« 三井アウトレットパーク (滋賀竜王) | トップページ | リフォーム工事 »

2010年7月10日 (土)

成田スカイアクセス

 もう東上線の各駅でもポスター掲示、チラシ配布されるようになりましたので、ご存知の方が多いとは思うのですが、来る2010年7月17日が「成田スカイアクセス」の開業日になっています。公式サイト情報を、下記に紹介します。

 http://www.keisei.co.jp/keisei/kouhou/news/22-017.pdf

 これは、かつて存在した「成田新幹線」の構想がつぶれた後、成田空港の鉄道ルートとして3案も出た中の1つだと思います。JRの成田エクスプレス、京成本線のスカイライナーは既に営業中だったのですが、最も距離が短くて速く、本命と考えられていたのが、この「成田スカイアクセス」のルートだと思います。

 ふじみ野に与える影響という点では、折角開業している「成田空港行きリムジンバス」の営業成績に与える影響が気になります。ふじみ野発着のリムジンバスは、途中でグルグルと遠回りをして時間がかかりますから、所要時間という点で路線見直しが必要だと私は思うのですが。三芳PAスマートICが、大型車が通行できないのも、ふじみ野にとりましてはハンデになっていると思います。三芳PAスマートICの改良工事が必要だと私は思います。

 千葉県の立場というのも微妙で、最近では羽田空港の国際ハブ空港化という事が言われていますね。それは今年の秋頃から、次第に本格化するだろうと思います。元々は、首都圏の国際空港は羽田空港しか有りませんでしたから、「先祖帰り」とも言える訳ですが。ふじみ野から見ますと、羽田、成田のいずれの空港が便利でしょうか。(どちらも遠いですが。)

|

« 三井アウトレットパーク (滋賀竜王) | トップページ | リフォーム工事 »

ふじみ野」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

航空」カテゴリの記事

道路・クルマ」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

 通勤型電車による特急も成田スカイアクセスを運行する予定になっていると思います。東松戸に停車するか検討中だったと思うのですが、東松戸停車という事で決定しました。東松戸停車というのは、松戸市とか市川市付近の住民にとっては特に朗報でしょうね。

 そのために、新型スカイライナーの高い特急料金(1200円に値上げ)を払いたくない場合には、朝霞台・北朝霞と東松戸で電車を乗り継いで成田空港に向かうルートも有ると思います。(JR武蔵野線を経由するルートです。JR武蔵野線の重要性は、どんどん高まっていると私は思います。)

 このルートも、乗り換えの手間を惜しまないのであれば、凄く遅いという訳ではないと思います。

投稿: 竹内@ふじみ野.東上 | 2010年7月10日 (土) 06時29分

 首都圏の多くの地域から見て、現在の羽田空港や成田空港の利便性は?というのも、気になる点です。

 たとえば栃木県や群馬県といった北関東地域からは、空港アクセスは埼玉県よりもさらに不便で、空港まで新幹線を使いたくなるケースも有ると思います。しかし新幹線では東京駅までしか直通では行けないので、大井埠頭まで伸びている新幹線の車庫線をさらに延伸して、羽田空港への新幹線の直接乗り入れを実現した方が良いという意見も出ていると思います。

 この案なのですが、JR東日本とJR東海との仲が悪いのか、それとも技術的な理由なのか不明なのですが、具体化しているという話を聞かないです。このような点は、まさに政治・行政が乗り出して中立的な立場で調整しないといけない話だと思うのです。国鉄がJR化されて会社が分断されて、明らかに悪くなった点かも知れませんから。これが実現すれば、採算性の怪しい地方空港を、これ以上建設しなくて済むと思います。最近出来た茨城空港(百里基地)とかも、採算性が怪しいようですが。関西の滋賀県内にも空港を新設する構想が有ったのですが、さすがに待ったがかかったと思います。空港連絡鉄道がきちんと機能していれば、不要な物ですからね。

投稿: 竹内@ふじみ野.東上 | 2010年7月10日 (土) 12時27分

 京成電鉄の新しい路線図が掲載されていましたので、紹介します。

http://www.keisei.co.jp/keisei/tetudou/railmap/railmap.pdf
http://www.keisei.co.jp/

 成田スカイアクセス線を経由する通勤電車タイプの特急は「アクセス特急」という列車種別になっているようですね。紛らわしいので、乗り間違えないように注意する必要が有ると思います。

 JR武蔵野線と接続する「東松戸」駅は、スカイライナー以外の全ての列車が停車する主要駅になったと思います。という事は、首都圏全体で考えた場合には ふじみ野のライバルとしても、この地域は無視できない存在になったと思います。東松戸駅周辺の土地区画整理事業は停滞していたのですが、最近になって進展するようになりましたし、今後ますます発展すると推察されます。押上の「東京スカイツリー」にも乗り換え無しで行ける交通条件になっていますし、東京駅方面へのバイパス路線(急行線)の建設構想も有るという訳で、ライバルとしては侮れない地域だと私は思います。まさに「鉄道が走れば街が変わる」と思うのです。

 富士見市もふじみ野市も、もう少し「首都圏の他地域との激しい競争」という事を考えて欲しいのですが。敵も己も知らないと、対策は立たないです。地方出身の学生が首都圏に最初に居住した地域に、そのまま定住してしまう可能性も有るのですし、新しい人口や産業の誘致といった観点です。そのような観点から、「若者にとって魅力的な街」という対応も重要だろうと思います。

投稿: 竹内@ふじみ野.東上 | 2010年7月18日 (日) 07時17分

 成田スカイアクセス(北総線など)の問題点も指摘しておかないといけないと思います。下記の記事でも掲載されていると思うのですが、最大の問題は「運賃が高い」という点でしょうね。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/20100718/CK2010071802000088.html

 建設費が高すぎると思われるのと(特殊法人の運営の非効率性が原因となっている?)、千葉ニュータウンの入居が進まないので運賃収入も上がらないといった感じで、悪循環になっていると思います。京成電鉄からの線路利用料収入とか沿線の地方公共団体からの補助金でやっと一息つくと思うのですが、市議会で反対している所があったり、値下げ幅がまだまだ不足していたりと、前途多難だと思います。スカイライナーですとたまにしか乗車しないでしょうから、あまり気にならないと思うのですが、日常生活に使う人は高運賃のままでは大変ですね。

 施設建設主体、運行主体などが複雑に絡んでおり、ここの実態の理解はかなり難しいと思います。同じ線路なのに、どうして北総鉄道と京成電鉄が混在しているのか、詳しくない人にはわからないでしょうね。乗り入れてくる車両は、東京都や京浜急行、URの物も有りますし。

投稿: 竹内@ふじみ野.東上 | 2010年7月18日 (日) 10時51分

 新しいスカイライナーに実際に乗車してみたのですが、15分間程度の時間短縮が実現していますので、やはり速くなった印象です。既存の北総鉄道の区間も高速走行で、スーパー特急路線という印象になりました。

 日暮里駅はかなり大改装されており、スカイライナー専用乗り場が出来たので、良くなったと思います。成田空港駅や空港第2ビル駅の京成用スペースも改修されており、良くなったと思います。

 あと空港第2ビル~東松戸をアクセス特急で移動した場合の運賃は910円でした。やはり高めの運賃設定かな?と思います。それからアクセス特急の途中停車時間が長い場合があり、特に駅が無い所の信号場において、6分間も延々と停車している場合が有りました。スカイライナーと後続のアクセス特急の2列車連続で行き違いをするためなのですが。

 スカイライナーが最高160キロで走行するのはもちろん、アクセス特急もかなり高速走行をし、まるで新幹線規格の線路の上を通勤電車が走行しているような感覚でした。21世紀の通勤電車というのは、本来はこういう物であろうと思います。東武東上線のサービス水準は、そのようにはなっていないです。

 新たに開通した区間には「地上信号機」が建っているのですが、高速新線の証としてGG信号(青が2つ並んで点灯する状態)という物が有りました。信号機の電球が6つも並んでいる物なので、珍しいです。GG信号の時に、最高160キロを出せるのだと思います。GG信号というのは北越急行(ほくほく線)にも有ると思うのですが、複線区間の都市鉄道で採用されたのは、今回が初だと私は思います。できれば既存の北総線も160キロ対応に改修されますと、さらに良くなると思います。130キロでもつくばエクスプレス等と同じで、十分に速いですが。

投稿: 竹内@ふじみ野.東上 | 2010年7月25日 (日) 18時06分

 関連するJR武蔵野線なのですが、明らかに海外旅行と思われるスーツケースを携行している人が増えたと思います。東松戸駅で乗り換えて「アクセス特急」で成田空港に向かうルートが次第に定着してきたのかな?と思っております。

 ふじみ野駅からルートを検索しますと、東松戸乗り換えですと成田空港には2時間弱の所要時間だと思います。(乗り換え、待ち時間等を除く。)日暮里から新型スカイライナーを利用しても、あまり時間短縮にはならないかも知れないです。運賃・料金や快適性との兼ね合いで、ルートを選択すると良いと思われます。

 アクセス特急は、途中での退避の有無により、所要時間が少しばらついているようです。検索して時刻を確認する必要がありますね。2本連続退避のあるアクセス特急は、所要時間が長いです。また北総鉄道の電車は成田空港までは行かず(印旛日本医大駅止まり)、京成電鉄が運行する電車のみが成田空港まで行くので、注意が必要です。1つの線路上に2つの電車運行会社が存在するという、ちょっとわかり辛い状態かと思います。

投稿: 竹内@ふじみ野.東上 | 2010年8月12日 (木) 06時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538313/48839299

この記事へのトラックバック一覧です: 成田スカイアクセス:

« 三井アウトレットパーク (滋賀竜王) | トップページ | リフォーム工事 »