« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月30日 (火)

TJライナー用車両(東武50090系)の増備

 TJライナー用の車両の6本目(50096F)が営業運転に使用されているのを目撃しました。私が実際に乗車して車番を確認したので、間違い無いと思います。本当にピカピカの新車でした。日立製車両特有のドアの所のハンドレール構造など、気になっていた部分の改良も行われたようです。以前のハンドレールは、ちょっと握る事が困難な構造でしたから。既存車両も、同様な改造を行って欲しいです。そのような箇所は、乗客や鉄道会社が意見を述べて、車両メーカーに直してもらわないといけない部分だと思います。

 車両メーカーから東上線に輸送されて来たのが11月15日頃であったと記憶していますので、車両が量産されるようになりますと実際の営業運転に使用するまでの日数は短くて済むようになるのですね。車両が増えましたので、今後のダイヤ改正でTJライナーの増発となり、ふじみ野の街おこしにも寄与する事を期待したいと思います。個人的な希望では、50090系の地下鉄仕様への改修を行い、副都心線への乗り入れや「東横特急」としての走行も期待をしたいですが。(ふじみ野駅から元町中華街駅までの連続乗車といった事)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月28日 (日)

フードコートの「Miracle」 (リズム)

 目立たない箇所にあったので気がつかなかったのですが、「Miracle」の公式ページが下記に有るようです。携帯サイトになっていますね。(PCでも表示をして、中身を確認する事は可能です。)

 http://miracle.byumo.jp/

 フード関係のイベント情報とかオンラインクーポンとかもここに出るようなので、「Miracle」に行く可能性の有る方には参考になると思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

元:Room & Room の所 (リズム) 、その他

 リズムにあった Room & Room (西川のふとん店)の近くなのですが、何か新規店舗の開設準備中だと思われます。ここは、期間限定店舗が、しばしばやって来る位置だと思います。

 工事中の内装を少し見たのですが、畳面・上履きと思われる箇所が有るので、「和装関連のお店」ではないかと推察しました。これから成人式の季節になりますし、理屈としては合うのですが(もし外れでしたら、申し訳ありません。)。ふじみ野の街びらきの頃に小さな子供だった人が、もう成人式を迎える年齢になっていると思います。(今年で街びらきから17年目です。長い年月です。)

 もし成人式を目当てにした和装のお店だとしますと、関連業種として美容院(これは、ふじみ野には山のように有るので問題無し。移動しての臨時営業も可能だと思われる。)とか、写真館(前撮りを含む。デジタル写真に押されて衰退傾向?)といった業種について関連が有ると思います。飲食とかパーティースペースとかも関係が有ると思うのですが、2Fとかはガラ空きの状態ですし、放置してあるのは本当に勿体無いと思います。時間貸しのイベントスペースというのも、かなりの有効利用になると思われるのですが...。厨房として使えるスペースは、営業中のフードコートの所はもちろん、長期にわたり空床のままのタワー館1Fのスペースも有ると思います。ウッドストックの所に来ると言われていたコミュニティ放送は、音沙汰無しですが。成人式関連で賑わう様子の放映とかは、意味が有ると思います。(J:COMのようなCATV、YouTube、USTREAM、ニコニコ動画・ニコニコ生放送とかも含みます。)

 FC2投票の中間結果を見ても、リズムの現状については、かなりの懸念が示されていると思います。施設運営者は、一般の人から見て はっきりと理解できる成果を出して欲しいです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

地域リハケアネットワーク、地域のパワー

 不勉強にして知らなかったのですが、このような組織が存在しているのですね。

 http://www.kaigo-guide.com/item/24120

 地元でもケアホームが新設されたり、地元経営による高齢者福祉施設が開設されたりしていて、福祉分野は次第に注目を集めているように思います。少子化の影響で先行きが不透明な「児童福祉」の分野よりも、高齢者福祉や障がい者福祉の方が「ビジネス」としては成立しやすいといった事情も有るのでしょうか。ふじみ野市の高齢化率が最近になって20%を超過したという話も見聞しています。街も人も「歳を取る」ので、対応が必要だと思います。

 ところで、このような活動が存在する事を知らせる「地域メディア戦略」という物が、ふじみ野エリアにおいてはどうなっているのかも、良くわからないです。インターネットの「地域ポータル」を運営する試みも過去に何度か有ったと思うのですが、それを何10年間も安定して運営するには組織的な対応が必要ですし(個人でとても手におえる物ではない)、地域メディアの分野における老舗と言える「CATV」(ケーブルテレビ)や「コミュニティ放送」(コミュニティFM)や「ミニコミ誌」等に対する扱いもふじみ野エリアにおいてははっきりしないなど、「地域のパワー」を発揮させる取り組みは当地ではかなり物足りないです。USTREAMやニコニコ動画(ニコニコ生放送)についても、ふじみ野をテーマにした物が有るのか探したのですが、なかなか発見できないです。

 当地は近年では「埼玉都民」が多い土地柄ですし(元は農村地帯でしたが、急速に都市化した)、毎日の通勤・通学で「東京との格差」を目の当たりに見せ付けられているだけで、ふじみ野には親近感が無く、シラケ状態になってしまっているのでしょうか。会社を定年退職して「地元デビュー」する埼玉都民が増えない限りは、「地元パワーの充実」というのは改善されない問題なのかな?と私は思いました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年11月26日 (金)

FC2投票の中間結果

 まだ投票総数が少ないのですが、現状の傾向は、

 ・スターバックスの開業
 ・リズムの斜陽化

の2つが上位を占めていると思います。

 スターバックスは、駅前のTSUTAYAと並んで長年にわたって当地では要望され続けた店舗だと思います。「エキナカ」であればさらに良かったというご意見も有るようなのですが、エキナカ、駅前ですと既に競合店舗がありますし、スターバックスではドライブスルー型店舗も郊外では模索しているので、こんな形で落ち着いたのであろうと思います。

 リズムの件は私も何度も取り上げておりますので、言うまでも無い事であろうと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年11月24日 (水)

「町会いんふぉ」のサイト

 町会、自治会、あるいは町内会の活動は沈滞していると言われるようになって久しいと思うのですが(新しい住民に対する新規入会勧誘も、あまり無い状態)、「町会いんふぉ」というサイトを最近見つけました。

 http://www.chokai.info/

 これは、全国の町内会などのWEBページが一覧できる形で出ていますから、全国でどうなっているのか把握するのには役立ちそうです。

 ふじみ野市内の場合ですが、残念ながらまだ1つの自治会のページしか無いです。他にも利用する所が増えれば良いが、と思っています。(独自にWEBサイトを立てるよりも、このような所に多数まとまっていた方が、インターネットの中では目立つと思います。)

 大原自治会 (ふじみ野市)
 http://www.chokai.info/ohara/

 地図などに広告を出稿しているスポンサー企業名も出ていると思います。「イトーヨーカドー」や「KDDI研究所」といったメジャーな所も含まれているのに気がつきました。大手スポンサーを確保できるかどうかは、運営費用面ではクリチカルな問題でしょうね。一般住宅地ですと、なかなか大手スポンサーがいないと思います。

 http://www.chokai.info/ohara/002616.php

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月23日 (火)

北朝鮮からの砲撃事件

 11月23日は日本は休日で、ノンビリしていた人が多かったと思うのですが、隣国から突然大きなニュースが届いて驚きました。

 朝鮮半島というのは、1953年の朝鮮戦争の休戦状態が現在も続いていて、完全に平和が回復した訳ではないというのが私の認識です。長期にわたり激しい戦闘は無かったので、もう朝鮮戦争の事はすっかり忘れていたのですが(完全な平和ボケ状態)、あらためて休戦状態に過ぎないという事実を思い出しました。韓国軍も応戦したようなので、もうこれは完全な「戦闘状態」だと思うのです。

 日本の近くでの出来事なので、これ以上問題が拡大しないように願っています。米韓の間には「米韓相互防衛条約」という物があり、在韓米軍や在日米軍も存在している事から、米軍の行動も気になります。

 日本の民主党政権は、国際的なリスク管理の観点からまたしても難しい問題を抱える事になったと思うのですが、対応を注視したいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ハリーポッター7 (ハリーポッターと死の秘宝)

 最新作の一つであるハリーポッター7の前半を鑑賞してきました。鑑賞館は、ワーマイカルシネマズ大井のスクリーン6(字幕、2D)でした。

 最近なのですが、3Dの派手な作品が増えたせいか、ハリーポッターの人気は低下傾向に有るように思えました。11月23日は祝日でも「サンクスデー」の割引になっており、誰でも1,000円で鑑賞できる日なのですが、スクリーン6の入りは半分程度だったと思います。

 映画の興行的には、元々は3Dでの公開が予定されていたのに2D公開になったので映像的な興味が半減したのと、第7作は長大なので前半・後半に分割して公開する事となり、来年になって後半まで公開された時に全部まとめて鑑賞する予定の人が多いのかな?と思いました。後半は3Dで公開される予定なのですが、できればその時までに前半もポストプロダクションで3D変換してくれるとベターかと思います。(3D化されれば、私は前半を再度鑑賞するつもりが有ります。全部足すと、5時間程度になる超大作ですね。)

 ストーリーは原作に忠実なので、本を読んだ事のある方であればわかると思います。あまり子供向きの作品ではなくなったと思います。

 * * *

 余談なのですが、ワーナーマイカルでは「3Dメガネの有料化」に踏み切ったようです。マイメガネを持参しないとメガネ料金100円を取られるので、3D作品が好きな方はマイメガネを確保した方が良いです。ワーナーマイカルはRealD・3D方式なので、円偏光フィルター方式のパッシブ3Dメガネを用意します。家庭用の3Dテレビに多い「アクティブシャッター方式」の3Dメガネ(電池が入っているもの)は方式が合わないので、ご注意下さい。3Dパソコンに付属している一部のパッシブメガネ(Xpol円偏光方式の物)は、適合する物があるかも知れませんが、ワーナーマイカルのロビーに設置してあるデモ用の3Dテレビ(日本ビクターの業務用3Dモニター)で確認が可能です。なお、ハリーポッターは2D作品です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月21日 (日)

チンさむロード (富士見市)

 フジテレビの番組に「チンさむロード」という変てこなコーナーが有るのですが、その中で地元の道路の事が取りあげられていました。地図では大体の場所しかわかりませんが、地元のドライバーであれば、何処のことなのかすぐにわかりますよね。

 http://www.fujitv.co.jp/marumaru/chinsamu/index101105.html
 http://www.fujitv.co.jp/

 本来はクルマのスピードを抑制するために設置されている道路施設だと思うのですが、大手の地上放送局が面白がってこのような場所を取り上げる事の是非は、良くわからないです。(放送倫理や品格の問題)

 ロケの事をブログ化した人もいるようですが。

 http://tedukuripao.seesaa.net/article/165836424.html

 ここのスピード・バンプは、単にアスファルトを盛り上げて作っているだけのようなので、年数が経過すると凹凸が少なくなってしまうと思います。定期的にアスファルトを盛り上げて補修するか、もっと頑丈な構造にする必要が有ると私は思いました。住宅の有る所は、道路の線形も曲げてありますが、住宅の無い箇所は直線ですね。その線形も、見直す必要が有るかも知れません。外国の事例がメインですが、事例写真も紹介します。破損事例の写真も有りますね。

 写真集

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見都市計画区域における「区域区分」の変更

 この件が、埼玉県の公式サイトに掲載されているのを発見しました。「永久縦覧」とされていますから、公式サイトにも掲載され続けるのでしょう。

http://www.pref.saitama.lg.jp/site/toshikeikakunosintyoku/fujimitoshikeikaku.html

 諏訪地区なのですが、富士見市役所に比較的近い地域で、どうして今まで調整区域のままになっていたのか、逆に不思議です。水子地域は、国道463・254号(通称:浦所BP)に近い場所で、かなり広大な面積だと思います。

 国道463・254号より南側の、いわゆる「リブレーヌ」の開発地域は、今回も調整区域のままになっていると思います。長期にわたり放置されたままなので、日本の経済環境は悪いままですし、このままペーパープランで終わる可能性も高いかも?と思いました。東武東上線の柳瀬川駅に近いエリアなので勿体無いと思うのですが、志木市や新座市との市境に近いとか柳瀬川に面しているので治水対策が大変だといった事が影響しているのでしょうか。とにかく長期にわたり放置されている理由は、良くわからないです。富士見市役所近くの山室の都市開発(シティーゾーン)と比較をして、いずれが優先度が高いのかもわからないです。柳瀬川駅西口の志木ニュータウンは、遥か昔(40年近く前)に民間(鹿島建設)が開発したと思うのですが、富士見市側がサッパリ進まないです。同じ駅前でこれだけの格差が発生するのは、実に不思議なのです。

 柳瀬川流域に関する事は、下記の国土交通省のページも参考になりそうです。荒川と一体的に考える事ですね。

http://www.ktr.mlit.go.jp/arage/yanase/

 なお埼玉県の「富士見都市計画区域」は、ふじみ野市、富士見市、三芳町を一体の物として扱っていますから、以前に書いた「竹間沢・大井・勝瀬通り線」という都市計画道路についても、この計画区域の中で一体的に扱われると思います。市町の「合併」は実現していませんが、都市計画区域としては同じ区域だという訳です。せめてこのような分野から、広域行政を推進しないといけないと私は思います。そのような指示を出せるのは、国や県のパワーであろうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GM の VOLT (電気自動車)

 アメリカのGMがNYSEに再上場を果たしたという事でニュースになっておりましたが、その時に併せて同社の「VOLT」についても、色々と報道されていたと思います。あらためてどんなクルマなのか確認したのですが、これは日本の電気自動車やハイブリッドとは、少し異なるコンセプトで設計されているようですね。

 参考資料 (まだ日本では販売していないので、全て英語です。)
 http://gm-volt.com/full-specifications/
 http://gm-volt.com/

 このクルマの場合、日本のハイブリッド車のように「ガソリンエンジン」も搭載していると思います。しかしガソリンエンジンは、あくまでも「非常用」という位置づけであって、日常の短距離走行であればバッテリのみで走行可能なように設計されていると思います。長距離走行をしてバッテリがカラになった場合のみ、エンジンを始動して「電気式ガソリン車」(エンジンで発電をし、制御・駆動系は電気自動車の原理で走行)として走行する物だと思います。電気自動車の最大の不安と難点は、「最大走行距離が短い」「充電ステーションが普及していない」という話なので、これらの不安を解消したという事は、電気自動車の普及にあたっては大きいのではないか?と、私は考えました。普段は「排気ガス・ゼロ」であるという点も、ユーザーにはアピールしそうです。

 充電時間は、200Vであればおそらく5~6時間程度だと思われます。6,600Vから降圧する急速充電ステーションにも対応すれば、ベターかと思います。バッテリの積載量を少なめに設計してあるようなので、軽量化や価格低減にも役立つと思われます。将来、バッテリが高性能化すれば、バッテリのみで走行する距離を延長できると思います。

 日本の自動車メーカーが、どうしてこの考え方のクルマを製造・販売していないのかは、私には良くわかりませんでした。国産車には通常のハイブリッドか、走行距離に不安のある電気自動車しか有りません。電気自動車においては、通常通り電気式エアコン、ライト、ワイパー、パワーウインドウ、オーディオなどの電装品を使った時の「実用走行距離」をしっかりと測定して発表しないと、私は意味が無いと思います。暑いのにエアコンを切って走行など、現実性が無いと思いますから。ライトも、夜間走行では必須です。携帯電話機とかでもそうですが、「充電するのを忘れて」バッテリがカラになる事があり、それは電気自動車の場合には出先で発生すると致命的な問題なので、それの対策をする事は意味が有ると私は思います。ガソリンが入っていれば、とりあえず走行可能という点は大きいと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年11月20日 (土)

FC2投票の設置

 いささか気が早いかも知れないのですが、「2010年、ふじみ野エリアの10大ニュース」の投票を、左側サイドバーに設置しました。よろしければ、投票をお願い致します。投票期間は、2010年12月31日までとしました。いつもの通り、選択肢は自由に追加可能としています。

 携帯電話の方は、下記のリンクから入る事ができます。

 http://vote1.fc2.com/browse/4423906/4/

|

最近のアクセス解析より

 最近ですが、「イオン・アウトレット」に関する記事を、かなり多数閲覧いただいております。これは、越谷レイクタウンに既存の「イオン・レイクタウン」に隣接して開業するとされているアウトレットモールだと思うのですが、相手は極めて大規模なので、ふじみ野の「リズム」に与える影響という観点からも注目されているのかな?と思いました。

 個人的には「リズム」のような所は「イオン」「三井」「チェルシー」のような所と真正面からガチンコ勝負をするのは間違っていると思っています。全く別の生き方(事業戦略、マーケティング)が存在する筈だと思います。そこは「経営者」が判断する部分なので、外野から見ても良くわからず、歯がゆいのですが。地元との協業を何か考えているのかは、サッパリわからないです。NPOが入ってくる動きは有るようですが、私はそれだけでは大幅に足りないと思います。経営が成り立たないといけないのですから。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

市境にある装飾舗装 (OOI)

 リズム方向に向かう線路沿い道路の、ふじみ野市と富士見市の境界線の所に「OOI」の装飾舗装が設置されていると思います。

 これは「001」(国際電話)、「007」(スパイ映画)、「009」(サイボーグ)ではなくて、「旧:大井」の意味ですね。

 現在なのですが、例の東京電力の(埋設の)電気工事の影響で、この装飾舗装は一部を壊した状態になっていると思います。これを復旧する必要が有るかどうかですが、私は「大井」は昔の名前ですし、わざわざ市境がここに存在する事を強調する必要も無いので、「廃止」して普通舗装に戻して良いと思っています。隣接市との融和の妨げになるような物は、わざわざ設置すべきではないという意見です。装飾舗装ですと道路維持費が高くなるので(騒音の原因にもなる)、財政が厳しい折、この機会に廃止して良いと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鶴瀬駅西通り線 (富士見市、三芳町)

 鶴瀬駅から西に向かって延々と延びている「鶴瀬駅西通り線」についても簡単に紹介します。

 現地で確認したのですが、道路幅員などの規模は、ふじみ野駅西口や上福岡駅西口とほぼ同様だと思います。東上線沿線(埼玉県内)の都市開発では、この程度の規模の駅前通りが標準的なサイズなのかな?と思いました。4車線で建設しないといけないような、大規模な交通需要は、当地には存在しないという訳ですね。

 写真を2つほど掲載します。上の写真が川越街道方向を眺めたところ、下の写真が鶴瀬駅方向を眺めた物です。あらためて感じたのですが、鶴瀬駅の駅ビルは結構規模が大きいのですね。(携帯電話の内蔵カメラなので、HD解像度なのですが画質が甘いのはご容赦下さい。)

  Sn3k0153

  Sn3k0156

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年11月17日 (水)

鉄道車両の床材料の交換指示

 鉄道関係のニュースリリースで、こんなのを発見しました。

 国土交通省のサイトより
http://www.mlit.go.jp/common/000128552.pdf
http://www.mlit.go.jp/report/press/tetsudo01_hh_000027.html
http://www.mlit.go.jp/

 鉄道車両の床材料とは、珍しい事が問題になっていると思うのですが、何か発見のきっかけとなる出来事が有ったのでしょうか。PDFファイルの詳細を見たところ、東武東上線を走行している殆ど全ての形式が含まれていて「トホホ」状態なのですが。最も古い東武8000系などは、今更、床材料を交換するのか、私は首をかしげています。

 問題車両の営業運転への使用が国土交通省から禁止されている訳ではないようなので、今まで使えていたのですから、差し迫った危険は無いのだろうと思います。過去には車両火災でひどい事になった事故もありましたが(桜木町事故など)、現在の鉄道車両では、そこまでの危険性は無いだろうと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年11月14日 (日)

「竹間沢大井勝瀬通り線」の建設工事

 三芳町の土地区画整理事業の事は、従来殆ど取り上げていませんでしたが、ふじみ野市の隣接地域であって、当地にも関係して来ると思われますから、取り上げる事にします。

 まず「竹間沢大井勝瀬通り線」という都市計画道路の築造工事なのですが、三芳町内では順調に進んでいて、最近でも下記のような入札が行われていました。建設費の支出が可能な状態で、順調に事業が進んでいるように見えます。富士見市内の、鶴瀬駅方向に向かう都市計画道路事業とも、うまく連携しているようですね。

http://www.town.saitama-miyoshi.lg.jp/home/toshikeikaku/2010-1007-1347.pdf
http://www.town.saitama-miyoshi.lg.jp/home/toshikeikaku/2010-1007-1340-50.html

 この道路なのですが、どれの事なのかわからない方がいらっしゃるかも知れないので路線の説明をしますと、アイムふじみ野の方から大井弁天の森に向かって南下してきて「生鮮館チャレンジ」駐車場の所で行き止まりになっている道路が有るかと思います。あの道路は、都市計画上はそのまま弁天の森を横断して、東台の所も横断し(東台小学校の東側を通過)、三芳町内のマミーマート付近につながる計画となっています。

 川越街道と並行する地域内連絡用の幹線道路なのですから、部分開通状態のまま長期放置しては意味をなさないので、全線開通させる為に ふじみ野市内の東台付近、大井弁天の森の所の建設をどうするかが、今後の注目点になると思われます。保存されている大井弁天の森を一部削らないといけない筈なので、代替緑地(人工林)の確保については考慮した方が良いと私は思います。そうしないと、都市鳥問題(ムクドリなどの問題)などが悪化するかも知れないです。東台の土地区画整理事業を実施しないといけないと思うのですが、現在は土地区画整理事業を新たに実施するには経済環境が悪そうですね。ふじみ野市の高度な行政手腕も問われている部分だと思います。ふじみ野市の中心部からは遠く離れた地域なのですが、無視しないで欲しいです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年11月13日 (土)

松戸市議会議員選挙

 他地域ですが、「松戸市」の話です。

 松戸市議会議員選挙が、2010年11月21日に予定されているのですが、当地のふじみ野市とは規模の点でかなり様子が異なると思います。松戸市議会の議員定数は、現在44人だと思います。松戸市の人口は約50万人なのですが、議員定数44人でも「多すぎる」と松戸市内では言われているようです。

 一方、前回の市長選挙で新しい松戸市長が誕生した事もあり、松戸市議会議員選挙の立候補予定者数はかなり多く、80名近いようです。議員の世代交代を狙っている新人が多いように思います。選挙ポスターの掲示板が市内に設置されているのですが、下記の写真のように巨大な物となり、81人分の枠がありました。選挙運動は、かなりの激戦になる予感がします。

   Sn3k0152

 一方、ふじみ野市議会の定数は21人になるようですが、ふじみ野市の人口は10万人程度なので、松戸市との人口比で考えますと、まだ議員定数は多いのかな?という雰囲気です。合併特定が適用されていた頃と比較をしますとかなり定数は減ったのですが、定数の「落しどころ」というのは、私には良くわからないです。あまり減らしても、まずいでしょうか。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年11月 6日 (土)

イオン・アウトレットの開業予定時期?

 朝日で、こんな記事を見ました。

http://www.asahi.com/business/update/1027/TKY201010270112.html

 この記事には「イオン、アウトレットモール参入へ 4年以内に」と出ているのですが、かなりアバウトな記事だなと思いました。4年以内では、ちょっと幅が有りすぎると思います。

 普段から観察している埼玉県の告示(大規模小売店舗立地法関連)では、「来年の2月に開業」とされていますから、もっと目先の問題だろうと思います。

http://www.pref.saitama.lg.jp/A01/BA00/houbun/e-koho/Kohobunsyo/2010042602643/opn/1/5-1ionkosigayareikusaidosyoppingusenntar.pdf

 私は、ここが地元の「アウトレットモール・リズム」に対して与える影響について注目をしています。入間の競合施設問題(三井アウトレットパーク)に加えて、ますます決定的なダメージになるのではないかと、私は懸念をしていますが。ふじみ野市役所もふじみ野市議会も「ほぼ無策」状態のようなので、嘆かわしいです。ふじみ野市役所に対して何度も意見提出をしたのですが、まともな対応が行われていません。ふじみ野エリアはふじみ野市の中心部ではないとして、軽視されているのではないか?とすら思います。

 1993年のリズム開業当時の賑わいを知っている方であれば、あまりの衰退で驚くでしょう。諸行無常という訳ですね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年11月 3日 (水)

フードパークMiracle (リズム)

 少し前からテスト営業を行っていたので、ご存知の方も多いかと思うのですが、リズムの中の「フードパークMiracle」が11月5日に開業するようです。公式ページにも、案内が出ていました。

 http://www.rism-city.com/news.html
 http://www.rism-city.com/

 フードコートまで閉鎖されたままでは、さすがにシャレにならなかったので、復活して良かったです。11月3日には地元向けの招待営業もあったので、行ってきました。分量が比較的多めで、魅力的なメニューも中には有りましたので、開業した後には行ってみて下さい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »