« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月30日 (月)

自動車のアクセルペダルが戻らなくなる現象 (その2)

 この件ですが、米国内で次第に騒ぎが大きくなり、結局のところリコールという話になったようです。日本国内では、まだリコール騒ぎまでは発展していないと思います。

 クルマの設計で「基本的な疑問」が有るのですが、「加速と減速の指示が同時に出た場合」には、「減速を優先させる」物なのではないでしょうか? もしそのあたりの基本が出来ていないのであれば、現在の日本国内のクルマは殆ど全数が怪しいという事になると思うのです。

 以前に真空倍力装置を使っている場合には、アクセル全開の場合にはブレーキの効きが余計に悪くなるという話も書きました。倍力装置の動力として、インテークマニホールドの負圧を利用している為です。エアーブレーキのように、正圧を利用している場合には、そうならないと思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地デジ説明会 (その8)

 12月分まで日程が掲載されたので、再度見てきました。依然として「ふじみ野」付近は含まれていません。

 http://digisuppo.jp/index.php/branch/saitama/14/seminars/

 もう諦めの境地に入りましたが、皆様の地デジ準備は、本当に大丈夫でしょうか?(都市型CATVを導入済みであったり、新しい住宅であったりすれば、概ね大丈夫だとは思いますが。) ふじみ野であれば、1993年の街びらきの頃やそれ以前に建設されたアパート・マンション(地デジという概念がまだ無い時代の物件)などは要注意だと思っております。

 さいたま市内での説明会の開催回数は凄い物で、やはり政令指定都市の勢いは凄いと感じます。(反対に、合併に失敗した当地の状況というのは、いやはや...。)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

バス共通カード(磁気カードシステム)の廃止

 ふじみ野エリアではバスの利用者は少ないためか、あまり話題にならないようなのですが、こんな発表が出ていました。首都圏の他のバス事業者も、ほぼ同様な発表を行っていると思います。

 http://www.tobu-bus.com/pc/images/data/20091120121810.pdf

 私は国際興業バスの説明チラシをゲットして来たのですが、それによりますとICカード向けの「バス特」に関するルールも変更になるようです。「バス特」はバス共通カードのプレミアムと比較をしますと不利とされていましたが、それが改善される事になるでしょうか。(利用金額が多いほど、有利となるルールになっているようです。バスを頻繁に利用する方を優遇するのだと思います。)

 なお「バス特」特有の「バスポイント」や「特典バスチケット額」は、鉄道駅の券売機では確認できませんので、注意が必要だと思います。(バス車内の料金箱や、バス事業者の営業所では確認できるようです。自宅のPCで確認できるのかは、良くわからないです。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月29日 (日)

スタイルアリーナ

 こんなサイトが、眼に止まりました。

 http://www.style-arena.jp/

 これを見て気がついた点なのですが、当地から東京メトロ各線で向かう事が可能な各地、すなわち原宿、渋谷、表参道、代官山、銀座などがカバーされており、当時「ふじみ野」は、これらの有名各地と関連性が有ると思うのです。若者ファッションのお店を、東京まで出かけなくも商品購入できるように整備して行けば、ふじみ野が「テーマ性の有る街」として成長する可能性も有ると私は読みました。

 現在の「リズム」に、その役割を期待する事は無理が有るでしょうか? ソフト的な施策だと私は考えております。ハードの変更は、とにかくお金がかかりますから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リズムの新オーナー

 リズムのオーナーが交代になったらしいという事は分かったのですが、具体的にどの会社が保有しているのかがまだわからないです。PM会社の丹青モールマネジメントの公式サイトを確認しましたが、「国内投資顧問会社」と書かれているだけで、どの会社の事なのかサッパリわからないです。

 http://www.tansei-mm.co.jp/mMall/oMallRhythm.htm

 オーストラリアの怪しげな会社よりは良くなる事を願っています。個人的には地元有力資本が保有するのが最良だろうと思うのですが、地元だけでは資金が足りないのでしょうか。地域外の会社が保有していますと、危うくなった時に また手放されたりして混乱する可能性が有ると思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デフレ経済に勝つ。

 フジ・サンケイグループやブルームバーグ関連の所だと思うのですが、こんな記事が掲載されていました。

http://www.business-i.jp/news/kinyu-page/news/200911210023a.nwc

 実際問題として、基本給上がらず、残業カット、ボーナスもカットという訳で、「収入減」を実感している方が多いのではないか?と思っています。これですと、当地に有るような「アウトレットモール」というのは、本来であれば大流行する筈だと思うのですが、日常の買い物にもっと役立つ商業機能を導入する事により活性化するだろうと思うのです。とりあえずは、この「冬のボーナス」の状況について注目でしょうか。

 昨今の突然の円高の動きも凄いです。ドバイ・ショックなどと言われているようですが、あそこは金融バブルでブクブクと太った所なので、破綻すると確かに影響が有るだろうと思います。金融関係者が対応で狼狽している様子が見て取れるのですが。円高は、自動車メーカーのような輸出産業には辛い仕打ちになると思うのですが、果たしてどうなるでしょうか。

 マクロ的に見ると上記記事の通りだろうと思うのですが、ふじみ野ローカルの領域に拡大して考えた場合には、どうなるのでしょうか。たとえば不動産取引ですが、ニュータウン地域なのに新築が盛んという状況ではないようで、空地が相変わらず目立ちます。あれだけ盛んであった「マンション建設」がパッタリと停止し、これでは人口増、産業振興がままならないだろうと思います。どのエリアとの競争に負けて当地の住宅建設が進まなくなったのかは、きちんと分析する必要が有るだろうと思っています。東武さんは、「東京スカイツリー」の建設が最優先でしょうから、東武さんに期待するのは駄目でしょうね。ふじみ野エリアには、殆ど関係の無い案件だと思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月28日 (土)

SOLDE・Kの移転 (リズム)

 公式サイトで見たのですが、「SOLDE・K」が1Fに移転になるそうです。2009年12月1日からですね。

 http://www.rism-city.com/news.html

 こうなりますと、2Fがほぼ全て空床になりますから、2Fの新しい用途について個人的には注目度がアップしてきました。まとまった床面積が有りますから、色々な展開を考えうると思います。どんどん活性化する事を期待しています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年11月25日 (水)

海外を目指す日本の小売業者

 コンビニと言えばふじみ野エリアでは「セブンイレブン」が中心の展開となっており、他のチェーンはあまり見かけないと思います。ファミリーマート関連記事なのですが、朝日でこんな記事を見かけました。

http://www.asahi.com/business/update/1124/TKY200911240492.html

 *いつものように、朝日の記事は期間限定掲載だと思います。

 特に中国での出店を加速させるようなのですが、これはただならぬ勢いだと思います。日本国内が飽和市場になってきているのは各社とも気がついているようで、特に中国を目指す傾向は顕著だと思います。外国企業から見ても日本市場はあまり重視されていないような印象で、いわゆるジャパンパッシング(日本を通過)という傾向が強まるだろうと思います。

 そのようなマクロ経済の日本の中にあるふじみ野エリアという訳なので、当地の発展のためには相当な頑張りが必要なのだろうと私は感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月24日 (火)

広州モーターショー

 日本の東京モーターショーは規模縮小という事でパッとしなかったのですが、今度は経済発展でいかにも調子が良さそうな中国の話です。(モラル無き発展という話も有るようなのですが、それはさておき。)

 NHKテレビの映像より
 http://www3.nhk.or.jp/news/k10013961451000.html

 テレビ映像だけでも、かなり雰囲気が伝わって来ると思います。中国の自動車市場は、もう米国を抜いて世界一になる勢いなのですね。当地付近の完成車メーカーや部品メーカーも、中国進出を加速という動きになりそうな気がします。ふじみ野付近から、中国に海外転勤だという方も出てくるかも知れませんね。

 当地ですと「セイコーモータースクール」が有りますから、そこの繁盛具合で日本の免許取得人口がまだ増えているのか、ある程度は様子を見る事が出来そうです。私が見聞している話は、特に都会では若者があまりクルマを購入しなくなった、という話です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年11月23日 (月)

家具の購入を検討

 自宅の書斎で使っているデスク(PCデスクを兼用)が手狭になり、更新を検討しています。最近のPCはワイド画面の物が増えて、新しいPCを購入する前にデスクをまず更新しておこう、という訳です。

 経費節減の折、やはり仕様・品質と価格のバランスを取りたく、複数の家具店で検討をしました。候補に上げた家具店は、とりあえず川越の「島忠」と、新座の「ニトリ」としました。以前ですとふじみ野市内などの「宝船」という選択肢も有ったのですが、つぶれていますね(汗)。ジャパンホームセンターも駄目になりましたし。

 島忠
 http://www.shimachu.co.jp/
 ニトリ
 http://www.nitori.co.jp/

 自宅を新築した時は「島忠」を結構使ったのですが、今の基準で考えますと品質は高いのですが価格も高く、プライス・パフォーマンスがあまり良くないような印象です。自由度の高いシステム型の書斎デスクも有るのですが、それを選択しますと総価格がさらに高くなってしまい、10万円を超えてしまいそうです。

 「ニトリ」なのですが、品質はそこそこなのですが、極めて劣悪という訳でもないので、やはり今の時代に合っているのだろうと思います。製品は画一的で選択肢は多くは無いのですが、逆に迷う要素が少なくて良いのでは?という判断も出来ました。という訳で、今回は「ニトリ」を選択する可能性が高いです。

 あと家具と言えば「IKEA」、「大川家具」、「大塚家具」といった選択も有りますが、今回は諸般の事情でパスしようかと考えています。皆様は、最近の家具購入というのは、どのようにされているのでしょうか。ネット通販という選択肢も有りますね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

国道254号バイパス (その3)

 久しぶりに国道254号バイパスの話ですが、旧:料金所付近(2本の並行した東西道路側の陸橋付近)の様子を確認しました。

 料金所施設の撤去工事は完全に終了しており、車線規制も解除されている状況でした。休日である11月23日の日中の状況は、現場を含めてバイパス全線にわたってスムースに流れている状態でした。

 旧:料金所の付近なのですが、やはりふじみ野駅東口方面を案内する「案内標識」は設置されていないです。この状態ですと地元で道順に詳しい方でないとふじみ野駅東口に向かう道順がわからず、通過されてしまうと思います。これでは、東口の商売などにも影響するでしょうから、早期の改善が必要だと思いました。当面なのですが、流入・流出のための道路、加速車線、減速車線を改良し、道順を示す案内標識を設置するだけでも、「ここに出入口が有る」事がわかるようになり、好ましいと思います。なお近くに小学校がありますから、通学路の安全対策は別途必要だろうと思います。

 バイパスから、あるいはバイパスに対して右折になる方向には進行できませんので、左折の繰り返しだけで走行する必要が有ると思います。

 あと、案内標識に「ふじみ野」と書いてある場合なのですが、具体的にどの地点を示すのか曖昧だと感じました。ふじみ野市役所付近なのか、ふじみ野駅付近なのか、「ふじみ野」という案内だけでは不明確だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

古い記事を読まれる場合のお願い

 いつも当ブログをご利用いただき、ありがとうございます。

 日付の古い記事を参照している方がかなりおられるようなのですが、古い記事に対するフォローは、私の方で必ずしも完全には行えていません。従いまして、なるべく日付の新しい記事から順番に参考にしていただけますよう、お願いを致します。

 例えば「あみプレミアム・アウトレット」に関する記事を読まれている方が多いようなのですが、それは既に古い内容となっております。

|

2009年11月22日 (日)

Ikka (リズムに復活)

 この情報が、リズム公式サイトに出ていました。こちらは11月28日(土曜日)に再開で、場所が1Fに移転になるそうです。

 http://www.rism-city.com/news.html

 リズムのオーナー(AM会社)が交代したような話も見聞していますので、少しずつでも良くなるように期待しています。2Fは依然として閑散としていますから、抜本的にコンセプト変更でしょうか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

PAJABOO (リズム新店舗)

 見たまま情報なのですが、こんなのが出ていました。11月27日(金曜日)開業予定だそうです。

 Sa350582

 ヒップポップ系のお店だと思います。理由は良くわからないのですが、副都心線方面に関連したお店の出店が、2店続く事になると思います。お店の公式サイトが、下記にありました。

 http://www.pajaboo.com/

 ダンサーがリズムに集まるようになるかも知れないと予測をしますが、それであればダンスの「練習場」や「発表の場」も用意しないといけないというのが私の意見です。スケボー少年とかも集まる傾向が有るようなのですが、そのあたりにリズム復活のヒントが有るような気がしています。スケボーとインラインスケートというのが、また同系統だと思うのですが。

 地元資本のお店のリズムへの出店は、なかなか有りませんね。(以前は有ったのですが、撤退済みだと思います。何らかの支援策が無いと、経営が難しいと思っております。)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

深夜のタクシー利用

 最近ですが景気があまり良くなく、深夜まで「目一杯の残業」をしてタクシーで帰宅という方は少ないだろうと思っているのですが、如何でしょうか。東京23区からですと、場所にもよりますが、深夜タクシーはふじみ野付近まで1万円を少し超える料金になると思います。首都高速道路や関越自動車道を通らないと時間がかかりますから、それらの通行料金も加算ですね。最近ではETC装備のタクシーが増えましたから、前よりは高速料金は安いと思うのですが。タクシーの基本料金が「710円」の時代となり、随分高くなったな、とも思うのです。

 何回深夜タクシーに乗っても、皆様の会社ではタクシー料金は出るのでしょうか。これが「自腹」という話になりますと大変辛く、郊外に住むと所要時間も深夜タクシー代も馬鹿にならないので、東京23区居住の方が良いという話になりかねず、当地の発展のためには気になる要素の一つです。

 ふじみ野駅からでも、「最終バス」の時刻が早いと、タクシー代は問題になるだろうと思います。

 タクシー待ちの人の行列が出来る事は、鉄道のトラブルでも無い限りは皆無で、タクシーの側が大量に客待ちをしていますので、利用者は楽になったと思います。でもタクシー会社やドライバーの皆様は儲からないので、大変ですね。長距離客に当たった場合はラッキー、という感じだろうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月19日 (木)

「高速無料化」の政策

 こんなニュースを見ました。朝日なので、期間限定掲載だと思います。

http://www.asahi.com/politics/update/1119/TKY200911180491.html

 結局のところなのですが、例の「高速無料化」は大都市や大都市近郊、高速の大幹線の利用者にはあまり恩恵が無いようです。国際公約のCO2削減目標との整合性も良くわからず、これはやはり良くわからない政策だと思いました。どうしてこんな物を、マニフェストに掲載したのでしょうか。

 東名・名神を無料化するのであれば、第二東名・第二名神の建設をもっと急ぎませんと、交通需要をさばけないと私は見ています。また、全区間を6車線にしないと駄目だと思います。大都市部は、もっと大規模な高速道路でしょうね。無料化した場合、それらの新しい高速道路の建設資金の確保方法は、良くわからないです。整備に何年かかるのかも、不明ですね。

 高速無料化というのは、当地の自動車産業、メーカーには朗報なのでしょうか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年11月18日 (水)

「池袋」のオフィスビルの謎

 「池袋」なのですが、もちろん東上線の始発駅となっており、東上沿線の「ふじみ野」の栄華盛衰にも関係すると思いますから注目しています。

 池袋なのですが商業スペースが中心の街として発展しており、「オフィスビル」は比較的少ないように思います。どうしてこのような傾向が出るのでしょうか。

 まず考えた事は、広域交通の拠点である東京駅、上野駅や羽田空港からは比較的遠い位置に有るという事があろうかと思います。山手線をグルリと回らないと池袋には来られないので(他のルートも有りますが)、地方からの出張者は池袋で会議となりますとロスタイムが大きいと思います。現在は「日帰り出張」が主流なので、東京に来てから移動に時間のかかる場所は嫌われるのかな?と思いました。

 「サンシャイン60」は池袋のオフィスビルの代表格だと思うのですが、何故かその後の開発(特に超高層ビルの建設)があまり進まないように思います。超高層ビルの建設は、最近では東京駅周辺が増えているようで、やはり広域交通の利便性が重視されているとか、そんな感じかと思います。

 戦後半世紀以上が経過していますから、もう東京拘置所(巣鴨プリズン)や戦犯裁判の面影は微塵も無いだろうと思っているのですが、そのような事の心理的影響は まだ存在しているのでしょうか。ならば、池袋は線路の反対側の西口開発の方が有望なのかも知れないです。それは、東上線の駅が存在している側ですね。

 個人的には、もう羽田空港(国際化でますます重要に)や新幹線駅と結ぶ高速交通手段が必須だろうと思っています。戦略的社会基盤整備、という訳です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FC2投票の途中経過より(リズムに欲しい新店舗)

 「リズムに欲しい新店舗」のFC2投票を継続中ですが、以下のような傾向が出ていると思います。

 まず「鉄道グッズのお店」がトップなのですが、鉄道趣味に関してこんなに多数の需要が有るのかな?と首をかしげています。意図的な連続投票については、あまり厳しい規制ではありませんので、そのあたりは読者の皆様のご判断に委ねたいと思います。

 「100円ショップ」が依然としてコンスタントに増えていますが、安い物を売る食品スーパーのように、日常生活感の強い業種について大きな需要が有るのだろうと思います。ブランド品を期待といったご意見は出てこないです。(ブランド店は、かつてはリズムに存在した業種ですが。)

 「食品スーパー」は、既に「生鮮館チャレンジ」や「東武ストアの新店舗」が開業したせいか、希望は多くはないように思います。また「ドラッグストア」という希望も上がってきませんので、それらは当地には十分に有ると考えられているのでしょうか。

 子育て環境に関連したご意見も見られると思います。お子様がいらっしゃるご家庭で、かつクルマを使えない場合には、遠くまで買い物に出かける事が困難という様子がチラホラと見えていると思います。

 「ふじみ野市役所の出張所」も、やはり希望として上がっていると思います。駅前は「富士見市」のエリアになっており、他市の中に出張所を開設するのが困難なのであれば、リズムの中というのは現実的な選択肢だろうと思います。役所に用事の有る方が、ついでにお買い物というパターンも考えられますし。

 その他のサブカルチャー系やカーシェアリングのような新しい考え方の物については、あまり人気が無いように思います。当地のTPOに合っていないか、埼玉県内である当地の考え方がかなり保守的で、このような業種を受け入れる素地が無いのだろうか?と思いました。「NHK文化センター」のような「カルチュアスクール」も駄目なようですね。これですと、駅前の「東武カルチュアスクール」の様子も心配ですが。東武さんは、NHKよりも受講料が高いですし。

 東京23区側がどんどんパワーアップしており、当地の商業は なかなか元気が出ないような様子なのですが...。特に池袋には、東上沿線の郊外型店舗の勢いを吸収してしまうような効果が有ると思うのです。池袋は、多くの方が通勤・通学で通過する場所ですから。

 以上、個人的な感想をかなり交えていますが、現状をまとめてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電気自動車の充電ステーション

 電気自動車(EV)が、2010年頃からそろそろ普及期に入るのでは?という観測が出ていると思います。まだ車両価格が高いのですが、どうなるでしょうか。

 普及には欠かせない「充電」の仕組みなのですが、東京モーターショー等で調べたところ、概ね下記の3種類(モード)が有るようです。

(1)急速充電方式(大元に3相交流200Vの配線が必要で、数100万円の設備投資がかかる。家庭用としては一般的ではない。) 充電時間が15~30分とされている。
(2)家庭用電源のAC200V。充電に時間がかかる。
(3)家庭用電源のAC100V。(2)よりもさらに充電に時間がかかる。

 (1)の充電ステーションですが、ガソリンスタンドに併設する方式が試行されているようです。またショッピングモール、たとえばイオンレイクタウンやららぽーと新三郷に設置されている事例も見かけました。ショッピングモールに設置されている物は、現時点では「充電は無料」という、特別大サービスのようです。さて、ふじみ野で見かけるようになるでしょうか?

 家庭用電源の場合でも、深夜電力などを利用すれば、かなり安価になるでしょうね。問題は車両の購入費用、という事かと思います。助成金を使っても、まだ高いと思います。

 個人的には、もう少し手軽な「電動バイク」も良いのではないか?と思います。騒音が殆ど出ないので、早朝の新聞配達などの業務用にも適すると思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年11月17日 (火)

ふじみ野市プレミアム付き共通商品券

 ふじみ野市限定なのですが、こんな商品券が発売になったようです。

http://www.syokoukai.or.jp/ooi/1shoko/1-kousyu/1-premium.html

 全店舗で使えるA券と大型店お断りのB券が有るようです。「リズム」の扱いがどうなっているのか調べましたが、一応は大型店という扱いで「A券のみ」という事でした。

 定額給付金の時のようなインセンティブが無いと思うのですが、これは売れるでしょうか。

 またふじみ野駅付近では、どうしても ふじみ野市、富士見市、三芳町共通でないと不便なように思います。将来は、これらの市町で商品券が共通化される事も期待したいと思います。とにかく、少し歩いただけでもすぐに市町の境界線を越えてしまう訳ですから。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年11月16日 (月)

昨今の賃貸住宅

 ふじみ野エリアの最近の新築賃貸住宅を見て気がついたのですが、ワンルームの物件は比較的短期間で満室になり、ファミリー系の物件は苦労しているような印象を受けます。ワンルームという事は、学生さんの短期居住、若しくは単身者の居住が中心だと思うのですが、如何でしょうか。ファミリー系ですと家賃が払える金額に収まる事や、子育て環境が当地で充実している事などが重要だろうと思います。

 ワンルームが増える事の是非については、色々な見解が有ると思うのです。

 過日に記事化した「ダイワリースの撤退」は、このような傾向と何か関係が有るでしょうか。

 新築分譲マンションや戸建住宅は、最近あまり増えなくなったと思います。やはり景気変動の影響を受けたのかな?と思っております。ふじみ野は折角TJライナー停車駅に昇格したのに、勿体無いなとも思うのですが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月15日 (日)

東京メトロ池袋駅開発の第2ステージ

 東京メトロですが、このような発表を行っていますね。

 http://www.tokyometro.jp/news/2009/2009-50.html

 既存の「エチカ池袋」を第1ステージだとしますと、第2ステージに相当する開発案件だと思います。東京メトロの駅ナカや駅前開発、侮るべからずと私は思いました。

 私が警戒しているのは、「ふじみ野ナーレ」や「アウトレットモール・リズム」の現状等に嫌気のさした方が、東京23区に向けて人口流出する事なのです。ふじみ野や埼玉県の「非東京的生活」を愛する方であれば、そのような事(他地域への転出)をされないとは思いますが...。

 東京メトロの発表にも「近年急増する都心生活を楽しむ近隣にお住まいの方」と、ターゲットカストマーについてはっきりと書いてあると思います。逆に東京23区の方々をふじみ野まで集客するのは、かなり大変だろうと私は思います。

 私もそうなのですが、「人生のステージ」に合わせて転居を繰り返す方が、結構いらっしゃると思います。そのような環境において、「ふじみ野」の立場というのはどうなるでしょうか? たとえば、高齢になっても楽しく安心して生活できる環境をふじみ野に準備する事は、私は重要だろうと思います。自分自身が高齢になった後の事(特にふじみ野という街の変化)は、あまり考えていない方が多いような印象を私は受けています。隣の上福岡駅や鶴瀬駅周辺もそうだと思うのですが、「パワーアップした東京23区の威力」に負けてくる恐れが高いと思うのです。クルマ社会の東京近郊の中小都市というのは、そのような宿命を背負っていると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「新」東上線

 ふじみ野とは関係の深い、東武東上線の「体質改善」に関する話題です。

 副都心線の開業、TJライナーの運行開始、交通バリアフリー対策の進展など「新」東上線の第1ステージが完成に近づいていると思います。しかし「新」東上線には第2ステージが有るはずで、それは2012年頃の話だろうと思います。ほんの一例ですが、次のような出来事を予測しています。

 ・副都心線を経由して、東急東横線との相互直通運転の開始
 ・信号システムのATC化による、抜本的なダイヤ改善
 ・上記に伴い、旧型車両の淘汰

 車両の標準化も進んでいるようですね。たとえば東武50000系列や東京メトロ10000系などが該当すると思うのですが、これは日立の「A-train」という製品群だと思います。

http://www.hitachi.co.jp/environment/showcase/speco_technique/a-train/01.html

 車体の製造方法が従来とはかなり異なりますし、ダブルスキン構造なので防音が良く車内が静か、装備的にもワンマン運転、ATO、ホームドア対応まで可能という事で、色々な特色が有ると思います。

 あと水面下の出来事で、国土交通省(鉄道局)の平成22年度概算要求に出ていたのですが、「小竹向原駅の立体交差化」というのが有ると思います。これは同駅には4系統の線路が乗り入れており運転系統が錯綜しているのと、平面交差の発生する組み合わせが有るので、ダイヤが乱れている時に余計にダンゴ運転になって大変という実情があります。立体交差化すると、これが大幅改善されると思われます。(*例の民主党の事業仕分けで、この事業がカットされないように希望していますが。)

 相互直通運転時のダイヤ乱れを抑制するために、折り返し設備の追加といった話も出たと思います。ふじみ野駅付近は、それを設置できる可能性が有ると私は考えています。

 東上線では「連続立体交差事業」が立ち遅れているのが気になるのですが、これは地元(埼玉県など)の財政力も関係するので、仕方が無いでしょうか。「連続立体交差事業」も、事業仕分けでカットされないように願っています。

 乗り入れ先の東急がかなり高級イメージが有るので、それに負けない水準での準備が2012年までに必要だと私は思っています。(他地域との住民や企業立地の争奪戦にも関係すると思うのです。) 東京メトロ線内での、東上線に関連した広告・キャンペーンなどによる「すりこみ」も重要だろうと思います。「将来の住民」の心を捉えないといけない訳ですから。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

地元の3首長のブログ

 地元の3人の首長さんは、いずれも自分のブログをお持ちだと思います。なかなか興味深い記事が掲載されていると思うのですが。個人的な見解では、これらの3首長さんが仲良くやっていただけませんと、当地付近はなかなか良くならないと思っています。頑張って欲しいです。

 ふじみ野市長
 http://h-takahata.blog.drecom.jp/

 富士見市長
 http://www.hoshino-shingo.com/
 *左側サイドバーの中に、RSSフィードされている画面が有るようです。ブログ本体の所在を発見できていません。

 三芳町長
 http://suzukihidemi.jugem.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月14日 (土)

事業仕分け (行政手法) (その3)

 国の行政刷新会議の方ですが、まちづくりに関連した物の結果がある程度出ていましたので、URLをまとめて紹介しておきます。

 個人的な感想は、国が余計な茶々を入れている事業が沢山有るという事で、「実力の有る地方自治体」の場合には地方で行った方が地元の実態に適した事業を行える物が多数有る、というものです。

 事業番号1-2
http://www.cao.go.jp/sasshin/oshirase/h-kekka/pdf/nov11kekka/1-2.pdf

 事業番号1-7
http://www.cao.go.jp/sasshin/oshirase/h-kekka/pdf/nov11kekka/1-7.pdf

 事業番号1-8
http://www.cao.go.jp/sasshin/oshirase/h-kekka/pdf/nov11kekka/1-8.pdf

 11月11日(水)の評決結果
http://www.cao.go.jp/sasshin/oshirase/h-kekka/pdf/nov11kekka/1.pdf

 事業番号1-9
http://www.cao.go.jp/sasshin/oshirase/h-kekka/pdf/nov12kekka/1-9.pdf

 事業番号1-10
http://www.cao.go.jp/sasshin/oshirase/h-kekka/pdf/nov12kekka/1-10.pdf

 11月12日(木)の評決結果
http://www.cao.go.jp/sasshin/oshirase/h-kekka/pdf/nov12kekka/1.pdf

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月13日 (金)

「100円ショップ」人気

 FC2投票では、現在も「100円ショップ」が人気上位を保っていると思います。これの実現性は、如何でしょうか。

 100円ショップ自体は、もう数10年も前に確立された業界・業種であって(戦後間もない頃のバッタ屋からの仕入れ、販売がそもそもの発端)、とりたてて珍しい物ではないと思います。それでは、当地への立地が進まない理由は?という事になると思うのです。100円ショップなのですが、現時点では既に「淘汰の時代」に入ったと言われているようで、小規模店舗では苦しいようです。ダイソーのような、お洒落で大型・物語型の店舗でないと経営が難しいように思えます。(こんな物でも100円で有るのか、という感じの意外性)

 色々な分析記事を見ますと商圏人口が10万人程度必要(ふじみ野市の人口程度)、200~300坪程度の店舗面積、独立系(仕入れ力が弱い)よりもダイソーのような大手FCに加盟、情報システムの整備が重要、開業資金は数1000万円程度、といったあたりだろうと思います。人員面は結構厳しいようで、店長(オーナー)1人にアルバイトやパートが2~3名程度で長時間営業というパターンのようです。コンビニが大規模化したような感じでもあり、なかなか辛い勤務かも知れないです。

 リズムの近くの産業文化センターに時たま独立系のお店が巡回して来るようなのですが、そこの賑わいを見る限りは常設店舗がある程度行けそうな気もしますが、甘いでしょうか。リズムの場合には、テナントスペースがスケルトンですし、内装工事費用、毎月の家賃の金額(なるべく安く)もポイントでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年11月11日 (水)

ダイワリース ふじみ野営業所

 何時の話か不明なのですが、ダイワリースのふじみ野営業所がひっそりと閉鎖になっておりました。当地には不動産活用を考える地権者が多い筈なのですが、そこまで話が進まない経済状況という事なのでしょうか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年11月10日 (火)

埼玉県立高校の統廃合(案)

 私はあまり知らなかった話なのですが、こんな事が埼玉県では進行中なのですね。

http://www.pref.saitama.lg.jp/A20/BU00/ikiiki/koukisaihenseibikeikakuan.pdf

 ふじみ野エリア関連では、大井高校と福岡高校との統合(福岡高校の施設を廃止)という案が出ていると思います。この資料を見る限りでは、富士見高校には影響が無いと思われます。

 このような案が出ているという事は、埼玉県の当地付近でも少子高齢化の影響(中学卒業生数の減少)が無視できなくなったのでしょうね。私立高校に生徒を奪われているという事も有るのでしょうか。おまけに民主党が「高校授業料の実質無料化」という政策を出していますから、魅力の無い公立高校ですと私立にどんどん生徒を奪われると思います。

 高校入試も、定員が変化したり公立と私立の壁が低くなったりするので、今まで「定石」とされていた作戦は通用しなくなるでしょうね。中学校の現場では、かなり困るような気もします。公立の「名門」と呼ばれる学校(さいたま市内、川越市内などに心当たりがありますが)は、人気が集まる傾向は今後も継続でしょうか。

 ふじみ野エリアに沢山ある「学習塾」は、どのように対応するでしょうか。学習塾がやけに繁盛しているのは、この件からの影響も有るのでしょう。ふじみ野の「街びらき」から16年が経過しますが、どうなるでしょうか。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年11月 9日 (月)

事業仕分け (行政手法) (その2)

 高畑氏(ふじみ野市の次期市長)も「事業仕分け」を行うのではないか?と見聞をしています。国政レベルでも「事業仕分け」の話はマスコミで盛んに報道されるようになったと思います。

 ただし国政レベルの場合には、「地方自治体に事業移管する」という選択肢もあって、費用ばかりかかってあまり有り難くない事業が地方自治体に落ちて来る可能性も有ると思っています。そのような物を、さらにダブルで「事業仕分け」するような話になるのでしょうか。

 この行政手法なのですが、非常に流行しそうな予感がしますが、議会と仕分け人の「ダブルスタンダード」になりそうな気もしますし、実際のところ良くわからないです。仕分け人も、どうやって選ぶのでしょうか。いずれにしましても、処理過程の「透明性」が極めて重要だろうと思います。地方自治体に落ちてきた事業は、「財源」や「有能な専門的人材」とセットの話でないとお手上げになってしまうと思います。

 民間に投げるという選択肢も、ふじみ野市の市民プールの事例などを見ますと丸投げになってしまう場合があり、危険な側面も有ると思います。専門家が、きちんと見ないといけないと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

鉄道の連続輸送障害に驚く。

 今朝(2009年11月9日)なのですが、北関東地域において「濃霧」が発生しており、鉄道各線に軒並み遅延が発生したと思います。東上沿線の自然条件になるのですが、「濃霧」は泣き所になりますね。雨の翌日で気温が下がった朝など、特に要注意になると思います。

 今後、東京メトロ副都心線を経由して東横線とも直通するようになると思うのですが、東京や神奈川の方はどうして東横線まで遅延が拡大するのか、理解できないでしょうね。「迷惑乗り入れ」などと批判されないように、鉄道他社まで影響を拡大しないようにする取り組みは、各社で必要になると思います。東上線の場合は、隣の西武池袋線からの影響も受けますから、驚くのですが。

 それからJRへの乗り継ぎ時に、新宿駅付近でも分岐器や信号の障害が発生し、ストップしていました。おまけに池袋駅付近で公衆の線路立ち入りがあったという事で、防護無線で全列車がストップしてしまい、大変な事になりました。新宿駅付近のトラブルは、過日(11月7日)の大機規模工事で何か間違いがあったのでは?と疑われているようで、JRでは調査中だと思います。まあ、数100~数1000本もの電気配線も絡んでいる訳なので、全くのノートラブルというのは至難の技だとは思いますが、人命を預かっている「鉄道」の話なので、気になる訳です。

 11月8日(日曜日)に、JR新宿駅の1番線が使用停止になっていましたので、何か故障があったのかな?と疑ってはいたのですが...。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2009年11月 8日 (日)

住宅ローン返済世帯の個人消費について

 第一生命経済研究所のレポートなのですが、こんなのを発見しました。

http://group.dai-ichi-life.co.jp/dlri/rashinban/pdf/et09_219.pdf

 ふじみ野エリアはいわゆる「ニュータウン地域」になっており、新築の一戸建てやマンションがかなり多く、このレポートに書かれている内容がかなり当てはまるのではないでしょうか。それに加えて、最近学習塾の前を通りかかりますと、多くの子供でかなり繁盛している様子で、両親は家計が苦しい筈なのに子供の塾代だけはポンと出すという雰囲気も感じます。

 住宅ローン返済、子供の教育費などでお金が無くなるとして、残る金額がどの程度になるのでしょうか。返済破綻を避けるには、買い物は極力抑制するしか無く、昨今の「100円ショップ人気」「生鮮館チャレンジ人気」などにもその傾向が現れているように思います。「贅沢品」の買い物は、かなり遠くにあるような印象です。映画館や遠出は控えて「レンタルビデオ」で我慢という傾向も見えると思うのですが。

 「リズム」の再生を考える場合も、当地のこの傾向を考慮しないと再生はままならないであろうと私は考えました。すなわち、地元住民だけでは多くの売上を期待できないので、やはり遠方からリッチな方を集客する必要が有るだろうと思うのです。そうなりますと、交通環境や施設規模がいささか劣る「リズム」の状況が気になったりします。「リズム」に限らず、ふじみ野エリアでは「安い物」を売らないといけない傾向がはっきりしてきたと思いますから、地価や賃料が高いままでは商店の事業採算性の点で支障を来たすので、それらを押し下げる圧力になるだろうと思います。

 地価が下がれば、マイホームのオーナーにしてみれば「含み資産」の金額が下がる訳なので、これまた個人消費を抑制する方向に働くだろうと感じます。ふじみ野エリアのマクロ経済の傾向としては、こんな事を感じています。「ふじみ野」の名前のイメージだけでは、街おこしは かなり険しいと考えました。

続きを読む "住宅ローン返済世帯の個人消費について"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月 6日 (金)

ふじみ野市の駒林土地区画整理地域の住居表示、その他

 ふじみ野市の駒林土地区画整理地域の住居表示の案を見かけました。(出典:某政党の広報紙面)

 駒林元町1丁目~4丁目という案で、県道よりも南側の地域で指定する案が出ていました。県道より北側で新駒林1丁目~4丁目が既に存在するので紛らわしいようにも思ったのですが、許容範囲内でしょうか。

 あと、富士見市の勝瀬地域でも住居表示の予定が有ると思います。ふじみ野西1丁目~4丁目、ふじみ野東1~4丁目、といった案が出ていたと思います。この付近なのですが、こんな感じの地名が隣接して並ぶ事になるのですが、やむを得ないでしょうか。

 ふじみ野市ふじみ野, Fujimino, Fujimino, Saitama
 富士見市ふじみ野西, Fujimino-nishi, Fujimi, Saitama
 富士見市ふじみ野東, Fujimino-higashi, Fujimi, Saitama

 「ふじみ野」の名前には、絶大なブランド価値があるのだという出来事だと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年11月 3日 (火)

ふじみ野市産業まつり

 ふじみ野市産業まつり(2009年11月3日開催)に行って来ました。今年は、旧:大井と旧:上福岡が統合されての開催という事で、ふじみ野市が発足してから合同開催にこぎつけるのに4年間もかかったと思います。会場は、今年度に拡張工事が完成したばかりの「福岡中央公園」でした。

 http://www.city.fujimino.saitama.jp/info/detail_724.html

 これは市内や近隣の商工事業者が出展をしている、商工業振興・まちおこし等を目的としたイベントだと思います。テント数は101張り(主催者テントを含む)で、見た目ではかなり盛況に見えました。個人的には、旧:上福岡エリアにも知り合いがいるため、同エリアの商店主の方ともお会いしたりして楽しめました。

 産業まつりの雰囲気がわかる写真を、いくつか掲載します。

Sa350530_2  Sa350531  Sa350532

Sa350533  Sa350534  Sa350537

続きを読む "ふじみ野市産業まつり"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年11月 2日 (月)

自宅PCのメモリ増設作業

 以前から使っている、アキアの MicroBook Giga GM515/170-DR の話です。(2001年購入)

http://www.watch.impress.co.jp/pc/docs/article/20010911/akia.htm

 Windows 7 の時代になりましたし、もういい加減にPC全体をリプレースしてはどうか?とも思うのですが、メモリ増設でさらに延命を目指す事にしました。なお以前にHDDのリプレースを行っていますので、HDD寿命の問題は克服しています。あまり特殊な構造を採用していない製品なので、自作PC並に自由がきく訳です。

 「@IT」の記事を参考にしたのですが、現在でもこの記事は役に立ちますね。

http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/166memoryusage/memoryusage.html

 私のPCの場合、こんな値になっていました。

 物理メモリ(KB)
 合計                          1048048
 利用可能                     248000 前後
 システムキャッシュ    434000 前後

 コミットチャージ(KB)
 合計                          1134248
 制限値                       3567768
 最大値                       2248768

 アプリケーションを多数起動した時のメモリ不足が顕著なようですから、増設する事に致しました。アキア社が健在で この製品を販売していた頃の最大サポートメモリ容量が1.5GBでしたから、あと512MB追加して最大容量まで拡張する事にしました。

 バッファロー等の一流メーカー品も考えたのですが、最近では旧タイプのメモリはかえって高額になっており、1万円を超えていましたので早々と諦め、ヤフーオークションでバルク品と思われる物を入手する事にしました。品物代+送料+ヤフー手数料の合計で、1,848円となりました。秋葉原などで、もっと安いバルク品や中古品が有るかも知れませんが、足を運ぶ時間がありませんし交通費もかかるという事で、この金額で妥協する事にしました。

 以下は、バッファローの新品価格の相場になります。(今回は、これを購入しませんでした。電子部品の価格は相場的な動きをしますから、結構厄介な物だと思うのですが。)

http://bg-trend.com/001006002000000_buffalovs133512m.html

 現在、出品者からの品物の着荷を待っているところです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

「青い照明」で人身事故を予防?

 最近ですが、東武東上線で「人身事故」がかなり増えてしまい、利用者も東武鉄道もさんざんな目にあっているのではないかと思います。オブラートで包んだ優しい表現で公式発表されてはいるのですが、実際の現場は悲惨な物なのではないでしょうか。不況が長期化しているせいか、依然として増加傾向にあるように思います。

 このまま東上線が「名所」化しては大変ですし、それにしてもホームドアも立体化も進展していない路線なので、狙われやすい環境にあると思います。これは、何としても対策が必要だと思うのです。

 全国各地で事例が見られるようになったのですが、「青い照明」の設置というのが有ると思います。下記の記事に、写真入りで実例が紹介されていますね。

 http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0001684433.shtml

 実際どの程度の効果が有るのか不明なのですが、数字的にはある程度の相関関係があると言われているようです。これ以外にも、必要箇所のフェンスの構造強化、ガードマンの配置、将来的には立体化やホームドア整備などで、次第に目標達成されて行く事になると思います。それ以前にも、人身事故が増えてしまうような世知辛い世相を何とかしないといけないと、強く感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツェッペリンNT号 (飛行船の旅)

 いささか旧聞に属するかも知れないのですが、今年も飛行船の「ツェッペリンNT号」のクルーズが行われているのに気がつきました。ふじみ野エリアからもほど近い「ホンダエアポート」からの発着で、国道254号バイパスなどを経由して空港に行く事ができると思います。

 http://www.nac-airship.com/cruise/
 http://www.nac-airship.com/

 運賃が高くて なかなか手が出なかったのですが、さいたま新都心の所で折り返して来る短縮コースも設定されたようです。それでも、1人・5万円もするのですが。

 NHKのテレビ番組などで、キャビンからの撮影映像が使われたのも記憶しております。

 これでは運賃が高すぎる場合には、本田航空の軽飛行機によるクルーズも有りますね。こちらは、私は体験した事があります。

 http://www.honda-air.co.jp/people/index.html
 http://www.honda-air.co.jp/

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年11月 1日 (日)

新型インフルエンザ対策 (その7)

 地元でどの程度話題になっているのか はっきりとしないのですが、改めましてこの件の注意喚起をしておきます。下記は、自治体からの案内の一例です。

http://www.city.fujimino.saitama.jp/life/health/influenzajoho.html

 持病のある方が重症化、死亡という事例も報告されているようなので、油断大敵だと考えます。一般マスメディアがいちいち報道しているとキリが無い程の件数が発生していると思います。皆様の勤務先等で報告されている事例も有るかと思うのですが。

 私の解釈なのですが、一般マスメディアが騒ぎすぎると社会全体がパニックになるので、やや抑制傾向で報道しているという認識です。実際には深刻な状況かも知れないのですが、私の心配が杞憂である事を願っています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

埼玉県民の日

 「埼玉県民の日」は毎年11月14日なのですが、今年は土曜日と重なっていますね。社会人の方もこの日はお休みになる方が多いでしょうから、お出かけの方で賑わうような予感がします。

 鉄道各社の埼玉県内フリーきっぷが発行されたり、各地の施設が無料や割引になったり、イベントが開催されたりすると思います。また「土曜」なので、例の「高速道路1000円」に対して鉄道が有効に対抗できるのか?という点でも私は注目をしています。

 下記URLの公式ページに、少しずつ案内が掲載されているようです。

http://www.pref.saitama.lg.jp/A12/BA00/kenminnohi/index.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RJT関連のAM業務

 こんな記事を見かけました。

http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/nfm/news/20090910/535259/

 ただし購読者でないと記事の抜粋しか読めませんので、これらの11物件の中に「リズム」が含まれているかは、サッパリわかりませんでした。

 なお「サヴィルズ・ジャパン」のHPは、下記に存在しています。

 http://www.savills.jp/

 なお大元の情報が出たのは2009年8月なので、それはRJTに関するオーストラリアの裁判所の決定がまだ出ていなかった時期だと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »