« 相互乗り入れと列車遅延発生頻度 | トップページ | 羽田空港~ふじみ野駅路線バス »

2010年10月23日 (土)

有楽町線関連の話

 東京メトロ有楽町線関連の事ですが、最近だいぶ「ホームドア」の工事が進展して、地下鉄成増~小竹向原の間は、全て完成したと思います。これにより、副都心線の急行運転の安全性も向上したと思います。(駅通過時の安全確保)

 一方、国の平成23年度予算の概算要求で、小竹向原駅の改良工事(立体交差化)が入っているようです。民主党政権では、このような大切な工事の予算(地下鉄補助金)をカットしないで欲しいです。都会の通勤・通学客は、困っている訳ですから。今のところ、平成28年度頃の完成が想定されているようで、この工事が完成すれば、さらに増発、安定輸送を期待できると思います。本来は副都心線の渋谷開業の時に完成させるべき工事だったと思うのですが。、後手後手にまわっていると思います。

 鉄道関係のように10年間単位でかかる工事は、計画性が極めて重要だと思うのですが。既に、私が生きている間に完成するのか、疑わしい構想も有ると思っています。

|

« 相互乗り入れと列車遅延発生頻度 | トップページ | 羽田空港~ふじみ野駅路線バス »

リスク管理・防災」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538313/49823715

この記事へのトラックバック一覧です: 有楽町線関連の話:

« 相互乗り入れと列車遅延発生頻度 | トップページ | 羽田空港~ふじみ野駅路線バス »