« 選挙 (その5) | トップページ | 行政責任論 »

2009年10月 5日 (月)

選挙 (その6)

 ふじみ野市長選挙の様子をもう少し調べたのですが、ふじみ野市議会議員の与党会派の方々が、誰を支持するかで二手に分裂しているように見受けられます。

 ふじみ野市は、もう合併してから4年間も経過した「合併市」なのですが、地域を二分しかねない このような支援体制で良いのか、私はいささか疑問に感じました。全体で見ますと富士見市や三芳町も含めて合併する筈であった地域なのですが、現状は個人的には かなりおかしいと感じています。(おそらくですが、どの市町でも財源が不足し、固定経費の支出だけで手一杯になって、何ら新しい施策を展開できなくなるだろうと思います。)

 歴史を見ますと、他の地域では100年前の話でも「あの地域は」といった話が出る場合が有るようで、地域性とか合併というのは本当に難しい問題なのだと思います。人間なのですが、意外とこのような事を良く記憶しているのですね。

|

« 選挙 (その5) | トップページ | 行政責任論 »

ふじみ野」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538313/46397420

この記事へのトラックバック一覧です: 選挙 (その6):

« 選挙 (その5) | トップページ | 行政責任論 »