います。下記は韓国の「プレミアム・アウトレット」への旅行の事例ですね。HISが募集をかけている物だと思います。「プレミアム・アウトレット」は世界的なモールで、外国にも存在する、という訳です。

http://www.his-j.com/tyo/special/outlet/shoplist.htm

 こういった事例と比較をしますと、当地の「リズム」は相当不調なので、本気でまずいと私は考えている訳です。アウトレットモールには、ある程度は「旅行」「非日常性」といったドラマチックな面も必要な訳ですね。

 当地には「ふじみ野発、成田空港行き直行リムジンバス」も有りますから、海外旅行のハードルが幾分下がっていると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月13日 (木)

シドニー・モーニング・ヘラルドの記事

 Rubiconに関する記事(リズム関連)はすっかり少なくなってしまったのですが、久方ぶりに こんなのを発見しました。

http://business.smh.com.au/business/allco-finance-property-manager-bites-the-dust-20090810-efnt.html

 2009年6月に現在の状態になってから、動きが良くわからないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「アウトレットモール・リズム」の小型イベント (その3)

 お盆の期間中なのですが、こんなイベントが開催されるという事で、公式ページに掲載されていました。(2009年8月13日現在)

 http://www.rism-city.com/news.html
 http://www.rism-city.com/

 何とか集客しようという訳でしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月12日 (水)

東名高速道路に不通区間発生

 ふじみ野エリアの話から外れますが、東名高速道路で盛土崩壊事故が発生し、不通区間が生じているのをご存知かと思います。

 東名高速道路では、何年も前の話ですが「日本坂トンネル火災事故」というのが発生し、この時は長期にわたり不通となって日本の物流などにかなり支障を来たしたと思います。盛土の修繕であれば、そんなに長期不通にはならないと思いますが、大問題である事には変わりは無いと思います。

 一応ですが、中央自動車道などが迂回ルートになるのですが、かなり遠回りになりますし、山岳地帯を通るので勾配が多いルートだと思います(所要時間や燃料消費の点で不利)。東名高速道路に並行して「第二東名高速」が建設中な訳ですが、これの建設をさらに促進という話になるかも知れないと私は感じました。他にも由比の海岸ルートなど、悪天候時には不通になる区間がありますから、第二東名高速はもっと山寄りのルート選定になっており、高架構造とワイド構造のトンネルが中心となったルートだと思います。

 例の「高速道路1000円」の件は、不通区間が発生してしまっては、いささか期待外れかも知れないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月10日 (月)

大雨の予感 (その3)

 昨日あたりから、ちょっと真夏とは思えないような雨の降り方、また朝であるのに少し雷も鳴っていたりして、神戸出身の私の「直感」ではあるのですが、ただ事ならない雰囲気を感じます。昭和42年7月豪雨の時のような大騒ぎを思い出す訳です。

http://www.rokko.kkr.mlit.go.jp/disaster/history/S42/s42-index.php
http://www.rokko.kkr.mlit.go.jp/disaster/history/S42/photo.php

 写真の中にある「山本通」というのは、現在であれば神戸の異人館街として有名な場所なのですが、当時はこんな惨状で凄かった訳です。神戸の災害の歴史というのは、色々と有る訳です。国土交通省が、対策のために専門の事務所を設置している程ですし。

 この時の最大時間雨量は75ミリ程度だったのですが、最近の報道によりますと当地付近でも時間雨量が100ミリを超えているケースがあり(物凄いゲリラ豪雨)、これは過去の経験から考えますと尋常な値ではないので不気味に感じている訳です。

 天気図的にも、前線や台風がウロウロと、気持ち悪い状態になっていますので、何も起きないように願っている所です。ふじみ野エリアでは、かなり調節池などが整備されていますから一応は大丈夫だとは思うのですが、中小の下水道からの水の溢れとかは要注意であろうと思っています。また東上線の線路を道路がくぐって横断する箇所も、冠水には要注意だと思います。夜間とかですと(停電するケースも有る)冠水していても直前まで気がつかないので、他の地域ではクルマが水没して立ち往生、ドライバーが避難するのに困るといった事例も有るからです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふじみ野駅東口の駅ビル計画 (東武グループ) (その5)

 駅ビル構想の内容が次第に明らかになっていますので、あらためてまとめておきました。参考にした情報は、東武グループ公式発表、大規模小売店舗立地法による公告資料、その他です。

 東武グループ公式発表
http://www.tobu.co.jp/file/1831/090122.pdf

 大規模小売店舗立地法による公告資料
http://www.pref.saitama.lg.jp/A07/BE00/daiten/kenpo/hujiminohigasiguchiekibiru/210106.htm

 駅ビルの開業予定時期:2009年9月(今後の進捗に伴い、変更の可能性あり)

 駅ビルの名称(想定):ナーレ

 具体的な店名や営業概要まで判明しているテナント

 4階:ふじみ野アイルデンタルクリニック 矯正センター(2009年10月開院予定)
    ルアン ルアン(2009年9月開店予定)
    http://www.ruam2.com/
    その他は詳細不明(飲食、ヘアサロン等)
 3階:詳細不明(高品質・高品位スーパーマーケット)
 2階:詳細不明(エンタテイメントコンテンツ・ショップ、書店等)
 1階:詳細不明(カフェ、駐車場、駐輪場等)

 *1階や2階は「皆さんが期待しているお店」という噂話を見聞していますが、まだ最終確認の取れた情報が無いです。
 *歯科医院は、次第に当エリア内での競争が激化する事になると思われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 9日 (日)

国道254号バイパス

 旧:富士見川越有料道路は既に無料開放になっていますので、今後は「国道254号バイパス」の呼称で書く事にしたいと思います。

 国道254号バイパスに関連した案内標識の改修が少しずつ進行中のようで、有料道路の名前の部分を撤去したり、国道254号バイパスに書き換えたりといった作業が行われていました。初めて見ると奇妙な印象も受けるのですが、要は「慣れの問題」なのだろうと思います。旧:料金所ブースの撤去工事はまだ終了しておらず、車線規制が実施されたままとなっていました。

 個人的には、やはり旧:料金所付近の高架橋(立体交差点)の構造が気になり、国道254号バイパスからふじみ野駅東口方面にクルマがスムースに流れるように道路整備をしませんと、ふじみ野エリアの発展にかなり影響してしまうであろうと私は思いました。現状ですと国道254号バイパスに対するアクセス道路の付き方が悪く、途中には土地区画整理事業が未実施の地域も存在していますので、国道254号バイパスの脇に未来都市のようなふじみ野駅東口エリアが広がっているというのは、地元民以外には理解できないだろうと私は思います。事情のわからないドライバーは、旧:料金所付近で曲がる事は無く、そのまま素通りしてしまうであろうと思います。

 このあたりは、近い将来交通調査を実施すれば、はっきりすると思われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「TJライナー」の歌

 最近まで気がついていなかったのですが、去る2009年6月14日のTJライナー運行開始1周年記念イベントの時に「TJライナー」の歌が演奏されていたのですね。CDも配布されたようなのですが、これは非売品となっていました。(既にネットオークションで流通しているのを目撃しましたが。)

 歌詞だけなのですが、公式ページに掲載されていました。メロディーは、わからないです。

 http://www.tobu.co.jp/tj/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふじみ野駅東口の駅ビル計画 (東武グループ) (その4)

 コンビニのampm横の部分に仮囲いができ、東口駅ビルとコンコースとの間の連絡通路の工事が開始になったように思います。オープンまであと1ケ月余りだと思われるのですが、一部を除き依然として入居テナントの詳細が不明だと思います。

 私が開設した「FC2投票」の結果ですと住民希望は明白だと思うのですが、果たして実際のテナントはその通りになるでしょうか。

http://vote1.fc2.com/poll.php?mode=result&uid=4423906&no=1

 東武さんが考えている「高品質スーパー」とFC2投票の「100円ショップ」との間には、ややギャップが有ると思うのですが、大丈夫なのかな?と私は思っております。カルチュアスクールのような「文化の香り」の高い物には人気が集まらず、現実的な生活の香りが強い希望という事だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 8日 (土)

集合住宅等における地上デジタル放送の受信環境整備のための助成金の申請受付開始

 今年度の補正予算関係の物だと思いますが、こんなのが有りますので紹介します。個人的な感想では、関係先から見積書を取得したり、申請書を準備したりと短期間でこなさないといけない物なので、どの程度利用される助成制度なのか、はっきりとしませんでした。集合住宅の管理組合総会の時期ともずれているので、臨時総会を開催するとかしませんと、住民合意を取るのが難しいかも知れませんね。

 http://www.soumu.go.jp/main_content/000034039.pdf

 あとNTTの「フレッツ・テレビ」とかでも地上デジタル放送の受信が(技術的には)可能になりますが、それらも助成対象なのかは、今ひとつはっきりとしませんでした。

 また、この助成制度の存在そのものが、知られているのでしょうか。エコカー購入補助制度などはかなり話題になり、一部の車種では生産が間に合わない程だと見聞するのですが、地デジ化工事の方は、同じ補正予算関連でもどうも良くわからないです。テレビ番組等で、本件が華やかに報道されている訳でもないようですし、かなり地味ですね...。

続きを読む "集合住宅等における地上デジタル放送の受信環境整備のための助成金の申請受付開始"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

大雨の予感 (その2)

 昨日なのですが、所沢方面で時間雨量が100ミリを超える大雨になったと見聞しております。ふじみ野エリアは、所沢から見て新河岸川水系の下流地域に相当する筈なので、河川の流量増加に伴う被害が出なかったか気がかりです。

 皆様の所では、大丈夫だったでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 7日 (金)

「あみ プレミアム・アウトレット」の謎

 当ブログの人気記事、検索ワードの上位には、現在でも「あみ プレミアム・アウトレット」関係がランクインしていると思います。当ブログの趣旨なのですが、「埼玉県・ふじみ野エリア」をメインとして扱っており、茨城県の話はメインではないのですが、これは不思議な傾向だと思っています。

 検索サイトの仕組みによるイタズラなのでしょうかね。不思議です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本全国スーパーマーケット情報

 最近発見したサイトなのですが、こんなのが有ります。

http://super.ffa15.com/

 このサイトでは、既に閉店した所も含めて日本全国で3万店近くのお店を収録しており、かなりの勢いだと思います。あらためて考えますと、スーパーというのは沢山有るものなのですね。(コンビニよりは少ないと思いますが。)

 既に閉店しているリズムの地下スーパーを中心として検索しますと、こんな結果になります。

http://super.ffa15.com/detail.aspx?sId=9439&tab=1&mpg=0&cpg=0

 毎日使う身近なスーパーは徒歩圏内にある方が良いと思うのですが、現状のふじみ野エリアを観察しますと、必ずしもそうなっていないように見えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 6日 (木)

生活保護世帯の増加

 以前にふじみ野市の統計を見た時に、次第に生活保護世帯数が増えているような気がし、地元経済という観点から危機感を抱いたので、世間一般ではどんな事が起きているのか考える資料を探してみました。日本生命系列の研究機関だと思うのですが、こんな資料を発見できましたので、紹介致します。

http://www.nli-research.co.jp/report/report/2009/08/repo0908-4.pdf

 今月に出たばかりの資料で、情報は新しいと思います。内容は、少しずつ読み解いてみたいと思います。可能であれば、当地では経済力のある「結構な住民」が増えた方が良いと私は思っています。そうでないと、誰もが希望するお店などは繁栄しませんし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 5日 (水)

地上デジタル放送に関する案内 (各市町のホームページ)

 地上アナログ放送の停波(2011年7月24日)までもう2年を切り、そろそろ地デジ対応の気になる方が増えて来たのではないか?と推察をしています。

 各地方公共団体のホームページであれば、一応は地域事情を考慮した中立的な情報提供をしている筈なので、各市町のページを見てきました。こんな内容でした。

 ふじみ野市
http://www.city.fujimino.saitama.jp/info/detail_642.html

 三芳町
http://www.town.saitama-miyoshi.lg.jp/news/chideji.html

 富士見市

 まだ発見できていません。富士見市の案内は、どこかに掲載されているでしょうか?

 他地域の例として、東京都中野区の事例も出します。

 中野区
http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/015/d14700007.html
http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/019/d14700015.html
http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/019/d14700016.html

 地デジに関しましては、各地で対応にかなりの「温度差」があるように見受けます。どうしてこんなに格差が生まれるのかはっきりとしないのですが、各地の「電波事情」による違いも有るのでしょうかね。ふじみ野付近の場合には、「地上デジタル放送説明会」が今なお開始されていないのが気になります。「共同受信施設」や「集合住宅の内部」などは資金調達や関係者の合意も含めて対応が難しいと思うのです。誰の支援も受けずに迅速に対応が進んでいれば良いのですが、私には ふじみ野においてどうなっているのか、良くわからないです。

 住民を集めての説明会以外にも高齢者や障がい者など、外出困難者に対する個別説明も必要だとされていると思います。いわゆる「地デジ詐欺事件」などが発生する心配も有るのですから、きちんと対応する必要が有るだろうと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

特殊な地域商品券の有効期限

 少し以前に「定額給付金」が話題になった頃に、各地でプレミアム付きの地域商品券が発行されていたと思います。たとえば、富士見市ではこんな事例があったと思うのですが。

http://www.city.fujimi.saitama.jp/osirase/090831shoukou.html

 この種の商品券なのですが、定額給付金を地元のお店で景気良く使って欲しいというのが趣旨だと思いますから、かなり短期の有効期限が設定されていると思います。富士見市の場合には、有効期限は「2009年8月31日」に設定されているようですね。それを過ぎると無効になり、ただの紙切れになってしまいますから、忘れずに使う必要が有ると思います。

 東京都中野区の事例も見たのですが、そちらの場合にも同種の商品券があり、「2009年7月31日」に既に有効期限切れになっていました。極めて短期の厳しい有効期限を設定してあったと思います。

http://74.125.153.132/search?q=cache:http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/019/d03500107.html

 さらに ふじみ野市スタンプ会の事例も見たのですが、こちらは有効期限が「2009年11月13日」に設定されていました。

http://www.kamihukuoka.com/090423_2.html

 各地で有効期限がかなり バラバラのようなのですが、どうしてこうなっているのかは、私には良くわかりませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 4日 (火)

上福岡七夕まつり

 今年の上福岡七夕まつりなのですが、8月8日、9日の開催ですが、下記にPDF資料がありましたので、紹介しておきます。今年から、東口会場は拡張された「福岡中央公園」を使う事が出来るようですね。また、中途半端な開通しかしていない、市道の「桜通り線」も、お祭りの時はフル活用出来るように思います。

http://www.city.fujimino.saitama.jp/others/osirase/pdf/2009tanabata.pdf
http://www.city.fujimino.saitama.jp/info/detail_630.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 3日 (月)

クーカイ ル ストック (リズム)

 リズムの2Fのテナントが何となく減ったような気がし、現地を確認したところ、「クーカイ ル ストック」が2009年7月31日限りで既に閉店していました。

Sa350411

 「イッカ」の閉店も既にアナウンスされていますので、2Fのテナント数は近いうちに4店だけになってしまうと思います。(わらわら を除く。)

 2Fを4店だけで営業しても見栄えが悪いだけで意味が無いと思いますので、残り4店を全て1Fに下ろせば良いのにと、個人的には思いました。そうすれば、2F部分は改修工事でも何でも好きなようにいじれると思うのですが。2F全体を他社にサブリース、抜本的に業態変更といった形も有りうるでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

市民所得

 ふじみ野市における市民所得も気になりましたので、こんな所を見てきました。

http://www.city.fujimino.saitama.jp/data/statistics/pdf/h20_08.pdf
http://www.city.fujimino.saitama.jp/data/statistics/index.html

 「第1次産業」が少ないのは、当地では都市化が進んでいますし、山林や海が無いのでそれらに関連した産業は殆ど存在しないという事で当然だと思うのですが、意外であったのは「第2次産業」において「建設業」の数字が割と少ないという事です。市内各所で大規模な土地区画整理事業やマンション建設、商業施設建設などが実施されていると思うのですが、受注しているのは市外の大手建設業者ばかりなのであろうか?と私は思いました。

 あと「第3次産業」において「不動産」の数字が大きいのは、「やはり」と思いました。ふじみ野駅周辺地域のような、人気エリアを抱えている為かな?と思うのですが、不動産の店舗が当地で目立つのも、何となく理由がわかったような気がします。メリットが無い場所には、民間は出店しない筈ですから。

 関連して、住宅ローンを出す「金融保険業」とかも繁栄するのでしょうね。

 最新の平成20年度や21年度ではどうなるかも、気になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福祉政策関係の出費

 どこの地方自治体でもそうだと思うのですが、景気が悪化したり、高齢者人口が増えたりしますと、次第に「福祉政策関係の出費」が増えると思います。この金額をあまり絞りますと「住みにくい街」として嫌われるようになって来ると私は思うのです。

 ふじみ野市の場合には、あまり顕著な傾向は無いと思うのですが、こんな所に統計数字が出ていました。残念ながら、最新の平成20年度の数字はまだ無いです。合併した年の数字は、半年分しか出ていない場合が有るようですね。(平成17年度)

http://www.city.fujimino.saitama.jp/data/statistics/pdf/h20_11.pdf
http://www.city.fujimino.saitama.jp/data/statistics/index.html

 認可保育所・認可保育園の「待機児童数」が増えるのも問題だと私は思っています。やはり子供を生むのを控えるようになったりとか、共稼ぎが困難なので ふじみ野市での居住を避けるとか、そんな事の原因になりそうな気がしますので。

 地方自治体が各種の高額出費に耐えられるようにするには、やはり市内産業の振興、人口増加などの対策が必要だろうと思うのですが、「アウトレットモール・リズム」の状況などを見ますと、最近のふじみ野市は、あまりこのような政策には成功していないように私からは見えます。経済状態が良い時は まずまずの結果だったと思うのですが、本当の実力(政策実行能力)は景気が極めて悪い時に試されると私は思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 2日 (日)

ふじみ野市の年齢別人口 (グラフ化)

 ふじみ野市の公式サイトにある人口統計の表なのですが、単なる数字の羅列で大変わかりにくいので、グラフ化してみましたので、その結果を貼ります。

「ふじみ野市の年齢別人口002.xls」をダウンロード

 傾向は割とはっきりとしていると思うのですが、いわゆる「団塊の世代」の所に大きなピークがあり、その子供世代に当たる「35歳付近」にも大きなピークが有ると思います。35歳付近の親世代の子供に当たる若年者は、あまり人数がいないのが現状だと思われます。

 日本全体の傾向でもあると思うのですが、どうも現在の親世代があまり子供を作らない傾向にあるように思います。ふじみ野市の場合には、高齢者の数は極端に多い訳ではないと思うのですが、いわゆる「団塊の世代」が高齢者の仲間入りをし、市の財政にも影響するようになるだろうと私は思いました。

 若年者の数が少ないのは、もう日本全体の問題でしょうし、ふじみ野市においては折角増設した学校施設が無駄になってしまうような気もします。世界を探しますと人口が増えすぎて困っている国も有ると思うのですが、世間はうまく回っていないものだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大雨の予感

 今夏の天候はどうもおかしく、いまだに梅雨前線が日本列島付近をウロウロしていると思います。エルニーニョの発生など、全地球的な影響とも言われているようなのですが。

 おまけに、熱帯性低気圧が南海上をウロウロするようになり、前線との組み合わせという最悪の状況になりそうです。(大雨の予感)

 ふじみ野エリアでは、荒川の洪水ハザードマップは良く整備されていると思うのですが、新河岸川水系(支流の砂川堀や砂川堀第二、福岡江川などを含む)につきましては、まだまだ未整備という印象を受けています。その上に、下水道(雨水管)からの下水の溢れも懸念されますから、油断は禁物だと思います。マンホールの蓋やグレーチング等がしっかりと固定されているかも、あらためて点検した方が良いでしょうね。もしその中に人が落ちるとどうなるかは、言うまでも無いと思います。(行政による点検だけでは追いつかないでしょうから、自宅近くの物は住民も自主点検するという訳です。)

 インフラ設計の前提を超える大雨が降る可能性も有る訳なので、自らの生命や財産は自分で守らないと、という訳です。

 洪水ハザードマップがもっとしっかりとしていれば、例えば自宅を新築・建て替えする時に、どの程度敷地を嵩上げするか?といった判断も可能になるのですが...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見川越有料道路の無料開放 (その2)

 料金所付近がどうなっているのか確認しましたが、料金所ブース撤去工事のための仮囲いが行われていました。そのために車線数が1車線に絞られていますので(2009年8月2日現在)、通行にあたっては注意が必要かと思います。工事中は、この地点で渋滞が発生する可能性も有ると考えました。

 なお国道463号線方向から走行して来た場合には、旧料金所を通過してすぐの所に出口があり、ふじみ野市内のヤオコーなどのある県道(埼玉県道272号東大久保ふじみ野線)につながっていますので、これが新たなドライブルートになる可能性が高いと私は思いました。ふじみ野市内の駒林土地区画整理地域に対しましては、かなりメリットが有るだろうと思いました。(ただし、その先の東上線踏切、ヤオコー付近などでの渋滞が懸念されるのですが。)

 この県道陸橋の交差点なのですが、右折進入・進出は出来ない構造なので、どのように立体交差点を改良するのか、今後の課題の一つになると思われます。

 終点の国道463号線T字路の所なのですが、左折レーンは完成しており、旧:有料道路側からの左折車はスムースに流れているように思えます。曲がった先の国道463号線の渋滞発生がどうなるかは、今後しばらく観察が必要だろうと思います。場合によりましては、都市機能アップのために荒川の橋(羽根倉橋)や さいたま市内の道路改良という話になるかも知れないと私は考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エコシティ

 「エコシティ」という概念が有ると思います。これは色々な解釈が可能だと思うのですが、エネルギー消費を少なくしたり、エネルギーや資源循環型の都市構造を目指したり、色々な事があろうかと思います。実際問題として、昔の「江戸」は、人口が多いにもかかわらずかなりのエコシティであったと見聞をするのですが、日本でも明治以降はどんどん悪化したというのが私の認識になっています。

 ふじみ野エリアの場合なのですが、どうも「自動車」が無いと暮らしにくい街だというのが私は気になっています。例えば駅から数100メートル程度の範囲内に全ての都市機能が集積されていれば大変エコになり、徒歩だけも大半の用事が片付くようになると思うのですが、現実はそうなっていないと思います。リズムのような身近なショッピング街が廃れるような状況でもありますし。

 マンションの屋上緑化、空地の緑化なども もっと進めると良いと思うのですが、やはりこれも実現していないと思います。このあたりは、昔であれば農地や雑木林が存在していたのですから、都市化・開発に伴って悪化した点だと思います。風力、太陽光などの自然エネルギー利用も、当地では進展していないと思います。

 ふじみ野・埼玉県での暮らしというのは、このようなエコ・環境・自然を生かした暮らしと東京23区の都会的な生活とが高度に両立するのが魅力の一つの筈なので(それが不要なのであれば、東京23区内で生活した方が便利だと考えられますから)、ふじみ野の環境対策、エコシティ化というのは、もっと考慮しても良い課題であろうと私は思っています。都市開発に伴って、当地ではだいぶ樹木も伐採してしまったと思うのですが、そういった物はなかなか復元できないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 1日 (土)

彩夏祭 (朝霞市など)

 既に開催期間がだいぶ過ぎているのですが、「彩夏祭」が開催中なので、参考となりそうなページを紹介しておきます。これは朝霞がメイン会場の市民まつりだと思いますが、「よさこい」の演舞で有名な物だと思います。8月1日には、花火大会も既に開催されました。

http://saikasai.com/
http://www.city.asaka.saitama.jp/media/koho/pdf09_0715/582p02-06.pdf

 「よさこい」の演舞なのですが、次第に会場が拡大されて「朝霞駅前」や「志木駅前」でも開催されるようになったと思います。特に「志木駅前」でも開催されるようになったのには私は注目をしているのですが、市民まつりは「市の境界線を越えて開催してはいけないというルールは無い」訳で、こういった事は当地「ふじみ野」でも参考に出来ると思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

富士見川越有料道路の無料開放

 本日(2009年8月1日)なのですが、富士見川越有料道路の無料開放の日でした。これは「まちづくり」には色々とプラス面の効果が有ると思いますから、どうなるか見守りたいと思います。

 見聞している範囲では、初日はさしたる混乱は無く、終点の国道463号交差点の改良工事も完成したと思います(左折専用レーンの増設)。既に全線を無料で通行した方は、おられるでしょうか。

 昨今なのですが、いわゆる「高速道路1,000円」や「東京湾アクアラインの大幅値下げ」「エコカー減税」など、マイカーの利用が促進されるような施策が次々と出されていると思います。エコには悪いかも知れないのですが、経済状況が状況だけに、やむを得ないでしょうか。エコと経済活動との関連性を強く意識する事例になっていると思います。鉄道やフェリー会社の中には、防戦で大忙しの会社も有るようですが(汗)。

 道路という事ですと、私はやはり「核都市広域幹線道路」建設の話が気になります。緊急経済対策として、これが急浮上する可能性が有ると私は予測をしているのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

裏TJライナー(?) (その3)

 あまり使う方は いないかも知れないのですが、各駅停車の話です。

 和光市~池袋の朝ラッシュにおいて、各駅停車は東京メトロと東上線のいずれが速いのかを確認しました。結果なのですが、東京メトロの方がかなり速いです。距離が元から東京メトロの方が短い上に、東上線のような途中駅での「2回退避」が無いので速いのだと思います。東上線の各駅停車は、前回のダイヤ改正でかなり犠牲になったと思います。

 各駅停車の始発列車を捕らえるのであれば、どうやら東京メトロの方が良さそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »