« 計画停電対応の特別列車ダイヤ | トップページ | 地震酔い (東日本大震災関連) »

2011年3月19日 (土)

「東日本大震災」で変化したこと

 通称「東日本大震災」なのですが、直接の被災地はもちろん、ふじみ野を含む首都圏での生活にも、色々な影響を与えていると思います。主な物を、あらためてまとめておきました。

 ・計画停電。
  (計画停電の予定を毎日確認する習慣。徹底的な節電対応。)
 ・計画停電に伴い、鉄道の運行の間引き、不安定化。
  (列車ダイヤを毎日確認する習慣。帰宅困難な場合、宿泊手配。)
 ・何故か店頭から物が消えて行く。燃料、食品、日用品など。
  (オイルショック時の騒動の再燃。)
 ・燃料などの物価上昇。
 ・外食産業等でも、欠品、大盛不可など異例の扱いが増える。
 ・消費マインドが冷え込み、日常品以外の店舗での売れ行きが悪化。
  (企業業績の悪化傾向。)
 ・投機マネーの不規則な動き。
 ・宅配や郵送が、標準日数では届かない。
 ・原発事故に関連し、放射線関連に注意を払うようになった。
  (シーベルト等の単位の日常化。測定局のデータのチェック。)
 ・食品の放射性物質による汚染について、暫定基準が出来た。
 ・埼玉県でも、被災者の広域受け入れが開始された。
  (さいたまスーパーアリーナなど。)
 ・海外も含めて、見舞いの電話やメールが沢山来る。
 ・通信が混雑して、利用しにくい場合が多い。
 ・放送は災害報道一色。民放のCMも一時休止。

 今までは考えてもいなかったような大きな変化で、驚きます。もう「阪神・淡路大震災」の時の経験を超えたと思います。東日本全体がおかしくなってしまうのではないか?と懸念をしますが。

 日本は、過去に震災、戦災、原爆投下など、何があっても復興してきたので、今回も大丈夫であると信じたいです。復興後は、むしろ以前よりも繁栄する場合が多かったと思います。たとえば、「原発事故」「計画停電」をきっかけとして、日本では世界最先端の「スマートグリッド」「スマートハウス」が真っ先に整備されるような予感もします。もう、原発の建設は不可能に近いでしょうから。

|

« 計画停電対応の特別列車ダイヤ | トップページ | 地震酔い (東日本大震災関連) »

ふじみ野」カテゴリの記事

リスク管理・防災」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

環境」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538313/51160812

この記事へのトラックバック一覧です: 「東日本大震災」で変化したこと:

« 計画停電対応の特別列車ダイヤ | トップページ | 地震酔い (東日本大震災関連) »