« 生鮮館チャレンジ (元:バイゴーの所) (その7) | トップページ | 今年の桜は見納め »

2010年4月10日 (土)

自宅PCが故障(電源回路)

 以前から使っている古いデスクトップPC(アキア製)なのですが、本日突如として白煙を出しておかしくなりました。電源は切れず、そのまま稼動可能な状態でした。

 おそらく電源内部のコンデンサがパンクしたと思われます。交換用の電源ユニットを探したのですが、ATXマザー用の電源ユニットというのは最近では大型の物しかPCショップでは売っておらず、このPCのスリムケースには入らないです。電源ユニットが見つからないので私個人ではギブアップとなってしまい、独立系のPC修理業者を呼ぶ事になりました。まず現物を見てもらって、対応方法を検討する事になります。

 古いPCというのは、手間がかかりますね。PCで故障しやすい場所は概ね決まっているようで、電源回路、冷却ファン、メモリ、HDD、光ドライブ、FDDといった物のようです。電力を扱う、メカが有る物が特に弱いようです。電源回路は、古くなると容量が半減すると考えるのが無難のようです。(軽負荷状態で使った方が良い。電解コンデンサには寿命が有ると考えないといけないです。)

|

« 生鮮館チャレンジ (元:バイゴーの所) (その7) | トップページ | 今年の桜は見納め »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

 この件ですが、本日中に業者さんが交換用の電源ユニットを発見し解決しました。業者さんの経験では、これは滅多に在庫が動かないパーツで、知り合いのパーツ業者では約2年ぶりに動いたという、珍しいパーツとの事でした。(店頭では売れない物なので回収し、倉庫の奥にしまってあったとの事でした。)

 今回は地元の比較的大手の3社のPCクリニックコーナー(店頭営業あり)に最初に当たったのですが、地元3社はいずれもギブアップの状態でした。結局の所、個人営業の下記の所に依頼をしたのですが、PCクリニックの対応能力というのは会社の大きさや知名度では測る事が出来ない、個人営業の所の実力は侮れないという事を、あらためて認識した出来事でした。

 今回利用したPC業者さん
 http://comshin.com/

 草加市内の業者さんという事で、訪問修理費用がやや高くついたのが難点でしたが、満足の行く対応品質であったと私は考えています。土曜に修理依頼し翌日にはもう直ったので、対応は速かったです。交換した電源ユニットの冷却ファンはボールベアリング式に変更されており、ファンの音が静かになったという事もプラス面としてあげておきたいと思います。

投稿: 竹内@ふじみ野.東上 | 2010年4月11日 (日) 23時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自宅PCが故障(電源回路):

« 生鮮館チャレンジ (元:バイゴーの所) (その7) | トップページ | 今年の桜は見納め »