« 「Pasar三芳」のグランドオープン (2010/12/01) | トップページ | FC2投票の中間結果 (その2) »

2010年12月 8日 (水)

209系500番台 (JR武蔵野線)

 去る9月に話題になった「209系500番台」(JR武蔵野線の幅拡大車両)の件ですが、実際に営業運転に使用されているのを目撃しました(実際に乗車しました)。おそらく、2010年12月4日のダイヤ改正から使用開始になったのだろうと思います。

 10年以上前の車両だとは思うのですが、それでも元:山手線用の205系5000番台(改造済み)よりは新しく感じる車両でした。多少なりとも、JR武蔵野線のイメージアップに寄与する事を期待したいと思います。

 それにしてもこの車両は、首都圏のJR線の中で激しく転属を繰り返した車両だと思います。電車にも「転勤族」が有るようですね。中央緩行線→京浜東北線→京葉線→武蔵野線の順序だったと思うのですが。転属のたびに、それぞれの路線のラインカラーの外観になったと思います。

 12月11日追記:

 「209系500番台」は、古い205系よりも若干ですが車内騒音が小さく、滑らかに走行するように思います。車内の簡易LED表示機も有るので、「次の駅はどこ?」と心配する事が減るように思います。最新の液晶テレビ画面方式よりは劣りますが、仕方がありませんね。

 また「むさしの号」も、予定通り8両編成の通勤型車両で運行されているのを目撃しております。「しもうさ号」は、まだ目撃するチャンスには恵まれておりません。車内の「ドア上」の簡易路線図も、「むさしの号」と「しもうさ号」が追記された物に交換されていました。

|

« 「Pasar三芳」のグランドオープン (2010/12/01) | トップページ | FC2投票の中間結果 (その2) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

現在、2編成で運用中で、当面は4編成までの導入だそうです。

投稿: 天都 | 2010年12月11日 (土) 12時41分

 4編成までという事ですね。引き続きの導入がどうなるのか気がかりですが、205系の改造車(5000番台)が入ってからそんなに年月が経過していませんから、それが老朽化してからの話かな?と、私は思いました。

 それでも、東武東上線の8000系よりは、新しい車両だと思います。東上線の8000系は古過ぎて、サービス面での問題を生じてきていると思います。TJライナー用の50090系あたりと比較をしますと、明白だと思います。

投稿: 竹内@ふじみ野.東上 | 2010年12月11日 (土) 17時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538313/50249332

この記事へのトラックバック一覧です: 209系500番台 (JR武蔵野線):

« 「Pasar三芳」のグランドオープン (2010/12/01) | トップページ | FC2投票の中間結果 (その2) »