« 地元商店会について | トップページ | 「まちづくり」と防空上の配慮 »

2010年12月14日 (火)

NPOプラザふじみ野 (リズム)

 以前に掲示板で少し話題になりました「NPOプラザふじみ野」なのですが、現地に宣伝用の「のぼり」が設置され、内装工事も開始されており、開設が近づいていると思います。新年には正式オープンするようです。公式ページが、下記に存在するようです。

 http://nposaitamanet.or.jp/npoplaza/

 「リズム」のタワー館1Fというのは、全てのテナントが撤退していて凄く陰気な状態になっていたと思うのですが、ようやく1テナントが入居し、一息ついた所かと思います。これがきっかけとなり、リズム全体の運営も盛り返すように願っていますが。施設破損箇所が増えてきたので(床面タイルの破損が特に目立つ)、とにかく「修繕」をして欲しいです。このまま放置では「修繕資金が無い」という事を宣伝しているような状況なので、「リズム」全体のイメージ的にも良くないです。ネオンサインのような、破損しやすく維持が大変な設備も有ると思うのですが、ああいった物も何とかした方が良いと私は思っていますが。(一部が消灯したネオンサインというのは、不細工ですし。)

|

« 地元商店会について | トップページ | 「まちづくり」と防空上の配慮 »

ふじみ野」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 将来イメージが、PDFで下記に掲載されていると思います。

 http://nposaitamanet.or.jp/npoplaza/plaza.pdf

 「すまいるFM」が進出する動きが有るようで、私が興味を持っている分野とも少し関係が有るようですね。

 CATV研究所
 http://www.catv.co.jp/

 「すまいるFM」ですと、送信所が朝霞台のビジネスホテル屋上の一箇所しか無い筈で、ふじみ野では大変受信しにくいので、SFN技術による無線中継局設置、ストリーミング配信の強化といった課題が有ると思います。「サイマルラジオ」のインフラ活用が有力案だと思うのですが、色々と検討を深めて欲しいです。最近流行の「スマートフォン」や一般の携帯電話機でも受信可能にするのがベターかと思います。

 そもそもですが、「FMラジオ」の普及率が昨今では怪しいので(カーラジオは別なのですが)、ラジオの受信手段を増やさないと駄目だと私は思います。その先にはVHF帯(地上アナログTV放送の跡地周波数)を使った「マルチメディア放送」という物が有りますが、どのように展開するでしょうか。

投稿: 竹内@ふじみ野.東上 | 2010年12月14日 (火) 05時43分

 下記に、フロアレイアウトが掲載されています。

 http://nposaitamanet.or.jp/zumen.pdf

 「予備室」という物も確保されているようなのですが、将来的にはタワー館の1Fを全て使う予定なのかな?と思いました。(スモール・スタートで、大きく成長する計画?)

 通路を挟んで向かい側には、飲食施設も可能なスペース(かつて「アンティパスタ」や「帆船」が営業していた場所)が有るので、地元住民の集散も可能な場所として復活してくれれば、個人的には嬉しいです。タワー館の2Fには会社が経営破綻してしまった児童福祉施設のスペース(空床)も有るので、それの取り扱いも注目をしています。児童福祉需要は、いくらでも有ると思うのですが...。

 近隣には「JA」(農協)や「産業文化センター」も有るので、それらとの協働も考えうるでしょうか。

投稿: 竹内@ふじみ野.東上 | 2010年12月14日 (火) 06時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538313/50296687

この記事へのトラックバック一覧です: NPOプラザふじみ野 (リズム):

« 地元商店会について | トップページ | 「まちづくり」と防空上の配慮 »