« 産業再生基金のような物 (ふじみ野市の場合) | トップページ | アクセス解析より (その3) »

2009年10月17日 (土)

駅ホームの傾斜と転落事故 (その2)

 この件なのですが、外国TV番組の BBC WORLD NEWS にて、ベビーカーがホームの端から転落し、その直後に電車が進入してきてという、ショッキングな映像が放映されていました。これは、ホームの監視カメラで撮影された映像だと思います。

 これは全世界どこでも発生しうる問題で、特に最近のベビーカーは大型車輪がついていて「良く転がる」物も有るので、駅のホームではしっかり監視しないと危険だと思います。

 駅でベビーカーや車椅子などの使用が認められている以上は、鉄道事業者側の安全対策(ホームドアの設置など)も真剣に必要だと思います。この対策の有無で、その鉄道事業者の「安全」に対する思想がわかるように思います。JRのような、車両によってドア位置がバラバラの鉄道事業者は、対応が大変だろうと思います。現在の構造のホームドアでは無理なので、新型を開発する必要がありますね。また狭いホームや、古い盛土のホームにホームドアを設置する方法も、技術革新が必要だと思っています。

 鉄道利用者も、駅のホームは潜在的に危険な場所だと、あらためて認識する必要が有りそうです。

|

« 産業再生基金のような物 (ふじみ野市の場合) | トップページ | アクセス解析より (その3) »

リスク管理・防災」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538313/46509495

この記事へのトラックバック一覧です: 駅ホームの傾斜と転落事故 (その2):

« 産業再生基金のような物 (ふじみ野市の場合) | トップページ | アクセス解析より (その3) »