« 国道254号和光富士見バイパスの一部開通 | トップページ | 核都市広域幹線道路について (その2) »

2010年5月 4日 (火)

びん沼川と荒川の間の地域 (さいたま市西区)

 街角ワッチングをしていて気がついたのですが、びん沼側と荒川の間の地域は「富士見市」ではなくて「さいたま市西区」になっているのですね。荒川の上に市境が有るのかと思っていたのですが、そうではありませんでした。

 このようになった経緯を考えたのですが、荒川というのはかなり昔に直線化、拡幅の河川改修工事が行われており、「びん沼川」というのはその時に埋め戻しをせずに残っている「旧:荒川」のようです。そして市境を変更しないまま、現在に至るという訳ですね。

 全国を探しますと、河川改修工事の影響で行政区分がこのような状態になっている箇所が随所に有ると思います。実生活上の支障も有るだろうと思うのですが、どうして市境を新しい河川に合わせて変更しないのでしょうか。市町村合併と同じ程度に、難しい問題なのでしょうかね。

|

« 国道254号和光富士見バイパスの一部開通 | トップページ | 核都市広域幹線道路について (その2) »

ふじみ野」カテゴリの記事

さいたま」カテゴリの記事

埼玉県」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 ついでに「びん沼自然公園」も訪問しましたが、ここは良い場所ですね。天然の調節池を兼ねているようで、防災施設としても重要な場所だと思います。ここを紹介しているサイトは色々有るのですが、一例として下記を紹介します。

 http://www.go2park.net/parks/binnuma.html

 遊歩道はカラー・アスファルト舗装になっていて、美しいです。ただしゴムチップ舗装よりは硬い材質なので、ジョギングでは膝などに負担がかからないように靴の構造には注意をした方が良いかも知れませんね。

投稿: 竹内@ふじみ野.東上 | 2010年5月 4日 (火) 18時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538313/48262553

この記事へのトラックバック一覧です: びん沼川と荒川の間の地域 (さいたま市西区):

« 国道254号和光富士見バイパスの一部開通 | トップページ | 核都市広域幹線道路について (その2) »