« FC2投票の途中経過より(リズムに欲しい新店舗) | トップページ | 「高速無料化」の政策 »

2009年11月18日 (水)

「池袋」のオフィスビルの謎

 「池袋」なのですが、もちろん東上線の始発駅となっており、東上沿線の「ふじみ野」の栄華盛衰にも関係すると思いますから注目しています。

 池袋なのですが商業スペースが中心の街として発展しており、「オフィスビル」は比較的少ないように思います。どうしてこのような傾向が出るのでしょうか。

 まず考えた事は、広域交通の拠点である東京駅、上野駅や羽田空港からは比較的遠い位置に有るという事があろうかと思います。山手線をグルリと回らないと池袋には来られないので(他のルートも有りますが)、地方からの出張者は池袋で会議となりますとロスタイムが大きいと思います。現在は「日帰り出張」が主流なので、東京に来てから移動に時間のかかる場所は嫌われるのかな?と思いました。

 「サンシャイン60」は池袋のオフィスビルの代表格だと思うのですが、何故かその後の開発(特に超高層ビルの建設)があまり進まないように思います。超高層ビルの建設は、最近では東京駅周辺が増えているようで、やはり広域交通の利便性が重視されているとか、そんな感じかと思います。

 戦後半世紀以上が経過していますから、もう東京拘置所(巣鴨プリズン)や戦犯裁判の面影は微塵も無いだろうと思っているのですが、そのような事の心理的影響は まだ存在しているのでしょうか。ならば、池袋は線路の反対側の西口開発の方が有望なのかも知れないです。それは、東上線の駅が存在している側ですね。

 個人的には、もう羽田空港(国際化でますます重要に)や新幹線駅と結ぶ高速交通手段が必須だろうと思っています。戦略的社会基盤整備、という訳です。

|

« FC2投票の途中経過より(リズムに欲しい新店舗) | トップページ | 「高速無料化」の政策 »

東京23区」カテゴリの記事

不動産」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538313/46793061

この記事へのトラックバック一覧です: 「池袋」のオフィスビルの謎:

« FC2投票の途中経過より(リズムに欲しい新店舗) | トップページ | 「高速無料化」の政策 »