« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

昨今の就職活動 (大学新卒)

 昨今なのですが、いわゆる就職協定が廃止になっている事もあり、大学3年の夏休み頃から就職活動開始という訳で、どんどん時期が早くなっていると思います。

 1929年の世界大恐慌ほどでは無いにせよ、現在の経済状況はリーマンショック以降、厳しい物があり、それが大学新卒の就職活動にも如実に反映されているように思います。

 学生(子供)本人が大変なのはもちろんなのですが、最近では保護者に対する注意・指導も色々とあって、大学3年はもう「成人」なのに、正直そこまで手をかけないといけない物か?とも思うのですが。しかし、それだけ厳しいという話なのでしょうね。

 求人は、選り好みをしなければ本来は結構有るようで、「大卒のバスガイドを募集」といった求人も有るようで、なるほどと思いました。運輸サービス産業でも、それだけ高度な事が要求されているのだと思います。名前も知らないような中小企業の中に、思わぬ「宝物」が転がっている可能性も有ると私は思っています。即戦力の有資格者、経験者が有利はのは昔からそのようで、新卒は中途採用の経験者や有資格者とも戦わないといけないという問題も有ると思います。若いうちは何処でも良いから入社し(現場の経験も重要)、転職で成長して行くという考えも必要なのかも知れないです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年10月26日 (火)

羽田空港~ふじみ野駅路線バス

 羽田空港関連のバス路線ですが、2010年10月21日から、下記ポスターのように変更になっていますね。

http://www.tobu-bus.com/pc/kousoku/20101021haneda_fujimino.pdf

 これを見て、なかなな微妙で不便な路線だと考えたのは、私だけでしょうか。ふじみ野駅発は、2便だけの設定ですし、所要時間がかかる問題はそのまま放置(高速道路に乗る前に、一般道路をグルグルと遠回りして直行しない。)、最大のセールスポイントである国際線ターミナルの停車順序は一番最後、といった感じで、どうも使い勝手が良くないです。

 大型スーツケースの宅配サービスとかも存在するので、荷物は別送、人は電車でさっさと行く方法が楽かも知れないのですが、如何なものでしょうか。荷物がホドホドの大きさの場合には、現在は鉄道施設のバリアフリー化が進展していますから、バスにとっては強敵になるだろうと思います。ラッシュ時さえ避ければ、荷物を運ぶのに昔ほどの苦労は有りませんので。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年10月23日 (土)

有楽町線関連の話

 東京メトロ有楽町線関連の事ですが、最近だいぶ「ホームドア」の工事が進展して、地下鉄成増~小竹向原の間は、全て完成したと思います。これにより、副都心線の急行運転の安全性も向上したと思います。(駅通過時の安全確保)

 一方、国の平成23年度予算の概算要求で、小竹向原駅の改良工事(立体交差化)が入っているようです。民主党政権では、このような大切な工事の予算(地下鉄補助金)をカットしないで欲しいです。都会の通勤・通学客は、困っている訳ですから。今のところ、平成28年度頃の完成が想定されているようで、この工事が完成すれば、さらに増発、安定輸送を期待できると思います。本来は副都心線の渋谷開業の時に完成させるべき工事だったと思うのですが。、後手後手にまわっていると思います。

 鉄道関係のように10年間単位でかかる工事は、計画性が極めて重要だと思うのですが。既に、私が生きている間に完成するのか、疑わしい構想も有ると思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月16日 (土)

相互乗り入れと列車遅延発生頻度

 副都心線が絡んだ相互乗り入れが開始されて以来、東上線の列車ダイヤが乱れる回数が増えたと感じているのは、私だけでしょうか。

 基本的に相互乗り入れの相手先で何か支障が発生すると影響が東上線まで拡大して来るのと、メトロ線の「小竹向原」駅のボトルネックは、現在でも解消されていないと思います。複雑な運行系統の振り分けをこの駅で行っていますから、やむを得ないのかな?とも思いますが。

 このままではまずいので、鉄道各社とも折り返しや退避が可能な駅をもう少し増やすとか、小竹向原駅の立体交差化工事を急いで欲しいと私は思っています。ふじみ野駅にも、折り返し施設を建設できそうな土地(複々線化用地として確保した土地)が有ると思うのですが、長期にわたり放置したままで、そこを使わないのは勿体無いと思います。

 きちんと対策を行わないと、「元町中華街」駅で発生した支障が、遠く離れた東上線まで影響するようになると思います。逆も有るので東上線も対策をしないと、他社や他地域の住民に迷惑がかかり、「やはりダ埼玉」と言われるようになってしまいます。相手先のレベルに対策を合わせるのは、相互乗り入れでは当然の話だと私は思っています。(高い方のレベルに合わせる。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 2日 (土)

ふじみ野市内の駐輪規制 (リズム付近)

 ふじみ野駅付近のふじみ野市内ですが、2010年10月1日から自転車条例による規制がかかるようになりました。違法駐輪をすると、撤去対象になります。

 従来は富士見市内だけ自転車条例による規制がかかっていたのですが、これで2市で規制レベルが揃った事になると思います。今までどうして2市で歩調が揃わなかったのか不思議で、当地のように市境が入り組んでいる地域では2市が協調した行政施策というのは必須だと思います。ふじみ野市の循環バスのふじみ野駅乗り入れも、最近になってやっと実現した施策だと思います。

 かつて合併に失敗したからと言って、いつまでも行政施策がバラバラなのは良くないと思いますから、良い傾向だと私は思っています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »