« 空港連絡超高速鉄道の構想(首都圏全体) | トップページ | 鶴岡レーシング »

2009年12月13日 (日)

自宅PCのメインメモリ不具合

 以前から時々記事にしている、2001年製のアキアPCの話です。

 どうもシステムの動作が重いと感じて調べたところ、PCの起動時にBIOSでメインメモリの一部を認識しておらず、全体で1.5GBあるメモリのうち256KB程度が行方不明の状態になっていました。

 本体を分解して、3枚あるメモリモジュールとマザーボードの間の間の接点をクリーニングしたところ、正常に戻りました。クリーニング液は、エタノールとイソプロパノールが混合されたタイプのアルコールを使用しました。再発するようであれば、メモリモジュールかマザーボード不具合の可能性も有ると思います。

 メモリ障害は時々遭遇するのですが、発見が遅れる場合もあって、なかなか厄介な物だと思います。サーバー専用機とかですと、表示が出るので簡単にわかる場合も有るのですが。

|

« 空港連絡超高速鉄道の構想(首都圏全体) | トップページ | 鶴岡レーシング »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自宅PCのメインメモリ不具合:

« 空港連絡超高速鉄道の構想(首都圏全体) | トップページ | 鶴岡レーシング »