« 「道路台帳」の整備について (その2) | トップページ | room&room の閉店予告 (リズム) »

2009年9月23日 (水)

全く整備が進まない、苗間神明神社の所の道路

 前から不思議に感じている事なのですが、苗間神明神社の所の既存県道に接続する細い一方通行道路の話が有ります。ここには都市計画道路を整備する予定があり、すぐ北まで迫っている富士見市の市道と接続する予定になっています。しかし、ふじみ野市内のこの1区間だけ、全く整備が進まないのです。どうしてなのでしょうか。

 このままの構造ですと、志木方面から県道を走って来たクルマは、殆ど全数が大井陸橋を越えて東上線西側に向かってしまうと思います。すなわちこのままの構造では、ふじみ野駅東口の発展を大変阻害するので、地域全体の損失だと私は見ているのです。ふじみ野の「七不思議」の一つだと私は思っています。「ふじみ野ナーレ」(東口駅ビル)の開業とは、全く一貫性の無い話だと思うのです。

|

« 「道路台帳」の整備について (その2) | トップページ | room&room の閉店予告 (リズム) »

ふじみ野」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

道路・クルマ」カテゴリの記事

コメント

 「ふじみ野資料室別館」のブログからトラックバックを頂戴したのですが、そちらには「なるほど」と思うご意見が書いてあると思います。

 「ふじみ野市が富士見市に対して嫌がらせをしているのだ」とまでは書きたくなかったのですが、第三者的に見ますとそう見えてしまうのです。行政区分を超えたふじみ野エリア全体の一体的な発展を考えますと、この案件(道路整備)は私の頭の中では大きな不安材料になっているのです。

 かつては華やかであったアウトレットモール・リズムの現状とかも、不作為により「バチが当たったのではないか?」という感じにも見えてしまうのです。実際、鉄道駅から少し離れたアウトレットモールというのは、なかなか駅から歩行者には歩いてはもらえませんし、高速道路網から遠いアウトレットモールというのも、時代の流れからは完全に取り残されたと思います。リズムはインフラを作って魂を入れず、ハゲタカ(企業再生ファンド、REIT)に奪われておしまいという、悲しい結果になっていると思うのですが。そのREITも例の金融危機で破綻してしまい、ヤレヤレという状態です。

 いずれも、旧:大井町→ふじみ野市の一連の行政運営の中で、かなり不安を感じる事例だと私は思っています。このままで良いのでしょうか?

投稿: 竹内@ふじみ野.東上 | 2009年9月28日 (月) 00時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538313/46294890

この記事へのトラックバック一覧です: 全く整備が進まない、苗間神明神社の所の道路:

» 09/9/27その3 苗間神明神社前の未整備道路 [ふじみ野資料室別館]
竹内さんのブログにあった話題ですが、本件については、勝瀬原の発展の懸案でもあるこ [続きを読む]

受信: 2009年9月28日 (月) 00時21分

» 09/9/27その2 苗間神明神社付近を散策 [ふじみ野資料室別館]
昨日、自転車で区画整理地を自転車で散策したのですが、今回はちょっと足を伸ばして、 [続きを読む]

受信: 2009年9月28日 (月) 00時24分

« 「道路台帳」の整備について (その2) | トップページ | room&room の閉店予告 (リズム) »