« 生鮮館チャレンジ (元:バイゴーの所) (その2) | トップページ | ワーナーマイカルシネマズ と ユナイテッドシネマ »

2009年8月18日 (火)

動画記事投稿のテスト

 試験用映像ですが、お邪魔します。(本格運用は、まだ先です。)

 さんざん苦労した、例の「2001年モノ」の古いPCが写っております。

 携帯電話機の動画機能で撮影した物ですが、この程度の画質になります。ハイビジョンカメラで撮影すれば、さらに良くなると思います。一応ですが、ご参考まで。

http://www.youtube.com/watch?v=NwpkB5u7dh8&feature=player_embedded

|

« 生鮮館チャレンジ (元:バイゴーの所) (その2) | トップページ | ワーナーマイカルシネマズ と ユナイテッドシネマ »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

システム管理」カテゴリの記事

コメント

 折角なので、どのような仕掛けで動画アップを行ったのか、簡単に紹介しておきたいと思います。

 今回の動画アップを行うために、新たに購入した機材は何も有りません。全て手持ちの機材と契約サービスだけで実施しました。

(1)PC

 映像に写っているPCなのですが、今となっては古い Pentium 4, 1.7GHz のPCです。ただし、老朽化したHDDを交換し、メモリを1GBまで拡張、OSを Windows XP に入れ替えた物です。(akia GM515/170-DR 改造機)

(2)携帯電話機

 au回線用の「W33SA」です。この機種には640X480ドット(VGAサイズ)の動画撮影機能が有り、SDメモリカードを用意すれば、1時間を越える長時間録画も可能になっています。(SDメモリカードは、かなり安価になりました。)

(3)YouTubeのアカウント

 YouTubeのアカウントが無いと、動画のアップロードは出来ないので、サイトを訪問して会員登録(無料)が必要です。YouTubeのサイトは、動画サイトが認識可能な映像形式であれば、自動的にYouTubeの形式(Flash)に変換してくれます。

 あとは、ブログは既存のココログを使っただけで、YouTubeが生成するタグをブログ記事に貼るだけです。ただし、そのままですと映像の枠が大きすぎてはみ出しますので、私のブログでは360X270ドットに大きさを調整してあります。アスペクト比は4:3で撮影していますので、その比率は変えないようにする必要があります。

 こんな感じなのですが、費用最小で動画発信が可能という、良い時代になったと感じます。

投稿: 竹内@ふじみ野.東上 | 2009年8月18日 (火) 12時34分

 動画アップ方法の追加説明になりますが、ココログの携帯サイトでは「タグの埋め込み」が有効ではありませんので、「URLの併記」も行っています。なおYouTubeの動画を閲覧可能な携帯電話機は、一部の機種だけだと思います。(対応機種は、次第に増えているとは思いますが。)

投稿: 竹内@ふじみ野.東上 | 2009年8月19日 (水) 00時37分

 携帯電話から映像を直接アップする方法も試しました。これは、指定された電子メールアドレスに映像を添付ファイルで送信する事でアップされるのですが、何故か処理に非常に時間がかかりますので、私はPCからアップした方が良いと考えました。

投稿: 竹内@ふじみ野.東上 | 2009年8月21日 (金) 03時58分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 動画記事投稿のテスト:

« 生鮮館チャレンジ (元:バイゴーの所) (その2) | トップページ | ワーナーマイカルシネマズ と ユナイテッドシネマ »