« エコシティ | トップページ | 大雨の予感 »

2009年8月 2日 (日)

富士見川越有料道路の無料開放 (その2)

 料金所付近がどうなっているのか確認しましたが、料金所ブース撤去工事のための仮囲いが行われていました。そのために車線数が1車線に絞られていますので(2009年8月2日現在)、通行にあたっては注意が必要かと思います。工事中は、この地点で渋滞が発生する可能性も有ると考えました。

 なお国道463号線方向から走行して来た場合には、旧料金所を通過してすぐの所に出口があり、ふじみ野市内のヤオコーなどのある県道(埼玉県道272号東大久保ふじみ野線)につながっていますので、これが新たなドライブルートになる可能性が高いと私は思いました。ふじみ野市内の駒林土地区画整理地域に対しましては、かなりメリットが有るだろうと思いました。(ただし、その先の東上線踏切、ヤオコー付近などでの渋滞が懸念されるのですが。)

 この県道陸橋の交差点なのですが、右折進入・進出は出来ない構造なので、どのように立体交差点を改良するのか、今後の課題の一つになると思われます。

 終点の国道463号線T字路の所なのですが、左折レーンは完成しており、旧:有料道路側からの左折車はスムースに流れているように思えます。曲がった先の国道463号線の渋滞発生がどうなるかは、今後しばらく観察が必要だろうと思います。場合によりましては、都市機能アップのために荒川の橋(羽根倉橋)や さいたま市内の道路改良という話になるかも知れないと私は考えています。

|

« エコシティ | トップページ | 大雨の予感 »

ふじみ野」カテゴリの記事

道路・クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538313/45815224

この記事へのトラックバック一覧です: 富士見川越有料道路の無料開放 (その2):

« エコシティ | トップページ | 大雨の予感 »