« 首都高速中央環状線の一部開通(大橋ジャンクションまで) | トップページ | 圏央道と上尾道路の一部区間の開通 »

2010年4月 4日 (日)

新大阪駅の大規模改修工事

 本日は、ちょっと遠隔地の話です。

 昨日、久しぶりに関西方面に出かけたのですが、新大阪駅では盛んにホーム増設工事や駅構内改修工事を行っていました。このような工事を行っている理由を少し調べたのですが、どうやら九州新幹線(鹿児島ルート)の全線開業に備えた工事のようです。

 九州新幹線の直通列車は東京までやって来る事はありませんが(東海道新幹線の過密ダイヤなどが影響している)、新大阪までは やって来る予定になっています。そのために、列車回数や乗客数の増加に対応するため、このような改修工事を行っているのだと思われます。ホームを増設している箇所なのですが、どうやら以前に「阪急新大阪線」が乗り入れるのではないか?と言われていた箇所が使われているようなので、阪急電車の新大阪乗り入れという話はほぼ無くなり、現在の阪急京都線の南方(みなみかた)経由のルートのままで残るのだろうと思います。

 JR九州の列車には「豪華車両」が多いのですが、そのような「個性的で優雅な列車」が東京までやって来る事はなかなか無いようですね。経済的な効率性を追求する東京や東海道新幹線の姿が、こんな所にも現れていると思います。最近の東海道新幹線の列車には、売店やビュフェ(ビストロ)すら無いので、閉口するのですが。100系新幹線の頃と比較をして、かなり「ゆとり」が無くなったような印象です。大量の通勤客をさばくのに懸命な東京の通勤電車の姿とも、二重写しになって見えています。こんなに混雑の激しい鉄道は、日本の他の地域にはあまり無いのですよね。東京には、ちょっと人が多すぎるという話でもあるようなのですが。

 あと団体専用列車のスジで走る列車に乗車したのですが、「のぞみ」に追い越される回数がかなり増えてしまい(新横浜駅や小田原駅での追い越しが発生していました。)、団体専用列車は足がかなり遅くなってしまったようです。2010年3月13日改正で、そのようなスジになった模様なのですが。一般列車の「こだま」や「ひかり」でも、同様だろうと思います。明らかに「のぞみ」最優先ダイヤになったと思います。300系新幹線で早朝・夜間だけに「のぞみ」が設定されていた時代と比較をしますと、大変な違いだと思います。

|

« 首都高速中央環状線の一部開通(大橋ジャンクションまで) | トップページ | 圏央道と上尾道路の一部区間の開通 »

大阪」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

 あとでもう少し調べたのですが、阪急(阪急阪神HD)では新大阪駅への乗り入れを完全に放棄した訳ではないようですね。現在、大阪市営地下鉄の西梅田から十三(じゅうそう)まで延伸する構想があり、それをさらに新大阪まで延伸する構想とかも存在するようです。

 まだまだどうなるのか不明な点が、多々有ると思います。どうも遠回りになる印象も受けるのですが。

投稿: 竹内@ふじみ野.東上 | 2010年4月16日 (金) 00時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538313/47990479

この記事へのトラックバック一覧です: 新大阪駅の大規模改修工事:

« 首都高速中央環状線の一部開通(大橋ジャンクションまで) | トップページ | 圏央道と上尾道路の一部区間の開通 »