« 介護・福祉系のサービス | トップページ | 高速道路無料化と鉄道 (その2) »

2009年9月 7日 (月)

フレキシブル燃料車 (FFV)

 少し、自動車関係の話題が続きます。

 日本では「アルコール燃料」で走行するクルマの話は殆ど話題にならないようですね。トヨタやホンダが販売している「ハイブリッド車」が、日本ではエコカーの主流になっているようですが。農業生産に由来するエタノール(化石燃料から合成した物は除く)は、元が光合成でCO2を吸収する植物に由来する物なので、これを燃焼させてもCO2は増加しないという理屈になっているそうです。

 世界的に見ますと、「E85燃料」のようなアルコール含有率のかなり高い燃料も存在し、それを使うための「フレキシブル燃料車」というのも有ると思います。日本では、アルコール用の作物を生産するような広大な農地は無いようなので、こういった話は進まないのだろうと私は思っています。(人間の食べ物を、自動車の燃料に使うのは如何な物かという議論も有るようですが。)

 日本では、従来のガソリンエンジンと互換性の有る「E3燃料」が、今のところは限度のようですね。

 E85燃料に関する資料ですが、こんな物を発見しました。(英語)

http://en.wikipedia.org/wiki/E85

 日本語は、下記です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%AB%E7%87%83%E6%96%99

 ブラジルでは「E100燃料」も存在するそうで、驚くばかりです。

 余談ですが、日本の現行税制ではエタノールの部分は非課税なので、ガソリン税の節税という効果も有ると思います。でも、日本でE85燃料が出回るような時代になれば、きっと税制改正されて課税されてしまうのでしょうね(汗)。

|

« 介護・福祉系のサービス | トップページ | 高速道路無料化と鉄道 (その2) »

環境」カテゴリの記事

道路・クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538313/46143603

この記事へのトラックバック一覧です: フレキシブル燃料車 (FFV):

« 介護・福祉系のサービス | トップページ | 高速道路無料化と鉄道 (その2) »