« アクセス解析より (その3) | トップページ | 選挙 (その7) »

2009年10月18日 (日)

国土交通省(道路局関係)の平成22年度概算要求

 前回、国土交通省・鉄道局関係の概算要求について取り上げましたが、道路局関係も紹介をしておきます。

http://www.mlit.go.jp/road/ir/ir-yosan/h22.pdf

 ただし、これは民主党政権が発足する前に作成された物で、今後はかなり民主党からの影響を受けるだろうと思います。民主党なのですが、「東京外環自動車道」のような、本当に必要な道路までカットしているように思えますので、気になるのですが。(もちろん、国の借金がこれ以上増えるのも嬉しくはないので、難しいです。)

 また高速道路を無料化すると、鉄道事業者やフェリー事業者、バス事業者などは困る関係に有るので、公共交通、鉄道局などとバランスの取れた政策が必要だろうと思います。縦割り行政の弊害など、有ってはいけないと思うのです。あと無料化するから、新規道路建設が困難化するという側面も有ると私は思っています。(ワトキンス調査団の報告書などを参考。これは、日本の高速道路を有料道路方式で建設する事にした重要な報告書になっていると思います。)

http://www.ins-hwy-eco.or.jp/10information/101watkinsreport/watkins_n.htm

 私は以前は神戸在住でしたから、「名神高速道路」が開通した時の衝撃、快適さなどを良く覚えています。加速車線、追越車線、インターチェンジ、クロソイド曲線などは、その時に普及した日本語だろうと思います。NHK教育テレビで「テレビ自動車学校」(番組のテーマ音楽を今でも思い出せる)や「技能講座・自動車整備」といった番組も存在していた、自動車の高度成長、普及の初期段階の話です。

 当時の日本は、まだ敗戦の色が少し残っており、発展途上国のような感じで世界銀行から借金をしてまで名神高速道路や東海道新幹線を建設したと思うのですが、その時とは時代背景が相当異なるとは言え、現在の状況は色々と考える所が有ります。社会インフラの整備や維持管理はどうあるべきか?という問題なのですが。

|

« アクセス解析より (その3) | トップページ | 選挙 (その7) »

ふじみ野」カテゴリの記事

東京23区」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

道路・クルマ」カテゴリの記事

コメント

 道路なのですが、「高さ指定道路」という課題も有ると思っています。

http://www.mlit.go.jp/road/press/press04/20040322/20040322.html

 これなのですが、海上輸送で使う背高コンテナを輸送するには、日本のルールの「高さ3.8メートル」では不足しており、これを30センチ拡大して「高さ4.1メートル」を通行可能にした道路だと思います。

 道路についている信号機、歩道橋、標識、電線類、その他が全て高さ4.1メートルに対応していないといけないので、これの対応工事は大変な訳です。日本の港に到着した貨物をそのまま輸送するのが簡単ではないので、これでは日本の国際港湾の競争力も悪化すると言われている問題だと思います。

 鉄道ですと日本の狭軌鉄道は、海上コンテナの輸送はさらに条件が悪いですね。社会インフラ整備と国際競争力の関係というのは、国際標準化への対応という事を含んでいると思います。

 ふじみ野周辺で、どこが「高さ指定道路」になっているか探してみるのも、興味深いと思います。そのような場所に「トラックターミナル」が立地する可能性が高い訳です。

投稿: 竹内@ふじみ野.東上 | 2009年10月18日 (日) 11時43分

 ふじみ野エリアの「高さ指定道路」がどれなのか確認しましたが、こんな感じでした。

 ・関越自動車道
 ・川越街道
 ・県道56号の一部
 ・旧:大井町や三芳町のトラックターミナルが
  多い地域の幹線道路

 何故か、国道254号バイパスや国道463号の一部が「高さ指定道路」になっていないです。このままですと、富士見市の山室や上南畑、みどり野のあたりに大規模なトラックターミナルを誘致しようとしても支障が有ると思います。道路構造的にはあまり問題が無いように思えますので、「高さ指定道路」の公示が出るように各方面に対して働きかけをしていないだけでは?とも思えるのですが。

 海上コンテナをそのまま輸送できた方が物流がスムースになると思うのですが、駄目でしょうか。ここを中継点にして、各地の工場や大型小売店等に接続するとか、そのような物流戦略を考えうると思います。

 首都高速中央環状線の全線開通、高速練馬線の開通などがありますと、東京港の大井埠頭や横浜港の大黒埠頭などとの連絡が、さらにスムースになると思われます。埼玉県は「海なし県」なので、このような施設(物流の中継基地)は必要であろうと私は思っています。最近は、倉庫業務に付随した付加価値の高い作業(たとえば輸入したIT製品のキッティング、故障の有無の点検作業など)を実施する場合も、しばしば有るようですね。新しい雇用を生み出す事にもなると思います。

投稿: 竹内@ふじみ野.東上 | 2009年10月18日 (日) 16時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538313/46513912

この記事へのトラックバック一覧です: 国土交通省(道路局関係)の平成22年度概算要求:

« アクセス解析より (その3) | トップページ | 選挙 (その7) »