« 良くわからない交通政策 (その2) | トップページ | ふじみ野市長選挙の結果 »

2009年10月25日 (日)

駅ホームの傾斜と転落事故 (その3)

 複数の鉄道会社(JRや東京メトロなど)で、本件についての注意喚起(駅でのアナウンスやポスター掲示)が行われているのを目撃しました。さすがに主要報道機関で話題になっていますし、同じ箇所で複数回発生したという事で、無視できなくなったのでしょうか。

 注意喚起している内容は各社とも共通だと思うのですが、主な内容は、

 ・ホームには、水はけなどの関係で傾斜している場所がある。
 ・ホームではベビーカーや車椅子には、しっかりとブレーキをかける。
 ・ベビーカーや車椅子の車輪の方向を線路と並行にして列車を待つ。(転がっても転落しない方向にしておく。)

といった事になっておりました。

 抜本的には、やはりフェンスやホームドア等の物理的対策だろうと思いますが、これには時間も費用もかかりますから、上記のような暫定処置で仕方が無いでしょうか。

 あらためて、利用者も「駅のホームは潜在的に危険な場所」と認識する必要が有ると思います。

|

« 良くわからない交通政策 (その2) | トップページ | ふじみ野市長選挙の結果 »

リスク管理・防災」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

 駅の構造をあらためて観察したのですが、設計の古い駅ではホームのエレベーター出入り口が「線路に向かって」ついている場合が有ると思います。ふじみ野駅などは該当していると思うのです。

 この場合は、電動車椅子が暴走したりしますと、そのまま線路に転落してしまいますから、要注意の構造になっていると思います。最近エレベーターを設置した駅では、エレベーターの出入り口は線路の方向には向けていないと思います。

 エレベーターの真前については「フェンス」を設置するなどして防護する必要が有ると思うのですが、東上線の「手動運転」では電車の停止位置がなかなか一定しないですし、どのように対策をするのだろうか?と私は思っています。

 しかしたった15年余りでふじみ野駅の設計が陳腐化してくるとは、思いもしませんでした。

投稿: 竹内@ふじみ野.東上 | 2009年10月26日 (月) 00時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538313/46580573

この記事へのトラックバック一覧です: 駅ホームの傾斜と転落事故 (その3):

« 良くわからない交通政策 (その2) | トップページ | ふじみ野市長選挙の結果 »