朝霞

2010年5月 4日 (火)

国道254号和光富士見バイパスの一部開通

 もうかなり前の話ですが(2010年4月24日)、「国道254号和光富士見バイパス」が一部開通しておりますね。和光市内や朝霞市内の部分です。志木市内の部分は根強い建設反対運動が有るようで、なかなか進展しません。道路建設は「総論賛成、各論反対」になりやすい分野だと思うのですが、今後 志木市内区間はどのように進展するでしょうか。

 開通式典などの記事を書いているブログも存在していました。

http://ctec3.blog.so-net.ne.jp/2010-04-24

 電子マップの対応は、「インクリメントP」社の物は、この道路については既に対応済みとなっていました。ゼンリンの電子マップや、皆様がお持ちのカーナビの対応状況は如何でしょうか。私の場合には、カーナビの対応が遅いので困っています。

 公式サイトも、紹介しておきます。。

http://www.pref.saitama.lg.jp/uploaded/attachment/382434.pdf
http://www.pref.saitama.lg.jp/page/asakakendo254bp.html

 この路線は、最終的には「首都高速5号線」まで延伸する事も検討されているようですね。関越自動車道と接続する、いわゆる「高速練馬線」も地下トンネルで整備されると理想的だと思うのですが、どちらが先に開通するでしょうか。

 ふじみ野エリアにとっては、この幹線道路はまず間違いなく重要な路線だと思います。富士見市の「シティゾーン」の開発とも、深く関係しそうですから。ただし、志木市民などが受ける迷惑が前提となってこの道路が開通する訳でもあるので、なかなか微妙な点が有ると思います。クルマ・道路の問題は、自らが受益者であると同時に「加害者」になる可能性も有るので(道路公害、交通事故など)、なかなか難しいと思います。いわゆる「高速川越線」が取りやめになったのは やむなしとも思うのですが、ふじみ野エリアの現在の発展状況を考えますと、なかなか複雑な側面が有ると思います。ハイブリッド車や電気自動車のようなエコカーが普及した段階では、道路公害に関する考え方は、どのように変化するでしょうか。

 「新大宮バイパス」や「高速大宮線」よりも先に「国道254号バイパス」や「高速川越線」が整備されていれば、きっと ふじみ野エリアの発展にも影響しただろうと思います。都市のインフラ整備というのは、過去の状況判断で、このような結果になる訳ですね。もう30年以上も前の出来事だと思います。その差は極めて大きく、追いつくのは容易ではないと私は思います。とにかく「交通が不便」なままでは、他の地域から人や企業を呼び寄せるのに大きな支障となってしまうと思うのです。ふじみ野エリアの環状交通(核都市広域幹線道路や鉄道の東西交通新システム)も放置されたままなので、私は中長期的な影響を懸念しています。これらも、荒川より東側の地域で先に整備されそうな状況だと思います。

 埼玉県の上田知事(現職)が東上沿線の地元出身だと思うのですが、やはり知事という立場では荒川より西側の地域に利益誘導をする訳にも行かず、埼玉県全体を見て公平に判断してインフラ整備をする事になるのかな?と私は感じています。個人的には、JR武蔵野線の東朝霞駅(仮称)付近がどのように発展するのか、注目をしております。国道254号バイパスとの交点付近に、新駅設置が想定されていると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月25日 (日)

EQUIA朝霞 (朝霞駅前の駅ビル等)

 4月28日なので、もう目先の話だと思うのですが、下記が開業予定になっていますので紹介します。

 http://www.tobu.co.jp/file/2372/100415.pdf

 店舗一覧も掲載されていますが、「ふじみ野ナーレ」などと比較をしますと、駅の魅力度は如何でしょうか。電子マネーの利用は、朝霞の方が徹底しているようですね。ふじみ野駅において未対応店舗が存在する理由は、良くわからないです。交通事業者の戦略としては、重要な部分だと思うのですが。PASMOを全店舗対応し、他の電子マネーをオプション装備とする位で、丁度良いと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月28日 (日)

和光富士見バイパス (その2)

 一般国道254号和光富士見バイパスなのですが、富士見川越有料道路の無料開放に伴ない、さらに注目度の上がっている新設道路ではないかと思います。過去に道路建設反対運動など色々とあって、特に志木市内の建設事業が難航しているようなのですが、今後の動きが気になります。生まれた時から、この道路はずっと「計画路線」「建設予定地」のままでしたという体験をされている方が多いかと思います。

 経済環境の低迷、少子高齢化時代の到来という事もあり、交通量予測、事業規模、道路構造を見直したようで、現時点では志木市内は平面4車線で建設される予定になっているようです。地下構造、高架構造、自動車専用道路と合計して8車線といった日本の高度成長期の大掛かりな構想は消滅したようで、「首都高速道路の川越市方面への延伸」もほぼ不可能になったと見て良さそうです。(100年後の未来から見ても、この決定が妥当である事を願っていますが、私の頭では良くわかりませんでした。道路建設は何10年間もかかる大事業なので、一時の判断を間違えると地域の発展にかなり影響すると思います。) 首都高速道路とふじみ野エリアとの接続は、今後は関越自動車道(三芳PAスマートICの改良を期待)から高速練馬線(少なくとも練馬インターから要町の区間は建設される筈)に接続する構想が優勢となり、東上線東側の国道254号パイパス上空を使うルートは、ほぼ100%駄目になったように思います。

 予定通りであれば、和光市内の第一期工事がそろそろ完成する頃で(2010年3月の開通を予定していた筈)、新河岸川の調節池の橋の所は暫定2車線で開通するようです。おそらく全線開通時に、4車線化されるのでしょう。現在の国の政権は道路建設事業については非常に厳しく査定をしているようなので、今後も事業進捗するかは気がかりです。前の政権のうちに進めておけば良かったとも思うのですが、そのようにはなりませんでした。

 以下のサイトが比較的詳しいようなので、紹介しておきます。

http://www.pref.saitama.lg.jp/A08/BA15/254bp/254bp.htm
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%92%8C%E5%85%89%E5%AF%8C%E5%A3%AB%E8%A6%8B%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%91%E3%82%B9

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年10月 3日 (土)

良くわからない交通政策

 国の政権交代が実現し、交通政策の分野についても色々と観察しています。しかし、どうも整合性の取れない政策が多いように見えているのですが、こんな違和感を感じたのは私だけなのでしょうか?

 たとえば「高速道路無料化」を実行しますと明らかにクルマの利用が増加し、今や国際公約となった「CO2の25%削減」との両立が難しいと思うのです。さらに補正予算の凍結や国幹道会議の廃止などで高速道路の新規建設や増強が抑制される方向のようなのですが、無料化で増大した利用をさばくのに、道路の交通容量を増やさなくても大丈夫なのか?という話が有ると思います。いくら無料になっても、渋滞がひどくなった高速道路は使いたくない訳です。

 公共交通との相性も、この政策は良くないと思うのです。「高速1,000円」の段階でも、フェリー会社は実際に経営破綻する会社が出てきていますし、JR各社も一斉にSOSを出し、我らが東武鉄道も無傷では済まないと思います。東武鉄道の経営が疲弊するという事は、東武東上線の輸送改善や東武グループによる「まちづくり」にも影響する可能性が有るという事を意味しないでしょうか? 別の所にアイデアが出ていた、東武グループによる「リズム」の施設買収といった事も、実現不能になるという訳です。

 将来の交通政策については、その中身や結果を良く観察しないといけないと考えているところです。高速道路の代わりに無料の一般道路を増強する案も有りそうなのですが、財源が無くなって結局は大幅増税という事でもまずいですし。有料道路方式による整備ですと、基本は「受益者負担」なので増税の可能性が少なくなるであろうという訳です。当地と関係の深いところでは、無料の一般道路になると言われている「国道254号和光富士見バイパス」をどうするのか、極めて高額な建設費の「東京外環自動車道の東京区間」の新規建設をどうするのか、幻の首都高速道路と言われている「高速練馬線」の建設(関越自動車道と直結)をどうするのか?といった検討課題が有るように見えています。与野ジャンクションから西に向かって延伸するのでは?と考えられている地域高規格道路の「核都市広域幹線道路」も、実現が遠のいたような感想を持ちました。せめて国道254号パイパスとの交点まで延伸されれば、当地の発展に寄与するかも?と考えていたのですが...。

 道路を整備済みの地域と、これから整備する地域との間での「公平性」という点でも問題が有りそうなのですが(住んでいる地域や時代、世代を超えた公平性という問題)。財源不足や環境問題などが原因で、過去に道路建設が進まなかった地域も多いと思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 1日 (土)

彩夏祭 (朝霞市など)

 既に開催期間がだいぶ過ぎているのですが、「彩夏祭」が開催中なので、参考となりそうなページを紹介しておきます。これは朝霞がメイン会場の市民まつりだと思いますが、「よさこい」の演舞で有名な物だと思います。8月1日には、花火大会も既に開催されました。

http://saikasai.com/
http://www.city.asaka.saitama.jp/media/koho/pdf09_0715/582p02-06.pdf

 「よさこい」の演舞なのですが、次第に会場が拡大されて「朝霞駅前」や「志木駅前」でも開催されるようになったと思います。特に「志木駅前」でも開催されるようになったのには私は注目をしているのですが、市民まつりは「市の境界線を越えて開催してはいけないというルールは無い」訳で、こういった事は当地「ふじみ野」でも参考に出来ると思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年7月18日 (土)

上福岡七夕と彩夏祭の開催日、その他の夏祭り

 昨年までですが、この2つのお祭りは開催日が重なっており、両方見学するのが困難だったのですが、今年は開催日が分離されたようです。

http://www.city.fujimino.saitama.jp/info/detail_417.html
http://saikasai.com/

 おおい祭りとも異なる開催日となり、うまくお祭りの日が並びました。

http://www.city.fujimino.saitama.jp/info/detail_623.html

 前にも書いたのですが、依然として「ふじみ野まつり」といった感じの総合的な市民まつりが実現する気配が無いです。

 それから、「小江戸川越花火大会」が、本日開催予定になっています。今年は、安比奈親水公園の方ですね。(伊佐沼の方ではありません。)

http://www.rurubu.com/season/summer/hanabi/detail.asp?SozaiNo=110006

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月14日 (日)

株式会社ジンクル (飲食店など)

 東上沿線に関連して、「株式会社ジンクル」という会社の動きがちょっと気になっています。社名だけではピンと来ない方が多いかも知れないのですが、西口駅前にあるビルの4Fで「オリエンタルマンゴーカフェ」を営業していた会社と言えば、わかる方が多いでしょうか。現在でもWEBページ、YouTubeの映像などで、ありし日の「オリエンタルマンゴーカフェ」の事を知る事が可能だと思います。個人的には、今でも1年足らずの短期間での撤退を残念に思っています。

 http://www.jincle.com/about_us/
 http://www.jincle.com/

 この会社が出店しているお店の配置は、埼玉県東部から千葉県にかけてが多く、埼玉県西部に該当する東上沿線はもう見限ったのか?と思っていました。しかし最近、朝霞駅東口の所に「ラーメン・餃子ばんぶる」朝霞店というのを出しているようで、東上沿線を完全に諦めた訳では無いと思います。しかし「ふじみ野におけるアジアンというカテゴリー」を諦めた理由は、同社からははっきりとした説明は無かったのですが興味深いです。(ラーメンからいきなりアジアンに進出した理由とか、早期撤退の経緯など。) 可能であれば、ふじみ野で また新しいカテゴリーで挑戦して欲しい会社だと思っているのですが。

 私にとりましては、ふじみ野におけるビジネスの難しさを うっすらと感じられる事例になっています。何となくですが、(うまく説明できないのですが)リズムの各テナントとの共通性も感じるのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 8日 (月)

和光富士見バイパス

 一般国道254号和光富士見バイパスなのですが、既存の「富士見川越有料道路」を東京方面に向かって延伸する形になる道路ですね。もう何10年も前から構想が存在していると思うのですが、相当難産の道路だと思います。

 和光市の公式サイトに、現状が割と詳細に出ていましたので、あらためて紹介しておきます。個人的には、これは重要路線だと考えています。

http://www.city.wako.lg.jp/home/busho/_6070/_6075/_6076/gyo_3_11_13/gyo_3_11_14.html
http://www.city.wako.lg.jp/home/busho/_6070/_6075/_6076/gyo_3_11_13.html

続きを読む "和光富士見バイパス"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月17日 (日)

「すまいるFM」開局2周年 (朝霞市)

 ふじみ野にもお隣りの川越にも「コミュニティ放送」(コミュニティFM)は存在していないのですが、朝霞市には「すまいるFM」(76.7MHz)が存在しております。その「すまいるFM」なのですが、開局から2周年が経過し、3年目に入ったそうです。このまま、経営が順調に推移する事を期待したいと思います。

 ただしこの局、送信パワーがたった1Wしか無く、朝霞市内でも聞き辛い状態なので、もう少し何とかならないものか?とも思います。また紙媒体(スマイルよみうり)とのコラボレーションも行なっているようなので、誌面の一部だけ引用します。(これ以上引用すると、著作権の関係で怪しい事になりますので、ご容赦ください。) 開局2周年に関連した特集記事が掲載されていました。(下記をクリックすると、拡大画像になります。)

Sa350305

 電波での受信が難しいようであれば、下記の「サイマルラジオ」のサイトが頼りになります。インターネットによる受信です。

 http://www.simulradio.jp/
 http://fm767.net/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 9日 (土)

大江戸線の延伸構想

 「都市高速鉄道12号線(都営大江戸線)延伸促進協議会」という団体が存在しており、現在は「光が丘」まで開通している大江戸線をさらに埼玉県方向まで延伸するための活動が展開されていると思います。現行では、運輸政策審議会答申では武蔵野線方面への延伸が「今後整備について検討すべき路線」とされているだけで、具体的にどんなルートで延伸されるのか、また武蔵野線からさらに先はどうなるのか、明確ではないと思います。

 仮に武蔵野線からさらに先の区間が「ふじみ野」方向に延伸されるような話になるのであれば、当地にとっては「一大重要課題」となる筈で、東武東上線の不通に弱いという当地の現状が改善される可能性も有ると思っています。

続きを読む "大江戸線の延伸構想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧