« スタイルアリーナ | トップページ | 地デジ説明会 (その8) »

2009年11月30日 (月)

バス共通カード(磁気カードシステム)の廃止

 ふじみ野エリアではバスの利用者は少ないためか、あまり話題にならないようなのですが、こんな発表が出ていました。首都圏の他のバス事業者も、ほぼ同様な発表を行っていると思います。

 http://www.tobu-bus.com/pc/images/data/20091120121810.pdf

 私は国際興業バスの説明チラシをゲットして来たのですが、それによりますとICカード向けの「バス特」に関するルールも変更になるようです。「バス特」はバス共通カードのプレミアムと比較をしますと不利とされていましたが、それが改善される事になるでしょうか。(利用金額が多いほど、有利となるルールになっているようです。バスを頻繁に利用する方を優遇するのだと思います。)

 なお「バス特」特有の「バスポイント」や「特典バスチケット額」は、鉄道駅の券売機では確認できませんので、注意が必要だと思います。(バス車内の料金箱や、バス事業者の営業所では確認できるようです。自宅のPCで確認できるのかは、良くわからないです。)

|

« スタイルアリーナ | トップページ | 地デジ説明会 (その8) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

道路・クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538313/46894618

この記事へのトラックバック一覧です: バス共通カード(磁気カードシステム)の廃止:

« スタイルアリーナ | トップページ | 地デジ説明会 (その8) »