« 自宅PCが故障(電源回路) | トップページ | 高速道路新料金体系と新規路線建設 »

2010年4月11日 (日)

今年の桜は見納め

 昨日の土曜なのですが、天候に恵まれて最後の花見を楽しむ方が多かったように思います。今年は比較的気温の低い日が多かったためか、開花期間が長かったように思います。

 我が家では例年通り東原親水公園・大井弁天の森に行きましたが、まだまだ人出が有りました。いささか残念なのは、大井弁天の森には電源が無く、夜桜のためのライトアップが出来ないという点かと思います。何か理由があってライトアップをやっていないのか不明なのですが、今後は改善して欲しいなと思いました。(ふじみ野市観光協会あたりのお仕事かと思います。)

 「なんぽの道」は、ボロボロのウッドデッキからの改修工事が終わり、ゴムチップ舗装になったので大変良くなったと思います。ふわふわしているので、足や膝への負担が少なそうですね。今後は少子高齢化・低成長の時代なので、維持管理業務が不可能になるような物(ハコモノ)の新たな建設は避けて欲しいと思いました。市が独自財源を十分に確保できるのであれば話は別なのですが、とてもそんな「優雅な状況」ではないように思います。大企業がふじみ野市内から逃げ出しているような状態なのですし。そう言えば、東原親水公園にも「水」が全くなく、断水状態のままでした。これでは、「親水」という公園の名称が泣いていると思います。これも維持管理費の問題だと思われます。浅い水場なので、水の事故を警戒して停止という話ではないと思われます。

 せっかくハード的にはハイグレードな整備をした「ふじみ野」なのに、いささか残念な部分も有ると思っている訳です。施設の維持管理面、ソフト面、商業振興といった分野に不具合が多いように思えます。官公庁(ふじみ野市役所)が苦手な分野なのでしょうかね...。

|

« 自宅PCが故障(電源回路) | トップページ | 高速道路新料金体系と新規路線建設 »

ふじみ野」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 本日は午後から風が強くなり、桜吹雪の状態になっていました。桜のシーズンの終わりを告げる風景だと思います。

 今後は「八重桜」のシーズンになると思うのですが、ふじみ野エリアでは大阪の造幣局のような、八重桜がまとまって植わっている名所を見かけないです。もしどなたかご存知でしたら、八重桜の名所をご教示いただけますと嬉しいです。早咲きの桜が植えられている場所は有るのですが、逆の遅咲きの物が見当たらないです。色々な品種を植えますと、桜のシーズンを拡大できるという訳です。

 余談ですが、東京の駒込でも「桜祭り」が開催されていたようです。その事を考えますと、この場所の地名を伝統的な名前である「染井」から「駒込」に変更したのは、勿体無いなと感じるのですが。(ソメイヨシノという品種名の由来になった訳ですし。)駒込で既に定着していますから、今さら元に戻せないでしょうかね。

投稿: 竹内@ふじみ野.東上 | 2010年4月11日 (日) 17時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538313/48053156

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の桜は見納め:

» 10/4/10その3 桜の見ごろが続く [ふじみ野資料室別館]
今日夕方、勝瀬中から市役所方面にクルマで移動中、砂川堀の桜を見たのですが、まだ満 [続きを読む]

受信: 2010年4月11日 (日) 11時14分

« 自宅PCが故障(電源回路) | トップページ | 高速道路新料金体系と新規路線建設 »