« 「まちづくり」と防空上の配慮 | トップページ | プラットホーム事故0(ゼロ)運動 »

2010年12月18日 (土)

国鉄武蔵野操車場跡地の売却予定 (吉川市内部分)

 鉄道・運輸機構のページに、こんな記事が掲載されているのを発見しました。

 http://www.jrtt.go.jp/04Sale/sale-musasino.html
 http://www.jrtt.go.jp/

 以前に、ここの三郷市内部分が売りに出され、そこには「ららぽーと新三郷」「イケア」「コストコ」などが林立したのをご存知の方が多いかと思います。今回、残りの吉川市内の部分も平成23年度に売りに出る訳ですね。

 この付近では「吉川美南」駅の開業も予定されていますから、土地の売却としては良いタイミングだろうと思います。国の財政に寄与すると共に、吉川市の発展にも寄与する出来事だと思います。

 当地ふじみ野にとっては、地域間競争という点で またまた難敵・リスクを抱える可能性が有ると思います。JR東日本は「東京メガループ」というマーケティング上のブランド名を用いて、武蔵野線の強化に乗り出していますし、首都圏の地域間競争では注意を要する相手になったと私は思います。地元のふじみ野市や富士見市などが、有力な対抗策を出す事に期待をします。財政問題などで地元が沈没して行くのは論外という話です。

|

« 「まちづくり」と防空上の配慮 | トップページ | プラットホーム事故0(ゼロ)運動 »

吉川」カテゴリの記事

リスク管理・防災」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538313/50330753

この記事へのトラックバック一覧です: 国鉄武蔵野操車場跡地の売却予定 (吉川市内部分):

« 「まちづくり」と防空上の配慮 | トップページ | プラットホーム事故0(ゼロ)運動 »