« 街から「公衆電話」が消滅して行く | トップページ | 外国企業による道路建設と運営? »

2010年12月 4日 (土)

物凄い天候でした。(2010/12/03)

 既に昨日の話なのですが、2010年12月3日は凄い天候だったので、驚きました。

 まず朝方からかなりの暴風雨で、ちょっとした台風並みでした。雨量も、目測ですが時間雨量で40~60ミリ程度は降ったと思うのですが。(クルマのワイパーを高速にしても追いつかない程度。船舶用のワイパーが欲しいほど。)

 風もかなり凄かったようで、松戸市内でトタン屋根が飛んでJR武蔵野製の架線にひっかかり、私の通勤にまともに影響しました。1時間30分も不通になり、その後もなかなか電車が来ない状態が続きました。トタン屋根の撤去は、消防も出動して大騒ぎになったようです。

 雨や強風に関連した被害は、全国各地であったようですね。日本海側を通過した強い低気圧が原因だと思うのですが、12月にこのような経験をした記憶があまり無いです。3日の午後はみるみる間に天気は回復したのですが、今度は関東地方ではかなり気温が上昇し、20度を超えたと思います。コートを着ているのが、ちょっと恥ずかしい気温になりました。南側から、一気に暖気が入ったのが原因だと思うのですが。

 誠に迷惑、かつ目まぐるしい天候の変化でした。なお4日からは、また気温が下がるという予報が出ているようですね。

|

« 街から「公衆電話」が消滅して行く | トップページ | 外国企業による道路建設と運営? »

リスク管理・防災」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538313/50203751

この記事へのトラックバック一覧です: 物凄い天候でした。(2010/12/03):

« 街から「公衆電話」が消滅して行く | トップページ | 外国企業による道路建設と運営? »