« 生活困窮者対策について | トップページ | まちつく!mixi版に挑戦中 (携帯電話ゲーム) (その2) »

2010年1月 1日 (金)

「リズム」の再生に期待する。

 FC2投票の結果で明白だと思うのですが、「リズム」問題というのは当地では重要課題だろうと思います。どうして現在の状態になるまで放置したのか嘆かわしいのですが、競合事業者の出現、施設そのものや経営の問題が有るとは言え、ふじみ野の地域社会による振興対策の不足という事もあっただろうと私は思っています。

 2Fフロア全てが空床に近い状態なのですから、ここに新テナントを誘致するなど、何らかの動きは有るだろうと私は予想をしています。2月が小売業界の決算月なので、今年の3月に向けて何か動きが無いとおかしいという事だと思います。

 希望業種のFC2投票も以前に行っていますが、首位の「鉄道グッズのお店」が正しい結論なのかは、私には良くわからないです。しかし、2位の「100円ショップ」のあたりは、昨今の「生鮮館チャレンジ」の繁盛ぶりなどを見ますと、かなりの確率で当たりだろうと思います。まずは昨今のデフレ経済に対応するための業種(安売り優先の生活支援タイプの業種)が必要なのではないか?という話です。まずは目先の問題解決で、景気回復後の夢のような世界の展開は、その次の段階だろうと私は考えています。

 *お隣の中国経済の躍進が著しいですから、日本全体で見ても「夢のような世界」の展開は、難しくなっている可能性も有りますが。

 首位の「鉄道グッズのお店」のような方向なのであれば、ネット社会の文化なども良く理解した上で、全国(あるいは全世界)から集客する位の勢いで企画しないと駄目であろうと私は思っています。とにかく「ふじみ野」という場所に来れば、何か相当なネット上の特典が有るとか、そのような新企画も必要であろうと思います。とにかく、従来の延長線上の対策では駄目であろうと感じたのです。

|

« 生活困窮者対策について | トップページ | まちつく!mixi版に挑戦中 (携帯電話ゲーム) (その2) »

ふじみ野」カテゴリの記事

お店紹介」カテゴリの記事

リスク管理・防災」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 本館2F部分を観察したのですが、「B.V.D.レディース」が2010年1月11日限りで閉店という案内が出ていました。そうなりますと、本館2Fで残る店舗は「アウトドアファクトリー」1店だけになりますので、施設管理者が2Fをどのような扱いにするのか、私は非常に注目をしています。地域の実態にあった施設構造に改修し、新しいテナントの誘致にも成功するでしょうか。地下部分も空床のままなので、同様です。経済不況の間は仕方が無いとしても、いつまでも施設がこのままでは非常に具合が悪いと思っています。(ふじみ野市の商業振興関係の部署の対応も、かなりみっともないと思うのですが。)

 1F通路部分のタイルなどの施設破損箇所を現在も修理していただけない状況なので、ここの施設管理予算はどうなっているのであろうか?と、私は首をかしげています。施設は必ず経年劣化する物なのですから、何があろうとも施設管理予算の確保は必ず必要な訳です。個人によるマンション管理の場合と同様ですね。いずれにしても、ここは地域のために有効利用して欲しい商業施設です。

 あとリズムの中ではないのですが、近くの「産業文化センター」の中に3連休中だけの期間限定営業の安売り店が来ているようです。過去にも、しばしば来ていると思うのですが。リズムの側は、このような期間限定店舗の営業成績も良く観察して、常設テナント誘致に努めないといけないのではないか?と、私は考えています。

投稿: 竹内@ふじみ野.東上 | 2010年1月 9日 (土) 14時28分

 「産業文化センター」の中に3連休中だけ営業しているお店をあらためて確認したのですが、やはり客の入りが良くて繁盛していると思います。売り出しが有るというのは、新聞のチラシで告知していたと思います。

 私のFC2投票の結果では、「100円ショップ」の人気がかなり高かったと思うのですが(鉄道グッズのお店は例外として)、やはり生活に密着していて、かつ安い物を売る店についての需要は、かなり多いのだと思いました。「アウトレットモール」の看板ですと、有名ブランドのお店が無い事には客の流れを取り戻す事は困難で、かつ都市計画事業として「リズム」の施設を増築して拡大するような話も出ていないようですから、やはり「リズム」は抜本的な対応を必要としているように私は感じました。

 「日本の景気回復が先だ」という話も有るかも知れないのですが、かなりのデフレ状態が継続中ですし、お隣の中国のGDPは日本を追い越しそうで、中国の人口は日本の10倍程度も有るのですから、経済規模という点で中国には歯が立たないと私は思うのです。景気回復という幻想を追わず、身の程を考えるという生き方かも知れないです。

投稿: 竹内@ふじみ野.東上 | 2010年1月10日 (日) 18時20分

 FC2投票の上位に「図書館」という希望も出ていたと思います。これはふじみ野市立図書館の分室という意味かな?と解釈をしました。

 図書館の分室を開設するという事は、ある程度の利用が有ることを前提として「蔵書」の追加購入が必要になりますし、耐震設計された書架の設置であるとか(書籍なのですが、万一の場合には人命に影響するほど重量がある。)、図書館システム(IT関係)の整備であるとか、人材採用であるとか、かなりの費用がかかると思います。個人的には、ふじみ野市の財政事情で実現可能な物なのかは疑問視をしています。(市議会の記録でも、どうも財政事情が厳しいという話が目立つと思います。)

 図書館の「本の返却」が結構面倒だという事も有りますので、たとえばリズムの近くなどに「返却ボックス」を設置するだけでも利便性が変わると思います。最も利便性が高いと思われる ふじみ野駅への返却ボックスの設置なのですが、これまた駅が富士見市内になりますので、設置は困難だという話になってしまうのでしょうね。こういった事は2市の市長さんが良く話をして調整して欲しいと、私は切望しています。2市の境界線が存在する事が、非常にネックになっていると思うのです。

投稿: 竹内@ふじみ野.東上 | 2010年1月11日 (月) 17時10分

リズムの図書館構想ですか、確かに一案ですが、戦後の民主化教育の産物だと思っています公民館や図書館ですが、役目は終わった感じだと私は思います。
自由に好きな図書、新刊本までもが図書館で借りることができますが。私は本は個人的嗜好品にも思える感じですので、好きな作家や安い本は自分で買うことにしているからです。
活字離れが拡大してますので利用者の減少は一層進むんじやないかと思います。
私は通販会社のコールセンターなら地元雇用が期待出来ますが、賃貸の○○パレスのコールセンターは地方の田舎の島だそうですし、合併して不要になった議会議場を使用してる企業もありますから、行政の癖として企業に貸しても企業から借りるとなると無理難題でしょうか。借りては地価が高いと賃貸料金がきになるでしょう。
不特定多数に短期間品物を販売するバッタ屋業者ですが、経費負担を安く考えているでしょうから長期貸し出しで安定的な賃貸収入はどうでしょうか?

投稿: むさしの | 2010年1月11日 (月) 23時29分

 むさしの様、こんにちは。

 例のバッタ屋業者の件なのですが、数ケ月おきに産業文化センターで営業するのみで、当地に定着して営業するきざしが無いです。なぜ放浪の旅のような営業スタイルを採用するのか不明なのですが。

 リズムの施設なのですが、以前は外国REITが保有していたためか、家賃が高いという話をしばしば見聞していました。現在はどうなっているのか不明なのですが、適切な家賃を設定し、POSレジに指定システムが必要とか、リズムカードへの参加を必須にするといった難しい条件を付けなければ、2Fに入居するテナントを発見できそうな気がするのです。バッタ屋業者のような所であれば、簡易な商品陳列棚で良いので、内装工事なども少なくて済むと思うのです。

 ただしそのような業者を入れたとして、リズムのイメージアップに貢献するかどうかは、私にはわかりませんでした。

 リズム本館の2Fなのですが、テナントスペースが比較的細かく分かれていますので、現在の構造のままでは大型テナントの誘致には不利だろうと思います。

 あと図書館の件は、民間でも可能な仕事は民間にやらせるという考え方は、確かに有るだろうと思います。ただし、無料で貸す物であれば営利事業としては無理ですね。かなり昔であれば、有料で本を貸し出す「貸本屋」を見かけたと思うのですが、そんな物が平成の時代にまた流行するかは、私にはわからないです。現在は書籍のネット通販のような物も有りますし、日本経済が弱かった時代とは随分違うと思うのです。

投稿: 竹内@ふじみ野.東上 | 2010年1月12日 (火) 00時51分

 再度、こんにちは。

 コールセンターの件なのですが、地方に置く場合が多いのは、純粋に「人件費が安い」からだろうと思います。本来は賃金に地域格差が有るのは良い事ではないと思いますが、日本国内でも賃金の地域格差は現実として存在していますね。

 あと通信技術の進歩により、遠く離れた場所にコールセンターを設置しても、通信料金の問題が無いという点も大きいと思います。(IP電話技術、インターネット技術の発展など)日本語や日本文化理解の問題が解決されれば、そのうちに外国に日本向けのコールセンターを設置する事も現実性が出てくると思います。中国人留学生などが大勢来日していますが、そのような方が日本向けビジネスを手広く展開する事は、十分に考えられる事だと思います。

 という訳で、コールセンターへの施設転用というのは、あまり現実性が無いように思います。消費者にとって魅力的で、かつ地元雇用を生み出す事も可能な施設用途というのは、なかなか難しいと私は思っています。ふじみ野市役所にも何度かリズム対策について質問をしていますが、満足の行く回答は来た経験は無いです。

投稿: 竹内@ふじみ野.東上 | 2010年1月12日 (火) 01時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538313/47172506

この記事へのトラックバック一覧です: 「リズム」の再生に期待する。:

« 生活困窮者対策について | トップページ | まちつく!mixi版に挑戦中 (携帯電話ゲーム) (その2) »