« 住宅ローン返済世帯の個人消費について | トップページ | 事業仕分け (行政手法) (その2) »

2009年11月 9日 (月)

鉄道の連続輸送障害に驚く。

 今朝(2009年11月9日)なのですが、北関東地域において「濃霧」が発生しており、鉄道各線に軒並み遅延が発生したと思います。東上沿線の自然条件になるのですが、「濃霧」は泣き所になりますね。雨の翌日で気温が下がった朝など、特に要注意になると思います。

 今後、東京メトロ副都心線を経由して東横線とも直通するようになると思うのですが、東京や神奈川の方はどうして東横線まで遅延が拡大するのか、理解できないでしょうね。「迷惑乗り入れ」などと批判されないように、鉄道他社まで影響を拡大しないようにする取り組みは、各社で必要になると思います。東上線の場合は、隣の西武池袋線からの影響も受けますから、驚くのですが。

 それからJRへの乗り継ぎ時に、新宿駅付近でも分岐器や信号の障害が発生し、ストップしていました。おまけに池袋駅付近で公衆の線路立ち入りがあったという事で、防護無線で全列車がストップしてしまい、大変な事になりました。新宿駅付近のトラブルは、過日(11月7日)の大機規模工事で何か間違いがあったのでは?と疑われているようで、JRでは調査中だと思います。まあ、数100~数1000本もの電気配線も絡んでいる訳なので、全くのノートラブルというのは至難の技だとは思いますが、人命を預かっている「鉄道」の話なので、気になる訳です。

 11月8日(日曜日)に、JR新宿駅の1番線が使用停止になっていましたので、何か故障があったのかな?と疑ってはいたのですが...。

|

« 住宅ローン返済世帯の個人消費について | トップページ | 事業仕分け (行政手法) (その2) »

リスク管理・防災」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

 トラックバック先の記事でも紹介されていたのですが、自民・公明の連立政権時代に出てきた下記の政策案があります。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090827-OYT1T00601.htm

 記事の要点なのですが、「途中駅で折り返し運転するための引き込み線の整備や、鉄道会社間の情報共有や乗客への情報提供の改善を図るソフト面の対策が柱となる。」となっています。

 また私が別途調べた概算要求の中では、例の厄介な「小竹向原駅」付近の立体交差化の話も出ていたと思います。

 あまり費用がかからないのであれば有効な対策だと思うのですが、現在の民主党を中心とした連立政権では都会住民にとって必要な施策でもバシバシと切る構えのようなので、どうなるか少し懸念をしています。何故か、国土交通省関連の物に対してはとりわけ厳しいようなのですが。例の八ッ場ダム(やんばダム)の事例が象徴的だと思います。

 あと東上線固有の事情では、何故か東武さんは非常渡り線を使った「本線折り返し」の運用をあまり行わないようです。鉄道他社では何の問題も無く実施しているのですが、東武さんで出来ない理由は不明です。非常渡り線の設置や、右側通行を可能にする信号・踏切関係の手配が必要ではありますが。

投稿: 竹内@ふじみ野.東上 | 2009年11月 9日 (月) 22時39分

逆に東横線の遅れの影響を受けかねないわけで、東上線利用者としては、それが気がかりです。
東横線は、一部10両化するものの基本8両のようですし、輸送力が不足気味なのも気になります。

投稿: たけたけ | 2009年11月10日 (火) 09時43分

 たけたけ様、こんにちは。

 東横線からの影響は、あまり受けないような気がしています。なぜならば、地下の渋谷駅が2面4線の豪華設備になる予定で、ダイヤ乱れが発生した時は渋谷駅を境にして折り返し、乗客は同一ホーム上で乗り換えが可能だからです。

 東上線の側は、他社に迷惑をかけないようにするならば、ずっと手前の志木あたりで打ち切りにするしか無いと思われます。東上線は全列車直通方式ではなくてサブターミナル方式になっていますし、東横線のような事は出来ないというのが私の認識です。車両も地上線専用の型式があったりとか、運転整理上の問題点が多いと思います(いきなり行き先を変更し、地下鉄方面に向かわせる訳には行かない。)。全ての車両を地下鉄乗り入れ仕様にするとだいぶ違うと思うのですが、それには多額の費用がかかりますね。ATOやホームドア対応仕様にしないといけないというハードルも有ります。

 東横線は、MM21線への乗り入れも有りますから、既に全ての車両が地下鉄乗り入れ仕様になっていると思います。お金のある会社は、やる事が違うと思います。

 追伸:初回投稿時に「渋谷駅が2面2線」になっていましたので、修正しました。

投稿: 竹内@ふじみ野.東上 | 2009年11月10日 (火) 23時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538313/46718954

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道の連続輸送障害に驚く。:

» 首都圏鉄道遅延対策 [かにうさぎの部屋]
相互乗り入れ拡大に伴い、首都圏では、列車遅延も増加している。1つの線の遅れが他の [続きを読む]

受信: 2009年11月 9日 (月) 21時46分

« 住宅ローン返済世帯の個人消費について | トップページ | 事業仕分け (行政手法) (その2) »