« 新型インフルエンザ対策 (その7) | トップページ | 「青い照明」で人身事故を予防? »

2009年11月 2日 (月)

ツェッペリンNT号 (飛行船の旅)

 いささか旧聞に属するかも知れないのですが、今年も飛行船の「ツェッペリンNT号」のクルーズが行われているのに気がつきました。ふじみ野エリアからもほど近い「ホンダエアポート」からの発着で、国道254号バイパスなどを経由して空港に行く事ができると思います。

 http://www.nac-airship.com/cruise/
 http://www.nac-airship.com/

 運賃が高くて なかなか手が出なかったのですが、さいたま新都心の所で折り返して来る短縮コースも設定されたようです。それでも、1人・5万円もするのですが。

 NHKのテレビ番組などで、キャビンからの撮影映像が使われたのも記憶しております。

 これでは運賃が高すぎる場合には、本田航空の軽飛行機によるクルーズも有りますね。こちらは、私は体験した事があります。

 http://www.honda-air.co.jp/people/index.html
 http://www.honda-air.co.jp/

|

« 新型インフルエンザ対策 (その7) | トップページ | 「青い照明」で人身事故を予防? »

東京23区」カテゴリの記事

航空」カテゴリの記事

埼玉県」カテゴリの記事

コメント

 ホンダエアポートの将来像についても、再度取り上げます。

 最近の国土交通大臣の発言などで、「羽田空港を国際ハブ空港として整備する」方針がはっきりとしていると思います。4本目の滑走路を既に工事中なのですから、公共設備投資の効率から考えてもこれは妥当な方針だと私は思います。その後、成田空港側からの強い反発があって、若干の修正がなされたようですが、両空港を結ぶ高速鉄道の強化などと併せて検討される事になるでしょうか。

 こうなりますと、首都圏第三空港候補としてのホンダエアポートや横田基地の立場というのは微妙な物になったと思います。それに加えまして、当地には米軍管理の「横田空域」の問題がありますから(日本の地位が おびやかされているという問題)、元から軍用以外の大型機の飛行は難しい訳ですね。ホンダエアポートが「生きる道」は、現状では限られた用途しか無いでしょう。

 横田空域について
 http://www.chijihon.metro.tokyo.jp/kiti/kuiki/kuiki.htm

 横田空域を避けて飛行するには、成田空港の方がやや有利ではないかと思われます。

 それ以外にも、JALやANAのような民間航空会社が不採算路線を多数設定する訳には行かないので、空港の数を集約しないといけないでしょう。個人的には空港の数を削減し、拠点空港に直結する高速道路や高速鉄道、地下鉄などの整備がベターだと思っています。

 当地に関連する物では、首都高速中央環状線の湾岸線までの全区間開通、高速練馬線、鉄道の鎌・鎌連絡線、エイトライナーなどが優先度が高いと思います。羽田空港行きリムジンバスという課題も有りますね。(現在は、成田空港行きしか存在しません。)

 私の郷里の「神戸空港」の立場ですら、微妙な物があると思っています。神戸空港建設時に反対する意見も多かったと思うのですが、現在の状況を見ますとそれらの意見が正しかったのかも知れないです。

投稿: 竹内@ふじみ野.東上 | 2009年11月 2日 (月) 08時37分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ツェッペリンNT号 (飛行船の旅):

« 新型インフルエンザ対策 (その7) | トップページ | 「青い照明」で人身事故を予防? »