« 家具の購入を検討 | トップページ | 海外を目指す日本の小売業者 »

2009年11月24日 (火)

広州モーターショー

 日本の東京モーターショーは規模縮小という事でパッとしなかったのですが、今度は経済発展でいかにも調子が良さそうな中国の話です。(モラル無き発展という話も有るようなのですが、それはさておき。)

 NHKテレビの映像より
 http://www3.nhk.or.jp/news/k10013961451000.html

 テレビ映像だけでも、かなり雰囲気が伝わって来ると思います。中国の自動車市場は、もう米国を抜いて世界一になる勢いなのですね。当地付近の完成車メーカーや部品メーカーも、中国進出を加速という動きになりそうな気がします。ふじみ野付近から、中国に海外転勤だという方も出てくるかも知れませんね。

 当地ですと「セイコーモータースクール」が有りますから、そこの繁盛具合で日本の免許取得人口がまだ増えているのか、ある程度は様子を見る事が出来そうです。私が見聞している話は、特に都会では若者があまりクルマを購入しなくなった、という話です。

|

« 家具の購入を検討 | トップページ | 海外を目指す日本の小売業者 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

道路・クルマ」カテゴリの記事

コメント

 朝日の下記の記事も閲覧しましたが、やはり中国の凄い勢いを感じるという印象は同じでした。東京モーターショーですが、日本国内市場の重要性が低下している現状では、やはり内容の見直しが避けられないかも?と思いました。

http://www.asahi.com/business/update/1123/TKY200911230248.html

 *朝日の記事は、期間限定掲載だと思います。

 中国メーカーは、日本メーカー等との合弁事業は解消する方向のようで、将来は日本メーカーに対する強力なライバルになるという事も予測をしました。現在のアパレル産業などと同じ状況に、日本国内がなる可能性も有ると思います。

 あと「中国」の国情ゆえ土地利用が簡単で、高速道路などのクルマ用の社会資本整備が中国国内では凄い勢いで進む傾向が有ると思います。そのような事も、中国のクルマ社会の進展を後押ししているように思います。日本は、海を超えた大気汚染(NOXによる光化学スモッグの多発など)の影響を受ける可能性も有るので、今からエコカー普及については中国の後押しをしないといけない立場であるように見えます。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E8%8F%AF%E4%BA%BA%E6%B0%91%E5%85%B1%E5%92%8C%E5%9B%BD%E3%81%AE%E9%AB%98%E9%80%9F%E9%81%93%E8%B7%AF

投稿: 竹内@ふじみ野.東上 | 2009年11月24日 (火) 06時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538313/46845597

この記事へのトラックバック一覧です: 広州モーターショー:

« 家具の購入を検討 | トップページ | 海外を目指す日本の小売業者 »